top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【初心者向け】SEOライティングの勉強法6選!必要なスキルもあわせて紹介!

更新日:2023年3月2日


【初心者向け】SEOライティングの勉強法6選!必要なスキルもあわせて紹介!

SEOライティングは検索エンジンを意識した記事の書き方で、基礎的な文章力はもちろん、SEO知識が必要です。さまざまな勉強法があります。


SEOは検索エンジンのアップデートにより評価基準が変化するため、日々知識をブラッシュアップする必要があります。


本記事では、SEOライティングの基礎知識から、必要なスキル、初心者向けの勉強法について解説します。




SEOライティングとは何?


SEOライティングとは、検索エンジンを意識した記事コンテンツの書き方です。特定のキーワードで、検索エンジン上位表示を狙う目的で行われます。


日本で使われる検索エンジンの約90%はGoogleとされています。そのため、SEOライティングはGoogleからの高評価を狙う文章の書き方とも言い換えられるでしょう。


次の記事では、SEOライティングで意識すべきコツや書き方、注意点を解説しています。これからコンテンツ作成に取り組もうとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。



SEOライティングに必要な3つのスキル


SEOライティングに必要なスキルには、以下の3つが挙げられます。

  • ​基礎的な文章力

  • 情報収集力

  • 基礎的なSEOスキル

Web媒体は紙媒体と異なり、無料で読めるメディアが多いため、読むためのインセンティブが少なく、離脱されやすいと言われています。そのため、Web媒体では読みやすく・理解しやすい文章力が重要です。


1.基礎的な文章力


一つ目に挙げられるのが基礎的な文章力です。誤字脱字があったり、間違った文法が使われたりしている文章は、記事の質を損ねる上にメディアの信頼性を下げるため、SEO効果が見込めません。


またユーザーの途中離脱を誘発するといったデメリットもあります。基礎的な文章力をつけるためにも、以下のようなポイントを押さえたライティングを心がけましょう。

  • ​てにをはの使い方に気をつける

  • 結論を先に提示する

  • 文章の型を意識する(PREP法やSDS法など)

  • 同じ語尾の連続使用は避ける

2.情報収集力


SEOライティングでは検索結果や競合サイトを調査しユーザーのニーズを掴み、必要な情報を分かりやすい文章に落とし込んでいきます。


その際誤った情報を用いれば、当然間違った内容をコンテンツに載せることとなり、記事はもちろんメディアの信頼性が失われる結果につながります。そのため、官公庁の資料や書籍などを活用し、入念に情報収集を行いましょう。


3.基礎的なSEOスキル


基礎的なSEOスキルとは、主に以下の3点が挙げられます。

  • ​キーワード選定

  • 外部対策

  • 内部対策

キーワード選定では、キーワードの検索ボリューム(月間検索回数)や検索意図を調査し、メディアの内容を踏まえ適切なキーワードを選定していきます。


外部対策とは自社サイト以外から評価を得るための対策で、SEOでは主に被リンクの獲得を指します。被リンクとは、他のサイトから自社メディアに向けられたリンクのことです。


内部対策とは自社サイト内に施すSEO施策のことで、タイトルタグやサイト構造の適正化などが挙げられます。こうした対策を行うことで、クローラーに認識されやすくなります。



SEOライティングのおすすめ勉強法6選


SEOライティングのおすすめ勉強法には、以下6つが挙げられます。

  • ​書籍で学ぶ

  • 専門のスクールや講座に通う

  • オンライン動画教材で学ぶ

  • Webメディアから情報収集する

  • クライアント案件をこなしてみる

  • 自身のブログで記事を書いてみる

SEOライティングを始め、SEOに絶対解はありません。検索エンジンのアップデートによっては、今までと異なる評価軸が採用されることも多いものです。ここでは、SEOライティングの勉強法について見ていきましょう。


勉強法1.書籍で学ぶ


SEOに関する基本的な知識を得るためには、SEOに関する書籍を参照するのがおすすめです。SEO関連の書籍には、これまでの歴史や注意すべき点などが体系的にまとめられたものがたくさんあります。


書籍を選ぶ際は「発行日」に注意しましょう。Googleのアルゴリズムは日々変化していますので、できるだけ発行日が最新の書籍を選ぶと実情に合った情報が入手しやすいでしょう。


なお、次のページではSEOライティングを学べるおすすめの本を中心に、SEOライティングを本で学ぶべき理由も解説しています。



勉強法2.専門のスクールや講座に通う


専門のスクールや講座は、SEOライティングを体系的に学びたい人や独学では行き詰まってしまいがちな人におすすめの勉強法です。


初心者でも理解しやすいように作り込まれた教材やカリキュラムによって、短時間でSEOライティングの知識が習得できるでしょう。


オンライン授業や添削で完結するスクールもありますので、自分に適した講座やスクールを探してみてください。


勉強法3. オンライン動画教材で学ぶ


オンライン動画教材で学ぶのも、おすすめの勉強法の一つです。SEOライティングのオンライン動画教材の多くは、カリキュラムごとに見るべき動画がまとめられています。


動画教材は1.5倍速や必要な部分だけを視聴できるため、隙間時間を利用して自分のペースで学習できるといったメリットがあります。また動画の視聴だけでなく、質問回答や添削が受けられる教材もあるため、よりSEOライティングの知識や技術が身につきやすいでしょう。


人気のある教材としてi-SHOT株式会社が開催する「Webライティング習得講座」や現場イズムが提供する「Webライティング講座」などが挙げられます。


勉強法4.Webメディアから情報収集する


書籍や動画などで基本的なSEO知識を身につけた人で、さらに専門的な知識を身に付けたい場合は、直接Webメディアから情報収集するのが有効です。情報鮮度が高く、最新のSEO事情を把握できるでしょう。


ただし、全てのWebメディアが必ずしも役立つ情報を発信しているわけではないため、「バズ部」や「PENYA」といったSEOで名の通っているオウンドメディアをチェックするのがおすすめです。


勉強法5.クライアント案件をこなしてみる


基礎的なSEO知識を学んだら、クライアント案件を獲得し、実務を通じてSEOライティングの力を培いましょう。


執筆ルールの確認から記事執筆、修正を通じて、より実践的なSEOライティングの力がつくでしょう。Webライティングの相場は0.5〜10円と、案件の難易度によって幅があります。


初心者の場合はまずは文字単価1円の仕事を目安に案件を探し、受注件数を増やしながらSEOライティングの力をつける必要があります。


勉強法6.自身のブログで記事を書いてみる


実践的なSEOライティングの力をつけるために、自身でブログを開設し、ブログで記事を書くのも有効です。投稿した記事で上位表示できたら、Webライティングの実績として提示することもできるでしょう。


ブログに投稿するコンテンツの内容に迷っているのであれば、SEOライティングを学ぶ上で参考とした書籍の紹介や勉強法など、自身の経験をもとにコンテンツを作成することからはじめてみてください。



まとめ


SEOライティングの基礎知識から、初心者向けの勉強法を中心に解説しました。SEOライティングには基礎的な文章力に加え、SEO知識が求められるため、長い時間をかけて知見を得る必要があります。


企業がオウンドメディアを運営する場合は、メディアの立ち上げからコンテンツ作成はプロに作成を依頼したり、コンサルティングを受けたりすることで、スムーズに運営が進められるでしょう。


キーワード選定から内部対策までお悩みの方は弊社までお気軽にご相談ください。弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。




閲覧数:52回0件のコメント
bottom of page