top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【初心者向け】SEOライティングとは?意識すべきコツや書き方、注意点を徹底解説!

更新日:5月21日


【初心者向け】SEOライティングとは?意識すべきコツや書き方、注意点を徹底解説!

検索エンジンでの上位表示を意識して行うSEOライティングでは、キーワード選定や見出し(構成)の作成、本文執筆など、さまざまな工程があります。


本記事では、SEOライティングで意識すべきコツや書き方、注意点を解説します。これからコンテンツ作成に取り組もうとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。⇒レイアップに相談する(無料)




SEOライティングとは?


SEOライティングとは、検索エンジンでの上位表示を意識した記事の書き方を指します。


SEOライティングでは訴求したいユーザーが検索しそうなキーワードを選定し、そのキーワードで上位表示させるためにコンテンツを作成していきます。


SEOライティングで重要なのはユーザーの検索意図を満たすことです。ユーザーの検索意図を満たすために重要なポイントは以下の2点が挙げられます。

  • ​キーワードを検索したユーザーの持つ意図や背景を推測する

  • 検索意図を満たすために記事の内容を考える

SEOライティングでは事前の検索意図の設定や構成が執筆よりも重要視されています。読みやすい文章であることはもちろん、検索意図を汲み取りライティングを行いましょう。


SEOライティングが重要な理由


やみくもに記事を作成していても、思ったような効果は狙いにくいものです。その点SEOライティングでは、適切なキーワードを選定し、ユーザーの検索意図を満たしたコンテンツを作成します。


適切なキーワードで流入が取れれば、広告費をかけなくても集客効果が見込めるため、会社の資産となります。狙い通りにアクセス数を増やし、見込み客を獲得していくためにも、SEOライティングが欠かせません。



SEOライティングで意識すべき5つのコツ


SEOライティングで意識すべきコツには、以下の5つが挙げられます。

  • ​ユーザーファーストを徹底する

  • キーワードに沿った内容を書く

  • 独自性を出す

  • 専門性を高める

  • 共起語を盛り込む

いずれも作成前にしっかりと検討し、構成に盛り込むことでSEO効果が期待できるコンテンツ作成につながります。それぞれ見ていきましょう。


1.ユーザーファーストを徹底する


SEOライティングにおいて最も重要なのは、ユーザーファーストすなわち「検索利用者のニーズを最優先に考えること」です。


エンドユーザーの視点から物事を見て、情報が正確かつ、わかりやすく伝えられるよう心がけることが大切になります。


まず、検索ユーザーはその記事のターゲットとなる人物であることを把握しましょう。その上で、下記のようなユーザー心理や知識レベルを考慮します。

  • このキーワードを使用した場合、ユーザーは何を知りたいと思うのか。

  • この表現方法で理解してもらえるか。

  • この用語はさらにかみ砕いて説明すべきか。

SEOコンテンツはWeb接客の役割も担っているため、ユーザーに価値を感じてもらえるよう、記事の内容や表現方法に創意工夫が必要になります。


また、利用者の視認性を向上させるために必要に応じてリスト化や太文字、カラーなどの装飾を施すのも効果的です。


ウェブクローラーの対応も重要ですが、最終的な読者は人間であることを忘れずに質を追求することが絶対条件といえます。


2.キーワードに沿った内容を書く


SEO記事を作成する際はキーワード選定から始めます。キーワード選定では検索ボリュームの確認や競合調査が欠かせません。


検索ボリュームが大きいほど上位表示は難しいため、最初は検索ボリュームがそれほど大きくなく、上位を狙えそうなキーワードから選びましょう。


記事内容はもちろん、本文・タイトル・見出しへ適切にキーワードを盛り込むこともSEO効果を高めるうえで重要です。


なお、次のページでは、キーワード選定を実施する際のポイントや選定手順、無料で使えるツールを解説しています。キーワード選定のやり方を理解し、効果的なコンテンツ作成につなげてみてください。



3.独自性を出す


検索エンジン側がコンテンツを評価する際、独自性も重要な要素とみなされています。


コンテンツを作成する際は、競合と差別化できているかや、自社のサイト内でコンテンツが重複していないかなどの確認を忘れないようにしましょう


独自性は記事の内容以外に、オリジナル画像や動画なども含まれます。


4.専門性を高める




専門性を高めることもSEOライティングの重要なポイントです。Googleが公表している「検索品質評価ガイドライン」にも専門性と権威性、信頼性の3点(通称E-A-T)について言及されいます。


そのため、専門性の高いコンテンツは上位表示が狙いやすいと言えるでしょう。専門性を高めるには、1つのメディアで特定のテーマに絞りコンテンツを作成するのが有効です。


5.共起語を盛り込む


共起語とは、検索キーワードと一緒に出現しやすい単語を指します。共起語を洗い出すと細かいニーズを読み取れるため、SEOコンテンツを作成する際に目を通すと良いでしょう。


しかし共起語をコンテンツ内に不自然に組み込むと、内容が矛盾したり違和感が発生したりと、逆効果になる恐れがあります。


共起語をコンテンツに入れる際は、記事の主旨と関連があり鍵となる単語を選ぶようにしましょう。



SEOライティングの書き方の手順は5ステップ


SEOライティングの書き方は、以下5ステップを踏んでいきましょう。

  • ​対策するキーワードを選定する

  • ユーザーの検索意図を調べる

  • タイトルを設定する

  • 見出し(構成)をを作成する

  • 見出し構成に沿って本文を書き進める

それぞれに分けて詳しく解説します。


ステップ1.対策するキーワードを選定する


SEOライティングでは、最初に対策キーワードを選定します。キーワード選定はSEOツールを使用し、検索ボリュームや競合調査を行います。


キーワードを選定する際は、コンテンツ作成の目的に応じて、適切なコンバージョンにつなげられそうなキーワードを選びましょう。


コンバージョンには成約数や問い合わせ、資料請求など、目的に応じてさまざまなものがあります。


コンバージョンにつながりそうなキーワードの中でも、一定量の検索ボリュームがあり、競合性も高すぎず、上位表示を狙えそうなキーワードを見つけます。


なお、キーワードの選定方法は次のページにて解説しているので、こちらも参考にしてみてください。



ステップ2.ユーザーの検索意図を調べる




キーワードを決めたら、次にユーザーの検索意図を調べます。


例えば「タンブラー おすすめ」と検索するユーザーは、タンブラーを買おうとしていて、どのようなものが売れているのか・機能性があるのかを知りたいと推定できます。


このようにキーワードによって、それぞれ検索するユーザーの意図は異なります。検索意図に沿った内容の記事でなければ、ユーザーはすぐに離脱し、検索エンジンから高評価は得られないでしょう。


該当キーワードで上位表示しているサイトやコンテンツを見ることで、どのような意図で検索されているのかが把握できます。


他にも検索意図を調べるには対策キーワードだけでなく「サジェスト」「再検索」「共起語」を参考にしてみてください。


なお「ラッコキーワード」を使うと、関連キーワードを洗い出しやすいためおすすめです。


ステップ3.タイトルを設定する


次にタイトルを設定します。タイトル設定時のポイントは以下の通りです。

  • ​キーワードを必ず含める

  • 30字程度に収める

  • 一目で記事の内容を把握できる

  • 悩みや課題解決につながるとわかる

最近ではタイトルにキーワードが含まれているかは、それほど重要ではないともいわれています。


しかし、検索したキーワードが含まれていなければクリックしにくいユーザーもいると考えられ、基本的には入れた方が無難です。


なお、次のページでは、SEOに効果的なタイトルを作成する具体的な方法や注意点を詳しく解説しています。



ステップ4.見出し(構成)を作成する


見出し(構成)はSEOライティングにおいて重要な要素です。優れた見出しは、大見出し・中見出しを適した階層で組み立てられており、目次を見ただけで何が書かれているかが把握できます。


見出し(構成)を作成する際、重要度の高い関連ワードを含めることを意識しましょう。一つのキーワードであっても、複数の検索意図があることもあります。


あらゆる検索意図を満たすためにも、関連ワードを含めた見出しにすることは大切です。次のページでは、SEOにおける見出しの役割や効果、設置のポイント、注意点を詳しく紹介しています。



ステップ5.見出し(構成)に沿って本文を書き進める


見出し(構成)に沿って本文を書き進めていきます。このとき見出しと本文の内容にズレがないか注意しましょう。


見出しと本文にズレがあると、ユーザーは不快感を覚えやすく、検索エンジンからも高評価は得にくくなります。さらに対策・関連キーワードは、見出しやディスクリプションだけでなく、本文中にも自然な流れで入れると良いでしょう。


また、便利なツールを利用することで、効率的にSEOに強いコンテンツ作成が可能です。次のページでは、SEOライティングにおすすめの便利ツールを紹介しています。




SEOライティングの6つの注意点


SEOライティングには注意点もあります。特に以下6つは必ず押さえましょう。

  • 冗長な文章

  • 誤字脱字

  • コピペ

  • リンク切れ

  • Googleアルゴリズムのアップデート

  • キーワード出現率

ここではそれぞれに分けて解説します。


1.冗長な文章


回りくどい表現や冗長な文章はユーザビリティーを低下させ、離脱率を高めることにつながるため、結論から書き始めて簡潔・明快な説明を心がけてみてください。冗長表現とされるのは以下のようなものです。

  • ​「〜することができる」の多用:説明することができる→説明できる

  • 重語:爽快感を感じる→爽快感を覚える

  • 指示語の多用:こそあど言葉の使いすぎ

また見出し1つにつき、1つの主張が基本です。違うことを主張する場合は、見出しを分けるように構成段階で意識しましょう。


2.誤字脱字


誤字脱字は読みづらさやメディアの信頼性を低下させる要因になりえます。


検索エンジン側からの評価も損ねる可能性があります。以下はGoogleが公表している、低評価につながりやすいコンテンツの一例です。

  • ​綴りや文法の間違いが多い

  • いい加減なテキストを記述する

  • 文章が下手なコンテンツを提供する

上記のような点に気をつけ、コンテンツを作成しましょう。



3.コピペ


コピペは著作権侵害に抵触する可能性があり、絶対に控えましょう。コピペはペナルティの対象で、サイト全体の評価を下げる恐れがあります。


最悪の場合はサイト閉鎖や損害賠償といった問題に発展する可能性もあります。コンテンツを引用する場合は出典を明記し、引用したコンテンツが主役にならないよう注意しましょう。


無意識のうちにコピペとなっている恐れもあるため、サイトへ公開する前に必ずコピペチェックツールを使い、コピペがないか確認してください。


4.リンク切れ


コンテンツに含まれるリンクの有効性は、ウェブサイトの品質とユーザー体験に直結します。それぞれのリンクが正常に機能しているか、定期的に検証することが重要です。


リンク切れによる無効なリンクは、ユーザーにとっては不快であり、検索エンジンによるサイト評価にも悪影響を及ぼします。またリンク切れが存在すると、それだけでコンテンツ全体のクオリティが低下し、サイトの信頼性も損なわれかねません。


コンテンツ数が多い場合、リンクのチェックは非常に手間がかかります。そのため、効率的かつ正確にリンクの有効性を確認できる、チェックツールの利用がおすすめです。


5.Googleアルゴリズムのアップデート



引用:Ranking


Googleは定期的に検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしており、その度にウェブページの検索順位は頻繁に変動します。


このアルゴリズムのアップデートは、ウェブサイトの可視性に大きな影響を与えるため、コンテンツクリエーターやウェブマスターはアップデートの内容とタイミングに敏感であることが重要です。


検索結果の上位に位置していたウェブページもアップデート後にはランキングが下がったり、検索結果から除外されたりする可能性があります。


アップデートに適応するには、コンテンツの質や構造を都度調整し、アルゴリズムの新しい要求に応じた最適化することが大切です。


これにより、ウェブサイトの競争力を保ちつつ、ユーザーに対してより質の高い情報を提供できるようになります。



6.キーワード出現率


キーワード出現率とは、一つのページ内に特定のキーワードがどれだけの頻度で表示されるかを示すパーセンテージです。かつては、キーワード出現率が高い方がSEOに有利とされていました。


しかし、現在のSEOでは、キーワードの出現頻度はそれほど重要ではなく、むしろ自然な文章が重視されます。Googleのジョン・ミューラー氏も2011年に「自然な文章の作成を推奨する」と公言しています。


また、キーワードを不自然に多用することは、SEOのパフォーマンスに対して逆に悪影響を及ぼす可能性があり、Googleからペナルティを受けるリスクが高いです。



なお、「共起語を何回も繰り返し使用する」というSEOテクニックも効果的とは言えません。過度に繰り返すことがSEOに良い影響を与えるわけではないのです。


SEO戦略を考える際には、キーワードの適切な配置とバランスを保ちつつ、読み手にとって自然で理解しやすいコンテンツ作成を心掛けましょう。



SEOライティングとはでよくある3つの質問


ここでは、SEOライティングに関するよくある質問に回答します。

  • 質問①文脈を理解する「BERTアップデート」とは?

  • 質問②需要が高まる「音声検索」への対策方法は?

  • 質問③SEOライティングを本で学ぶべき理由は?

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。


質問①文脈を理解する「BERTアップデート」とは?


質問①文脈を理解する「BERTアップデート」とは?


Googleの検索アルゴリズムは常に進化し、アップデートが行われています。2019年12月10日に実施された「BERTアップデート」では、検索エンジンの文脈理解能力が格段に向上しました。


これにより、共起語を単に含めるだけではなく、検索の意図を正確に把握し、意味のある内容を提供しなければ、コンテンツが質として評価されない可能性が生じています。


つまり、より自然かつユーザー中心の明瞭な記事が重視されるようになりました。検索エンジンによるウェブの巡回能力や解釈能力が向上しました。


コンテンツ制作者は、情報の収集や解釈、そしてその情報の表現や編集において、効果的に伝える能力がさらに求められる時代となっています。


質問②需要が高まる「音声検索」への対策方法は?


近年、Googleアシスタントやスマートスピーカー、Alexaなどの音声認識サービスの拡大に伴い、音声検索への関心が急増しています。


音声検索においてコンテンツが回答として選ばれるためには、Googleが簡潔に回答できる短い文章が理想的です。


しかし、長文からの抜粋も回答として採用される場合があります。そのため、高品質のコンテンツを常に提供し、検索上位を目指すことが重要です。


また、権威性の高いウェブサイトや強調スニペットなども、音声検索において有利な要素となります。


質問③SEOライティングを本で学ぶべき理由は?


SEOライティングは、Web上で手軽かつ無料で学習できる分野ですが、インターネット上にあふれる情報の正確性や効果性の判断までは難しいものです。


一方、本はその信頼性が保証されており、学ぶ者に安心感を提供します。特に初心者の方は、本でのSEOライティングを学ぶことをおすすめします。


自身のレベルやニーズに適した知識を、確かな情報源から得ることが可能です。次のページでは、SEOライティングを学べるおすすめ本を紹介しています。




まとめ


SEOライティングにおいて、意識すべきコツや書き方、注意点について解説しました。


SEOライティングでは、ユーザーの立場で考え、検索意図に沿ったコンテンツを作成することが重要です。ユーザーが知りたいことや、どんな悩みを解決したいのかを構成段階から検討しましょう。


ユーザーファーストのコンテンツを作成し、自社の長期的な資産を作っていきましょう。弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:72回0件のコメント

Comments


LAYUP_広告用画像.jpg
bottom of page