top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【2024年最新】ホワイトペーパー作成代行おすすめ21選|選ぶポイントからよくある質問まで徹底解説!

更新日:4月5日


ホワイトペーパー作成代行おすすめ21選|選ぶポイントからよくある質問まで徹底解説!

「ホワイトペーパーを施策に取り入れてみたい」このように思う企業は少なくないでしょう。


しかし、ホワイトペーパー作成には、自社への理解だけではなく、伝わりやすい文章作成能力やデザイン力が必要です。


社内のリソースが十分にない場合、効果的なホワイトペーパーを作るのは難しいかもしれません。


この記事では、ホワイトペーパー作成に強みがあるおすすめ代行業者と選び方について解説します。ホワイトペーパーを施策として取り入れてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。⇒レイアップに相談する(無料)



ホワイトペーパー作成代行会社を選ぶ4つのポイント


ホワイトペーパー作成代行会社を選ぶポイントには、以下の4つが挙げられます。

  1. コスト

  2. ヒアリング

  3. 納期

  4. 対応範囲

ホワイトペーパーの作成費用は、依頼先・作業範囲によってコストは大きく異なります。


そのため、コストがどれくらいかかるか事前に確認してください。外注費用の相場としては、4〜10ページで10万円〜がひとつの目安です。


コストに関連する項目として「ヒアリング実施の有無」を確認してください。ヒアリングは、内容の認識を擦り合わせるために行いますが、工数削減のために実施しない代行業者もあります。


しかし、精度が高い成果物を得るには、ヒアリングしてくれる代行先から探すようにしてください。


また、納期と対応範囲についてもチェックしましょう。代行先によって納品までの期間が異なります。たとえば、少しでも早く完成させたい場合、短納期に対応している代行業者を選んでください。


さらに、対応範囲についてもホワイトペーパーの作成だけではなく、マーケティングやターゲティングなどもお願いできる場合があります。


そのほかにも、ホワイトペーパーの作成には修正がつきものですが、依頼回数に上限が定められていることがほとんどです。


そのため、修正の対応回数についても併せて確認しておきましょう。


ホワイトペーパー作成代行を依頼する際、確認すべき3つのポイント


ホワイトペーパー作成代行を依頼する際、確認すべきポイントとして、以下の3つが挙げられます。

  1. 制作実績

  2. 作成の流れ

  3. 納品方法

制作実績は、依頼先を選ぶうえで必ずチェックしておきたいポイントです。これまでに携わった業種業態やクオリティを判断するために欠かせません。


ほとんどの場合、代行業者の公式Webサイトに掲載されています。また、一般的なホワイトペーパー作成の流れは以下の通りです。

  1. ヒアリング・目標設定

  2. 企画・構成作成

  3. ライティング

  4. レイアウト決め・デザイン制作

代行業者ごとに流れや連絡方法などが異なります。そのため、依頼時には「どのような流れで作成が進むのか」についても確認してください。

また、納品方法や形式についても必ず確認しておきましょう。納品時にトラブルがあると、運用開始後に手間と時間を無駄にかけてしまうおそれがあります。


おすすめホワイトペーパー制作代行21選


ここでは、おすすめのホワイトペーパー制作代行を紹介します。


1.ナイル株式会社

1.ナイル株式会社

ナイル株式会社は、コンテンツマーケティングを幅広くサポートしてくれる代行業者です。戦略立案からメディア運用まで高い実績を誇ります。


ホワイトペーパーに関しては、リード・見込み顧客を呼び込むために、どのようなホワイトペーパーが適切かつ効果的なのかといった視点から作成してくれるでしょう。


また、ヒアリングから戦略分析、公開後の効果検証まで、サポートしてくれます。他サービスと組み合わせて依頼することにより、より高い効果を発揮するでしょう。


2.株式会社イノーバ

2.株式会社イノーバ

引用:イノーバ


イノーバは、自社でホワイトペーパー運用した経験を豊富に蓄積している代行業者です。リード獲得試算にも対応しており、専門性が高い分野に関する依頼にも対応しています。


ホワイトペーパー作成においては、BtoBリード獲得に特化したサービスを提供しており、ヒアリングからデザインまで全ての工程を依頼可能です。


また、5人チーム体制で案件に対応するため、納品までの日数が約45日とスピーディーな納品を期待できます。


3.サイトエンジン株式会社

3.サイトエンジン株式会社

サイトエンジン株式会社は、売上向上を見込めるホワイトペーパー制作に強みがある代行業者です。


Webマーケティング歴14年以上の経験から積み上げた解析力をベースに、最適な検索キーワードを選定することから作成に取りかかります。


そのうえ、ユーザーの行動観察から「どんな情報が求められているのかを」把握・チームで共有しながら企画制作に当たるため、精度の高いホワイトペーパーを期待できるでしょう。


また、ホワイトペーパー制作のみならず、運用するときのアドバイスも行っています。


4.B2Bマーケティング株式会社

4.B2Bマーケティング株式会社

B2Bマーケティング株式会社は、コンテンツ・マーケティング支援事業を中心とした代行業者です。


ホワイトペーパー制作においては、単なる顧客獲得のみならず、顧客育成やニーズ醸成にも対応している点が挙げられます。


ターゲットの興味・関心を惹きつけ、次へつなげる内容を意識した制作をすることによって、将来的な見込み顧客をフォローしながら獲得できるでしょう。


5.ISBマーケティング株式会社

5.ISBマーケティング株式会社

ISBマーケティング株式会社は、コンテンツマーケティングサービスを提供している代行業者です。


ホワイトペーパー制作においては、ユーザー目線のホワイトペーパー制作に強みがあり、自社コンテンツユーザー・サイト閲覧者に「興味を持ってもらいやすく、良質なコンテンツを作成したい」場合におすすめします。


調査レポートからノウハウ、事例紹介まで、ユーザーの課題解決やファン化を目指せるホワイトペーパーを制作してくれるでしょう。


6.ターゲットメディア株式会社

6.ターゲットメディア株式会社

ターゲットメディア株式会社はBtoBに特化したコンサルティング会社です。


2009年の設立から、あらゆるマーケティング手法を取り入れながら営業活動の効率化と平準化を支援した実績が豊富にあります。


ホワイトペーパー制作においては、依頼主の業態に応じたものを得意とし、セールスが商談に集中できる環境作りの助けとなるでしょう。


また、効果や効率を可視化してくれることによって、安心感を得られるのもポイントです。


7.シャベル株式会社

7.シャベル株式会社

シャベル株式会社は、マーケティング支援やサイト運営を中心とした代行業者です。


マーケティング支援では、ホワイトペーパー制作や資料制作に対応しており、企画から運用までワンストップで依頼できます。


ホワイトペーパー制作においては、「目的設定、テーマ、ライティング、デザイン、運用」のステップをていねいに進めてくれるでしょう。


8.株式会社エコンテ

8.株式会社エコンテ

株式会社エコンテは、戦略設計から構築、運用サポートまでに対応してくれる代行業者です。


ホワイトペーパー制作においては、ていねいなヒアリングをもとに、ユーザーへ届けたい情報を整理してくれます。


また、デザインのよさについても高い評価を得ており、わかりやすい図やイラストを活用しながら適切なホワイトペーパーを制作してくれるでしょう。


9.サムライト株式会社

9.サムライト株式会社

サムライト株式会社は、オウンドメディア・ソーシャルメディア向けのサービスを提供している代行業者です。


ホワイトペーパーの制作においては、リソース不足や無形資産の有効活用など、自社の要望を明確にしたうえでサポートしてくれることが特徴だといえます。


ヒアリングで社内情報や資産をまとめた上で、適切な企画を立案してくれるでしょう。


10.株式会社CONE

10.株式会社CONE

株式会社CONEは、資料の企画から構成、デザインまで対応してくれる代行業者です。


こちらの代行業者の強みは資料によりますが、最短2日で納品できることが挙げられます。


また、内容に合わせた構成・デザインについても提案を受けられ、単価も3000円〜とリーズナブルな価格から対応していることも特徴です。


さらに、料金プランは3種類から選ぶことができ、特急料金やオプション料金は基本的に必要ありません。


11.株式会社ストリームライン

11.株式会社ストリームライン

株式会社ストリームラインは、営業資料から事業計画書、ホワイトペーパーなどの作成をワンストップで依頼できる代行業者です。


ホワイトペーパーの作成においては、累計1,500部以上の対応実績があり、それをもとにした高い企画力に強みがあります。


ていねいなヒアリングを行い、企業ごとに適したものを作成してくれるでしょう。


また、問い合わせから納品までのスピードも早く、早急にホワイトペーパーの施策を打ち出したいときにおすすめします。


12.テクノポート株式会社

12.テクノポート株式会社

テクノポート株式会社は、製造業に特化したコンテンツ制作に強みがある代行業者です。


これまで1.000社以上のデジタルマーケティングに関わった実績と製造業経験者・工業知識があるライターがホワイトペーパー作成を行います。


ホワイトペーパー作成においては、詳細なターゲット選定からサポートしてくれるため、高い効果を得られるでしょう。


また、制作だけでなく、効果検証から運用改善まで対応してくれます。


13.Appmart株式会社

13.Appmart株式会社

Appmart株式会社は、オウンドメディア制作からコンテンツマーケティング支援まで依頼できる代行業者です。


マーケティング戦略に基づいた企画の提案に強みがあり、伝わりやすいコンテンツを設計してくれます。


ホワイトペーパー制作においては、豊富な実績があり、依頼元の業務内容を精査し、効果的なものを制作してくれるでしょう。


14.株式会社アイドマ

14.株式会社アイドマ

株式会社アイドマは、デジタルコンテンツの制作や販促ツールの企画制作、商業デザイン作成を中心に行う代行業者です。


1967年の設立から豊富な実績と経験を有し、ユーザーを惹きつけるデザイン力の高さが特徴といえます。


ホワイトペーパー制作においても、ビジネス視点を忘れない洗練されたデザインのものを作成してくれるでしょう。


全国にスタジオがあり、大規模なセットを用いた撮影からホワイトペーパー用の画像を作成できることも魅力です。


15.株式会社ニュートラルワークス

15.株式会社ニュートラルワークス

株式会社ニュートラルワークスは、デジタルマーケティング事業を中心に行っている代行業者です。


27名の少数精鋭で事業活動を行い、BtoBマーケティングで高い実績を残しています。


ホワイトペーパー制作においては、アポイントにつながりやすい効果的な制作実績があり、興味を惹くタイトルや図版を用いたわかりやすい説明を活用した実戦的なものを期待できるでしょう。


16.株式会社free web hope

16.株式会社free web hope

引用:FREE WEB HOPE


株式会社free web hopeは、メディアプロモーションやインターネット広告、サイト制作などを行っている代行業者です。


ランディングページの作成実績が多く、集客力の高さに強みがあります。


ホワイトペーパー制作においては、これまで培った企画力・文章力の高さが活用され、集客効果が高いものを期待できるでしょう。


17.株式会社トムス

17.	株式会社トムス

株式会社トムスは地方中小企業のマーケティングを30年支援してきた戦略パートナー企業です。


その株式会社トムスが提供するホワイトペーパラボは長年培ってきたノウハウでダウンロー率アップ、契約率アップに特化したホワイトペーパーを作成するサービスです。


「ダウンロード率、契約率にこだわったホワイトペーパーを制作したい、……」という担当者の方には、ホワイトペーパーラボがおすすめです。


18.株式会社DreamLab

18.株式会社DreamLab

株式会社DreamLabは、Webサイト制作からWebコンサルティング、ホワイトペーパー作成まで依頼できる代行業者です。


ホワイトペーパー制作においては、企画から作成、運用までを包括的にサポートしており、事前に市場調査やサービスの研究などを実施しています。


また、広告運用やWebサイトの制作にも対応しているため、マーケティング施策の見直しを考えている場合におすすめです。


19.ノーバジェット株式会社

19.ノーバジェット株式会社

ノーバジェット株式会社は、デジタル分野に特化したマーケティング支援からコンテンツ制作に対応している代行業者です。


50名以上のITライターが在籍しており、品質が高いコンテンツ制作に強みがあります。


ホワイトペーパー制作においては、8ページ30万円から依頼でき、ヒアリングから企画立案、写真撮影、印刷データの納品まで、あらゆる作業に対応しています。


20.株式会社アイティベル

20.株式会社アイティベル

株式会社アイティベルlは、IT・BtoB・SaaS分野に特化したホワイトペーパーやibook作成に対応している代行業者です。


ホワイトペーパー作成においては、ペルソナ設定したうえで制作に入るため、自社のターゲットに効果的なものを期待できるでしょう。


SEやマーケティングなど、専門知識を持ったライターによるライティング依頼ができ、IT分野などに特化したホワイトペーパーを作成したい場合におすすめです。


21.株式会社ネクストアド


株式会社ネクストアドは、複数の構成案からホワイトペーパーを作成してくれる代行業者です。


独自の構成案サンプルから選びにホワイトペーパーを作成するため、最短10営業日の短納期・1本あたり10万円の費用から依頼できます。


そのため、納品スピードを重視したい場合におすすめです。また、オリジナルの構成案作成についても対応できますが、その場合、別途見積りが発生します。


ホワイトペーパー作成代行によくある3つの質問


ホワイトペーパー作成代行によくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • 質問1.ホワイトペーパー作成代行の費用相場を教えてください

  • 質問2.制作代行とはどんなサービスですか?

  • 質問3.サービス資料とホワイトペーパーの違いは何ですか?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


質問1.ホワイトペーパー作成代行の費用相場を教えてください


ホワイトペーパーの作成代行を利用した場合の費用相場は、以下の通りです。

  • 5〜10ページ:10万〜30万円

  • 10〜15ページ:30万〜50万円

  • 15〜20ページ:50万〜70万円

これらのようにページ数によって費用が異なります。また、費用が変わる要素には複数挙げられますが、テンプレートやヒアリングの有無、デザインの複雑さなどによって変わります。


そのため、事前に複数の会社から見積もりを取って、比較検討するようにしましょう。


質問2.制作代行とはどんなサービスですか?


制作代行とは、依頼されたものを代わりに作る仕事全般を指します。衣装や飾りやWebサービス、アプリケーションなど、依頼できるものは代行業者によってさまざまです。


この記事で紹介しているホワイトペーパー作成代行に関しては、Web領域に特化した制作会社や編集プロダクションなどが中心となり、それぞれに異なる特徴があります。自社が望むホワイトペーパーを作ってくれそうか?・予算に収まりそうか?などの視点から適した制作代行を探しましょう。


質問3.サービス資料とホワイトペーパーの違いは何ですか?


サービス資料とホワイトペーパーの違いは、以下の通りです。


  • サービス資料:サービス提供側の視点から作られる

  • ホワイトペーパー:顧客側の視点から作られる


サービス資料は、営業時の説明などに使われることが多く、ホワイトペーパーはリードの発掘などに取り入れられることが一般的です。


しかし、いずれも顧客が抱える課題を明確にし、解決策を示すような構成が求められます。


まとめ


ホワイトペーパー作成代行に関することを解説しました。効果的なホワイトペーパーを作成することによって、集客やリード獲得につながり、営業効率化を期待することができるでしょう。


しかし、高い効果を得られるホワイトペーパーを作るには、商材の理解だけではなく、文章構成やデザインなどの知見が欠かせません。代行業者へ依頼することによって、効果的なホワイトペーパーを作成してもらえます。


ぜひ、この記事を参考にして、自社に合ったホワイトペーパーを作成し、施策のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。


弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:67回0件のコメント

टिप्पणियां


bottom of page