top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【初心者必見】思わず欲しくなるホワイトペーパーの表紙にする3つのコツ|必要な要素や種類も解説!

更新日:2023年7月27日



ユーザーが最初に視線を向けるホワイトペーパーの表紙は、デザインやレイアウトが重要です。せっかく内容が充実していても、ユーザーが興味を持つデザインでなければ読んでもらえなかったり、伝えたいことが伝わらなかったりするでしょう。


本記事では、ホワイトペーパー制作において重要なポイントや思わず欲しくなるホワイトペーパーの表紙にするコツ、おすすめの業者を紹介します。




ホワイトペーパーの表紙に必要な要素


ホワイトペーパーとは、専門的な知識を共有したり、特定の問題に対するソリューションを提供したりする目的で作成される詳細な報告書のことです。


ホワイトペーパーの表紙には以下の3つの要素が必要となります。

  • ​タイトル

  • ブランドの情報(ロゴなど)

  • 著作権表示

さらに「ビジュアルイメージ」「目録」「ページの通し番号」なども補足的に含まれることがあります。ホワイトペーパーの表紙をデザインするとき「このホワイトペーパーで何を伝えたいのか」という目的を明確にしなければいけません。


ホワイトペーパーのタイトルは、見る人が最初に視線を向けるポイントとなるため、興味を引きつける単語を選ぶことが極めて重要です。読者にホワイトペーパーの内容について想像させ、読者の関心を引き寄せるタイトル作りが不可欠となります。



ホワイトペーパーの表紙デザインの種類


ここからはホワイトペーパーの表紙のデザインの種類について、詳しくみていきます。ホワイトペーパーの表紙デザインにおいて、タイトルの位置は重要なポイントです。ぜひ参考にしてみてください。


タイトルを全体の中心に配置


タイトルをホワイトペーパーの表紙の中心に置くことで、タイトルが目を引く確率を高められます。なぜなら読者の視点が自然と文字に向かう配置だからです。だからこそ、魅力的なタイトルが必要であり、読者の関心を引きつけるための重要な要素といえるのです。


さらに表紙タイトルの背景に使用する画像は、タイトルが与える印象を大きく左右する重要な要素となります。背景にも十分に配慮しましょう。


ホワイトペーパーの表紙は、広告やサムネイルとして活用されることもあるため、タイトルを中心に置くことで、限定された表紙スペース内で内容を効果的に伝えることが可能となります。


タイトルを上部に配置


ホワイトペーパーが横向きのレイアウトの場合は、高さに制限が出てきます。そのためタイトルを表紙の上部に設定すると、それほど目立たなくなるのです。


ホワイトペーパーが横向きのレイアウトの場合は、上部にタイトル、下部にブランドのロゴや画像を配置することで、タイトル以外の要素を目立たせることができます。社名やロゴ、サービス名を大規模にフィーチャーしたいホワイトペーパーを作成する際には、タイトルを上部に配置するといいでしょう。


タイトルを左右のいずれかに配置


タイトルをホワイトペーパーの表紙の左右いずれかに寄せて設定することで、ホワイトペーパーの内容をタイトルを通じて伝えるとともに、企業のロゴや視覚的なイメージを強く前面に押し出すことができます。


タイトルから左右に視線が流れるため、タイトルだけでなく、イメージロゴやビジュアルによる視覚的な表現も作り出すことが可能です。そのため、イメージロゴや背景の使い方により、さまざまな表現や視覚的印象を読者に与えることが可能になります。



ホワイトペーパーの表紙デザインをする流れ


ホワイトペーパーの表紙をデザインする過程は、大まかに以下の4つです。

  1. 重要な要素を配置する

  2. テキストを再配置する

  3. 背景を設定する

  4. イラストや画像を追加する

「タイトル」「著作権表示」「ブランドの象徴(ロゴや企業名)」の三つが重要となる主な要素で、これらを配置することで全体のビジュアルイメージを構築します。次にタイトルのフォント、サイズ、行間などを、全体のバランスやテーマに合わせて調整することが重要です。


その後、背景とテキストの色調のバランスを整え、余白にイラストや画像を追加してテーマをより分かりやすく伝えます。さらに背景にグラデーションを加えたり、テキストを立体的に見せるなどして、表現力を増すことでテーマにふさわしいデザインとなります。



思わず欲しくなるホワイトペーパーの表紙にする3つのコツ


ここからは思わず欲しくなるホワイトペーパーの表紙に仕上げる以下の3つのコツを紹介します。これからホワイトペーパーを制作する方は、ぜひ参考にしてください。


コツ1.数字を強調する


思わず欲しくなるホワイトペーパーの表紙に不可欠なのは「読みたい」と思わせるタイトルです。「読みたい」と思わせるには、数字と期待感を喚起する単語を組み合わせる必要があります。


たとえば「120%の成長戦略」「思い切った180度の方針転換で組織が生まれ変わる」といったフレーズです。具体的な数字とともに結果や具体的な行動を示すことで、読む人のホワイトペーパーに対する強い興味を喚起できるでしょう。


コツ2.課題解決した状態を伝える


思わず欲しくなるホワイトペーパーの表紙には、課題を解決した状態を示すことも有効です。「自社でNo.1の営業になれる」「独立できるPMスキルを手に入れる」といった「なりたい」課題を解決した状態を提示することで、方法論を求めるユーザーを引きつけることができます。


コツ3.デザインにメリハリをつける


ホワイトペーパーの表紙は、視覚的な要素の繊細な調整が不可欠です。デザインの微調整や色彩の選択、サイズの最適化を通じて、同一の情報でも読者にとって格段に理解しやすいものに変わるからです。


デザインにメリハリをつけるポイントは、以下の3つになります。

  • 特筆すべきポイントは、強調マーカーを使用して目立たせる

  • 色分けされたグラフを導入して視覚的に理解を助ける

  • 見出しは本文よりも大きな文字サイズを選ぶ

上記の要素を考慮することで、ホワイトペーパーは全体としてバランスが取れ、内容が際立ちます。だからこそ、ホワイトペーパー作成においては、デザイン、サイズ、色彩などの全体的な調整や、内容の強調が重要なのです。


コツ4.プロに依頼する


ホワイトペーパーの制作ノウハウが自社にない場合は、ホワイトペーパー制作のプロに依頼する方法があります。合同会社レイアップでは、ホワイトペーパー制作も承っております。豊富な制作実績とともに「読んでもらえるホワイトペーパー」を提供します。


ホワイトペーパーには対象となる企業やサービスを理解するだけではなく、文章力やデザインの知見が必要です。だからこそ、ホワイトペーパーの制作はプロの手を借りた方が効果が高まります。ホワイトペーパーの制作は、合同会社レイアップへご依頼ください。



ホワイトペーパーの表紙デザインで使える4つのツール


ここからはホワイトペーパーの表紙デザインで使える以下の4つのツールを紹介します。自社でホワイトペーパーの表紙デザインを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

  1. Canva

  2. Adobe Illustrator

  3. Microsof PowerPoint

  4. Googleスライド

①Canva

①Canva

引用:Canva


Canvaは無料のデジタルデザインプラットフォームで、オンラインで利用できます。ブラウザ、デスクトップ用アプリ、スマートフォン向けアプリがあり、フレキシブルな利用が可能です。


Canvaの特長は、直感的なドラッグ&ドロップ方式でデザインを制作できることです。いくつもの図形を組み合わせてユニークなデザインを制作できます。また多彩なデザインテンプレートが提供されているため、デザインスキルがなくても誰でも独自のデザインを作成することが可能です。


②Adobe Illustrator

②Adobe Illustrator

Adobe Illustratorは、Adobe社が開発したプロフェッショナルなグラフィックデザインが実現できるソフトウェアです。多くのプロデザイナーにとって重要なツールの一つとされています。


Adobe Illustratorの高度な機能性は魅力的ですが、一方で初心者にとっては使いこなすのが難しい欠点もあります。


③Microsoft PowerPoint


Microsoft PowerPointを始めとするMicroisoftのOffice製品はビジネスシーンで多く活用されることから、親しみがある方もいるでしょう。Microsoft PowerPointは、利便性に長けておりグラフや図形を簡単に作成できるのがメリットです。


一方でビジネスシーンで多用されているだけあって得意分野が絞られており、営業資料のようなイメージを与えてしまう可能性があります。ホワイトペーパーをデザインするのには少し物足りないかもしれませんが、レイアウト制作には適しているツールです。


④Googleスライド


ホワイトペーパーの効率的な作成を考慮したとき、どのデバイスからでもアクセス可能で、起動時間も必要ないGoogleアプリの一つ、Googleスライドという選択肢もあります。


ホワイトペーパーは印刷して閲覧する人もいれば、電子フォーマットで直接読む人もいます。そのため会議資料を準備するような感覚で、A4サイズのフォーマットで作り始めると、一つのスライドでスクロールが必要になり、読みにくくなったり、情報過多になったりする傾向があります。


Googleスライドで一つのスライドに一つの主張を配置する形式で作成すると、読み手にとってわかりやすいホワイトペーパーに仕上がるでしょう。



ホワイトペーパーの表紙でよくある3つの質問


ここからはホワイトペーパーの表紙でよくある3つの質問の回答を詳しくみていきます。ホワイトペーパー制作において、疑問や不安がある方は、参考にしてください。


質問①ホワイトペーパーの作成でおすすめの代行会社はありますか?


ホワイトペーパー制作においておすすめの代行会社を選ぶポイントは、以下の4つです。

  • コスト

  • 打ち合わせの密度

  • 納期スケジュール

  • 対応内容

上記4つのポイントが自社のニーズと一致する会社に依頼すると、認識のズレや「こんなはずじゃなかった」といった後悔が少なくなります。ホワイトペーパー制作においておすすめの代行会社は、以下の3社です。


ナイル株式会社

ナイル株式会社

ナイル株式会社は、コンテンツマーケティング全般を包括的にサポートする専門業者です。ナイル株式会社は戦略策定からメディアの運営まで、優れた業績があります。


特にホワイトペーパーの領域においては、潜在的な顧客を引き寄せ、リードを獲得するために、どの種類のホワイトペーパーが最も適していて効果的かという観点からの作成を行ってくれるでしょう。


ナイル株式会社では、初期の打ち合わせから戦略の分析、そして公開後の成果評価まで、全面的なサポートを提供します。他のサービスと組み合わせて依頼することで、より大きな成果を期待できるのです。


株式会社イノーバ

株式会社イノーバ

株式会社イノーバは、自社が運用するホワイトペーパーの豊富な実績がある会社です。リード獲得の予測計算も取り扱っており、専門知識を必要とする領域の依頼もできます。


特にホワイトペーパーの作成については、BtoB分野のリード獲得に特化したサービスを展開しており、初期のヒアリングからデザインまで、全工程を依頼することが可能です。さらに5名のチーム体制で各プロジェクトの対応にあたるため、約45日の納期が期待できます。


合同会社レイアップ

合同会社レイアップ

合同会社レイアップは、コンテンツマーケティングやSNS運用、Web制作を請け負う会社です。


SEO対策を通じたコンテンツマーケティングのサポートを通じて、効果的なホワイトペーパー制作を行っています。顧客の視点に立った効果的なホワイトペーパーを制作したい方は、合同会社レイアップにご依頼ください。


ちなみに、次のページでもホワイトペーパーの作成代行会社を紹介しています。選ぶポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。



質問②ホワイトペーパーの表紙デザインを仕上げた後にチェックすべきポイントは?


表紙のデザインを完成させた後には、以下の4つの要点をチェックすることが重要です。

  • ​使用している画像が陳腐化していないか

  • 余白が不足していたり、過剰に要素を詰め込んだりしていないか

  • タイトルの色彩やフォントに統一感があるか

  • 表紙がホワイトペーパーの目的に沿っているか

何よりも重要なのは、読者にホワイトペーパーをダウンロードさせることです。その目的を達成するために、タイトルやデザインが目的に適合し、引きつける力を持った表紙になっているかをチェックしましょう。


質問③ホワイトペーパーの表紙で気をつけるべきことは?


ホワイトペーパーの表紙作成においては、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 専門用語の使用を可能な限り避ける

  • タイトルで商品やサービスを強く推すことを避ける

  • 目的と関連のないタイトルは避ける

読者がホワイトペーパーのタイトルを目にした時、専門用語ばかりでは特定の予備知識を持たない限り、ホワイトペーパーの内容が自分の目的に合致しているかどうか判断しきれない可能性があります。


ホワイトペーパーは主に、読者の問題解決をサポートするための情報を提供するものであることを念頭に、適切なタイトルを選びましょう。



まとめ


本記事では、ホワイトペーパー制作において重要なポイントや、思わず欲しくなるホワイトペーパーの表紙にするコツ、おすすめの業者などを紹介しました。ホワイトペーパーは、ユーザー目線に立って自社そのものや自社のサービスを顧客に伝える有効なマーケティングツールです。


制作ノウハウが自社にない場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。この記事を参考に、目的を明確に達成できるホワイトペーパーを制作しましょう。


弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。




閲覧数:70回0件のコメント

Comments


bottom of page