top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【2024年最新】SEOライティングにおすすめの便利ツール11選|ツールの種類やよくある質問もご紹介!

更新日:5月21日



SEOライティングは便利なツールを利用することで、効率的にSEOに強いコンテンツ作成が可能です。


今回はSEOライティングにおすすめの便利ツールを11種類ご紹介します。ぜひ紹介するツールを活用し、効果的なSEOライティングを行っていきましょう。⇒レイアップに相談する(無料)




SEOライティングに使えるツールの種類


SEOライティングは以下4つのツールを用いると、より効果的に行えます。

  • ​文章校正ツール

  • コピペチェックツール

  • 共起語や関連キーワードの抽出ツール

  • AIライティングツール

執筆時にツールを使うことで、より記事の品質が上げられます。ではそれぞれのツールを紹介します。


1.文章校正ツール


正しい文法で文章を書くことは、SEOライティングにおいて重要なポイントです。正しいと思って書いた表現でも、実際は間違っているケースも少なくありません。


文法がおかしかったり、誤字脱字が多かったりすると、ユーザーからの評価が下がり、上位表示は難しくなります。


記事執筆後に文章校正ツールを活用し、正しい文法が使えているかや誤字脱字の有無をチェックしましょう。


2.コピペチェックツール


コピーコンテンツは、著作権法に反する違法行為で絶対に控えましょう。著作権法第119条では、著作権を侵害した者に対して「十年以下の懲役もしくは一千万円以下の罰金」が課せられると定められています。


意図してコピーコンテンツを作ったつもりでなくとも、同じテーマを扱えば他のコンテンツと似通ってしまう可能性もあるでしょう。


著作権法に反するリスクを回避するためにも、記事執筆後にコピペチェックツールを使って問題がないか確認してみてください。


3.共起語や関連キーワードの抽出ツール


共起語や関連キーワードの抽出ツールもSEOライティングを行う上で便利なツールです。共起語とは、キーワードと一緒に使われやすい言葉を指します。


関連キーワードとは、検索されたメインキーワードに関連するキーワードのことです。共起語や関連キーワードがコンテンツ内に含まれることで、ユーザーのニーズを満たすコンテンツと判断されやすくなり、SEO対策に役立ちます。


なお、次のページではおすすめのコンテンツマーケティングツール10選を紹介しています。選ぶ際の基準も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。



4.AIライティングツール



引用:ChatGPT


ChatGPTは、AIライティングツールの1つです。ChatGPTの登場以前にも、AIに基づくライティングツールは存在したものの、実用レベルに達していませんでした。


しかし、ChatGPTの登場により、実用的ツールへと大きく進化しています。ChatGPTはAPI(ChatGPTの出力結果を取得できる機能)を有償で提供しており、これによりさまざまなツールが登場しています。


ただし、ツールによってプロンプト設計は異なるため、入力方法や出力表示などは同様ではありません。ツールごとの使い心地や特性を理解し、個々の要求に最も適したツールを選びましょう。




文章校正におすすめのSEOライティングツール3選


文章校正におすすめのSEOライティングツールとして、以下の3つをご紹介します。

  • ​Word

  • Enno

  • 文賢

文章構成ツールを使えば、自分で何度も読み返しながら間違っている箇所を探す必要もなく、簡単に文章校正が可能です。ここではそれぞれの詳細を見ていきましょう。


1.Word




Wordで誤字脱字や文法の間違いが発見できます。誤字脱字は赤の波線、文法の間違いは青の線で示されます。


また「校閲」「スペルチェックと文章校正」の順にクリックすると、修正箇所のピックアップも可能です。他にもオプションから詳細設定を行い、表現のゆらぎやスペルチェックなど、校正項目の追加も行えます。


2.Enno


引用:Enno.jp


Ennoは文章上の誤字脱字や変換ミス、タイプミスといったエラーをチェックするツールです。


数千文字の原稿をチェックする場合、自力で行うとすると時間もかかる上に見落としの可能性もあるでしょう。その点、Ennoを使えばすぐにチェックができるため、効率的に校正作業が可能です。


3.文賢




文賢は、校正と推敲の両方が行えるツールです。機能の豊富さが魅力で、5000以上の企業で採用されています。


具体的には句読点の使われ方や漢字の利用頻度といった読みやすさのチェックや、誤解される表現がないかといった分かりやすさのチェックが行えます


ユーザー辞書の登録が可能で、さまざまな文章表現方法を学べるツールです。



コピペチェックにおすすめのSEOライティングツール4選


コピペチェックにおすすめのSEOライティングツールとして、以下の4つをご紹介します。

  • ​こぴらん

  • CopyContentDetector

  • 影武者

  • コピペリン

コピペチェックツールにもさまざまな特徴があり、ここではそれぞれの詳細を紹介します。


1.こぴらん



引用:こぴらん


調べたい文章を入力すると、他サイトやブログで利用されていないかがすぐにチェックできるツールです。無料で利用でき、句読点や疑問符などで文章を区切り、リアルタイムでコピペの有無が確認できます。


一度にチェックできる文字数は4000文字までですので、それ以上の文章は複数に分けてチェックしましょう。


2.CopyContentDetector




無料で利用できるコピペチェックツールとして、利用者の多いツールです。調べたい文章を貼り付ければ、類似度や一致度などを一括でチェックできます。


類似率の高い文章順に赤・黄色、青で表示されるため、視覚的に分かりやすいのも魅力です。一度に4000文字までチェックできます。


3.影武者



引用:chiyo-co


無断転載や引用箇所のほか、文章が似ているかどうかの類似判定が行えるツールです。文章を入力し「チェック開始」をクリックすると重複割合の表示から重複部分が赤で示されます。


無料プランは月間10回(10,000文字まで)利用でき、有料版には3つのプランがあります。


4.コピペリン




コピペリンは判定機能をカスタマイズでき、費用を払えば、文字数問わず何度でも利用可能なコピペチェックツールです。月500円・年間6,000円で利用できます。


コピペされた文章には赤字や赤線で表示されるため、どこの部分がコピペに該当するのかすぐに把握できます。


メールによるサポートも受けられるため、ツールに慣れていない方も安心して利用できるでしょう。



共起語や関連キーワードの抽出におすすめのSEOライティングツール4選


共起語や関連キーワードの抽出には、以下4つのツールがおすすめです。

  • ​ファンキーレイティング

  • 共起語検索

  • ラッコキーワード

  • EKWords

共起語や関連キーワードを上手く使うとSEO効果を高められますので、ぜひ活用しましょう。


1.ファンキーレイティング




該当のキーワードが文中に何個・何割出現しているかチェックできる無料ツールです。


特定ワードの偏りが減らせますし、余計なキーワードが使われていないかのチェックも可能です。SEO対策にはキーワードの出現率が大切なポイントですので、ぜひ活用しましょう。


2.共起語検索



共起語として認識されるものを、Google検索ワードTOP30を参考に、共起語として認識されるものを一度に抽出できるツールです。


キーワードと一緒に使われている回数も表示されます。共起語を知りたいキーワードを入れるだけで簡単に検索が行えますので、文章執筆時に役立てましょう。


3.ラッコキーワード




関連キーワードの検索が可能なツールです。例えば「ピザ イタリア」で検索すると、以下のようなキーワードが出てきます。

  • ​ピザ イタリアンソーセージ

  • ピザ イタリアンとは

  • ピザ イタリアン 種類

「ピザ イタリア」で記事を作成する際は、上記のキーワードを加えると、キーワードに対する網羅性が上がるため、上位表示しやすくなります。


4.EKWords




キーワードを抽出し、出現頻度を解析できるツールです。原文のチェックをしながら、キーワードの出現頻度が調節できる点が魅力です。


色分けの機能もあり見やすく、文章量が多いときにも活躍するでしょう。なおWindowsのみ利用可能で、Macでは使用できないためご注意ください。


なお、次のページではおすすめのSEOキーワードツール10選を紹介しています。機能や注意点も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。




おすすめのAIライティングツール5選


おすすめのAIライティングツールを紹介します。主に次の5つです。

  • ChatGPT

  • Transcope

  • Catchy

  • Creative Drive

  • EmmaTools

それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。


1.ChatGPT


1.ChatGPT


ChatGPTは、OpenAIによって開発された革新的なテキスト生成AIツールです。GPT-3およびGPT-4という高度な言語モデルを利用しており、ユーザーが入力したテキストに対し、AIが自動で適切な回答を生成します。


ChatGPTは多目的なテキスト生成のために開発されており、特にSEOにおける記事のタイトル、見出し、本文の生成には独自のアプローチや理解が必要です。


プロンプトエンジニアリングについて一定のノウハウがあると、より意図したクオリティの高いSEO記事の生成が可能になります。


2.Transcope


2.Transcope

引用:Transcope


Transcopeは、テキスト入力だけでなく、URLや画像からも情報を収集し、コンテンツを自動生成するツールです。


ChatGPT-4を採用しており、特定のキーワードを使用してGoogleで検索した結果を基に、独自のコンテンツを生成する機能も搭載しています。


SEOに特化している魅力がある一方、他の類似ツールと比較すると料金がやや高いことや文字数指定があることには注意が必要です。


3.Catchy


3.Catchy

引用:Catchy


Catchyは、株式会社デジタルレシピが提供する多機能テキスト自動生成ツールです。記事作成からYouTube企画、新規事業のアイデアまで、多様なビジネスアイデアやコンテンツの生成が可能です。


ユーザーはトピックやタイトルを入力し、画面の質問に答えることで、簡単に記事を自動生成でき、記事作成の負担が大幅に軽減されます。


現段階ではChatGPT-3.5を採用し、月に10クレジット分は無料で利用できますが、定常的な利用を考慮すると有料プランが適しており、価格は月額3,000円からです。


4.Creative Drive


4.Creative Drive

Creative Driveは、AIテクノロジーとSEOノウハウを融合させることで、誰でも短時間でSEOライティングを可能にするSEO特化型ツールです。


このツールは単に記事を生成するだけでなく、SEO対策としての競合分析やユーザーインサイト設計も組み込まれています。


これにより、ユーザーの検索意図を理解し、ユーザーを最優先にした記事が簡単に作成できるのです。


ターゲットとなるSEOキーワードを設定するだけで、記事がすぐに生成されるシンプルさがこのツールの魅力といえるでしょう。


5.EmmaTools


5.EmmaTools

引用:EmmaTools


EmmaToolsは、テーマの網羅性、キーワードの比率、文字量などを多角的に分析し、コンテンツのSEO品質をスコアリングするツールです。


当ツールでは、「どこを、どのように」コンテンツを改善すべきかを示す提案機能と、AI文章作成機能を組み合わせることで、誰でもSEOに強いコンテンツを作成できます。


また、上位サイトの傾向を分析し、AIによる見出し自動生成機能を利用することで、作業時間を従来の1/3以下に抑えることが可能です。


法人向けのため料金は3万円/月〜と高めですが、導入支援プログラムやチャットによるカスタマーサポートチームの支援があります。



SEOライティングツールでよくある5つの質問


ここでは、SEOライティングツールでよくある質問に回答します。それぞれの内容について詳しくみていきましょう。


質問①そもそもSEOライティングとは?


SEOライティングとは、検索エンジンでの上位表示を目指し、ターゲットユーザーが検索するであろうキーワードを用いて記事を構築するテクニックです。


この手法では、選定したキーワードから、ユーザーの検索意図を満たすコンテンツの生成が重要になります。ユーザーの持つ意図や背景を的確に推察し、それに応える記事内容の工夫が求められます。


SEOライティングの成功には、記事の可読性やキーワードの適切な配置はもちろん、それ以上にユーザーの期待に応えるコンテンツ作りが大切です。


次のページでは、SEOライティングで意識すべきコツや書き方を詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。



質問②SEOライティングにおけるおすすめの勉強法は?


SEOライティングのおすすめ勉強法として「書籍で学ぶ」や「専門のスクールや講座に通う」などが挙げられます。


それぞれの詳しい内容については、次のページにて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。



質問③無料で使えるSEOツールは?


SEOツールを活用すると、検索順位の分析やサイトのSEO評価などが行えるため、Webサイトの改善に役立ちます。


無料版でも十分な機能が備わっているツールも多く、予算を抑えたい方やサイト制作初心者の方には最適です。

  • Googleサーチコンソール

  • Googleアナリティクス

  • Google広告キーワードプランナー

  • Lighthouse

  • GRC

  • PageSpeed Insights

  • マイサイト被リンクチェックツール

  • 構造化データテストツール

  • Copy Content Detector

  • DirtyMarkup

質問④AIライティングツールを利用するメリットは?


AIライティングツールを利用することで得られる大きなメリットは、素早く質の高い文章を生成できる点です。


これによりユーザーは、ツールが提供するプロンプトやアイディアを利用して、自身では思い至らなかった視点から記事を展開できます。


また、テーマに対する多角的な視点を持ち、包括的な記事を書く支援を受けることも可能です。


さらにツールによって、記事の基盤となる部分を構築できたり、過去の作業結果を保存し参照できたりする機能も備えており、より効率的な記事作成ができます。


質問⑤AIライティングツールを利用するデメリットは?


AIライティングツールの利用には便利な側面がある一方、コストがかかる点がデメリットとして挙げられます。


ChatGPTのAPI利用は有料のため、無料で永続的に利用できるツールは現時点ではほとんどありません。


また、生成された内容に不正確な情報が含まれる可能性があるため、自身の確認と修正は必須です。そして、SEO目的で利用する際にはどのツールを選ぶにしても、オリジナリティは表現されていないことに留意しましょう。


Googleの検索アルゴリズムは、「検索意図の適合性」「専門性・権威性・信頼性(E-A-T)」「Originality(独自性)」を評価基準として重視しており、これらの要素を兼ね備えたオリジナルコンテンツの作成が重要です。



まとめ


SEOライティングに使えるツールは文章校正やコピペチェック、共起語や関連キーワードの抽出ツールなどさまざまあります。


それぞれに使い勝手や特徴が異なりますので、今回の記事を参考に自分が使いやすいツールを探していきましょう。ぜひ今回紹介したツールを活用し、効率的なSEOライティングにつなげてください。


弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:106回0件のコメント

Comments


LAYUP_広告用画像.jpg
bottom of page