top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【2024年版】SEOと文字数の関係とは?タイトルやメタ情報における文字数の目安を徹底解説!

更新日:5月21日



SEOの効果を上げるために、記事の文字数は重要な要素です。しかし、ただ文字数を増やすだけでは期待するSEOの効果は得られません。


SEOの効果を上げるには、適切な文字数を意識することが大切です。最新のSEOにおいて「どのような文字数が適切なのか」を知ることが求められます。


本記事ではSEOと文字数の関係について詳しく解説し、適切な文字数や文字数以外でのSEO対策についても紹介します。


わかりやすく解説しているので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。⇒レイアップに相談する(無料)




SEOと文字数の関係とは?


ここからはSEOと文字数の関係について、より詳しく見ていきます。


単に記事の文字数が多いだけでは、SEO効果に直接影響を与えられるわけではありません。


SEOと記事の文字数にはどのような関係があるのかを詳しく知りたい方は、ぜひ読んでみて下さい。


文字数の多さは直接的なSEO効果に影響しない


結論からいうとGoogleがWebコンテンツの評価を行う際に、文字数の多さだけを基準に評価することはありません。


記事の文字数が多いことがすなわち、SEOの効果を高めるわけではないのです。記事の文字数とSEO評価の関係についてGoogleのジョンミュラー氏は、公式に言及しています。


Googleはユーザーの検索キーワードとコンテンツの関連性があることを大前提としてSEOの評価を行うことから、文字数の多さだけで評価されることはありません。


SEOの効果を得るにはユーザーの検索ニーズを満たすよう、検索キーワードと関連性の高いコンテンツを提供することが求められます。


例えば、キーワードの選定や配置、タイトルタグやメタディスクリプションの最適化、内部リンクの設定といった施策が必要です。


SEO対策を行う場合は記事の文字数だけにこだわるのではなく、他の要素も併せて考慮してより良いコンテンツを提供することが求められます。



網羅性の高さはSEO効果が見込める


SEO対策の効果を上げるには文字数を増やすだけでなく、ユーザーの検索ニーズを満たす網羅性の高いコンテンツを提供することが必要です。


Googleはユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツを評価しています。ユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツとは、以下の特徴があるコンテンツを指します。

  • ​ページのテーマに沿った専門情報を提供している

  • MECE(Mutually Exclusive collectively Exhaustive)を加味した目次がある

  • 網羅性の高いコンテンツが掲載されている

MECEとはウェブマーケテイングに用いられる言葉で「モレもダブりもない」という意味です。


MECEを加味したコンテンツを作成することでGoogleに評価され、SEOの効果が期待できるでしょう。



適切な文字数の目安を把握する方法


SEOにおいて適切な文字数とは、ユーザーの検索ニーズを満たす情報を提供した結果、得られるものです。


コンテンツの文字数が少なすぎると内容が浅くなるため、ユーザーの検索ニーズを満たせません。


一方、文字数が多すぎると読み手に負担をかけてしまい、ユーザーの興味を削いでしまいます。


SEOにおいてコンテンツの適切な文字数の目安を知る方法は、検索キーワードに対する上位サイトの文字数を調べることです。 適切な文字数の目安の計算法は以下です。

  • ​検索キーワードの上位10サイトを開き、「タイトルから文末」までをコピーする

  • コピーしたテキストのスペースを除いた文字数を算出する

  • 一番多い文字数のサイトと一番少ない文字数のサイトの文字数を排除

  • 残り8サイト分の文字数の合計を8で割る

この計算で算出された数字が、目安文字数となります。



文字数以外でSEO効果を得るための5つの方法


ここからは文字数以外でSEO効果を高めることが期待できる以下の5つの方法を、詳しく見ていきます。

  • ​コンテンツの網羅性を高める

  • 適切な文字数でコンテンツを作る

  • 信頼度の高いコンテンツを作る

  • ユーザーのニーズを満たす

  • 検索エンジンに適したサイト構造にする

1. コンテンツの網羅性を高める


検索者が知りたい情報をすべてコンテンツに盛り込みユーザーに提供することで、コンテンツの網羅性を高めることができます。


網羅性の高いコンテンツは、ユーザーの検索ニーズを満たしコンテンツの信頼度を上げるだけでなく、関連キーワードのランキング上昇にも貢献します。


コンテンツの網羅性を高める具体的な方法は、主に以下の3つです。

  • ​上位サイト10個で共通して取り上げられているトピックやキーワードを調査

  • 上位サイトにないオリジナルな視点や情報を加味

  • 読者にわかりやすく伝えるために、見出しや段落、箇条書きなどを工夫

2. 適切な文字数でコンテンツを作る


適切な文字数はコンテンツが狙うキーワードによって異なります。キーワードごとにユーザーの検索ニーズが変わるため、ユーザーの検索ニーズを満たす情報量・文字数でコンテンツを作成することが重要です。


3. 信頼度の高いコンテンツを作る


3. 信頼度の高いコンテンツを作る

専門性の高い記事やユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツは、Googleから高く評価される傾向があります。


特に、医療や健康に関するキーワードにおいて、信憑性が高く充実した情報がより評価されるようGoogleがアップデートを行っているのです。


Googleはコンテンツの評価をE-A-Tという「検索品質評価ガイドライン」で行っています。


ガイドラインで定義された専門知識を有し、情報の信頼性を満たすコンテンツや公的なサイトからの被リンクを受けているコンテンツは、信頼度が高く評価されやすいでしょう。


もちろん誤字脱字や、リンク切れをなくすことも重要です。文字数以外でSEO効果を得るには、これらの方法を取り入れて信頼度の高いコンテンツを作成することが大切です。


4. ユーザーのニーズを満たす


コンテンツのSEO効果を高めるには単に文字数を増やすだけでなく、ユーザーの検索ニーズを満たすために網羅性を高めることが重要です


ユーザーが記事の途中で離脱することを防ぐために、内部リンクを設置してユーザーの疑問や問題の解決方法を提示することも有効な手段となります。


ユーザーが求めているであろう内容をもれなくコンテンツに記載し、ユーザーの不安要素を取り除くことで、SEOに強いコンテンツになるのです。


5. 検索エンジンに適したサイト構造にする


検索エンジンに適したサイト構造にすることは、SEOにおいて必要な施策です。


サイトの内部リンクが適切に設計されていると、検索エンジンはコンテンツの内容をより把握しやすくなる、とされています。


一方で技術的な要件が最適化されていない場合は検索上位を獲得することが難しくなるため、サイト構造の最適化も重要です。


コンテンツの質の向上とサイト構造の最適化といった施策は、どちらが欠けてもSEOのパフォーマンスに影響を及ぼします。どちらの施策も、しっかり取り組むことが必要です。



SEOで評価されないサイトの4つの特徴


ここからはSEOで評価されないサイトの、以下の4つの特徴を紹介します。


自分が関わっているサイトが以下の特徴に当てはまっていないかチェックするために、確認してみて下さい。

  • ​他サイトからコピペしている

  • 検索意図を満たしていない

  • コンテンツの内容が薄すぎる

  • 1ページ1テーマになっていない

特徴1. 他サイトからコピペしている


他サイトからコピペしているサイトは、SEOの評価を受けられません。


なぜなら、Googleはオリジナルのコンテンツを重視し、重複したコンテンツを持つサイトは検索順位を下げるからです。


コピペしたコンテンツはユーザーにとって価値がなく、ユーザーの情報への信頼性や満足度を損ないます。SEO以外の問題点もあります。


他のサイトをコピペすることは著作権の侵害にもなるからです。法的なトラブルに巻き込まれる可能性があります。


自分の言葉でオリジナルのコンテンツを作成することが、SEOにとってもユーザーにとっても大切です。


特徴2. 検索意図を満たしていない


ユーザーの検索ニーズを満たしていないサイトは、SEOで評価されません。


なぜなら、Googleは、ユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツを優先的に検索結果の上位に表示するからです。


検索ニーズとは「ユーザーがどのような目的や解決したい課題を持って検索しているか」を指します。


例えば「SEO 文字数」で検索した場合、ユーザーはSEOの効果が期待できるコンテンツに必要な文字数や、SEOにおける文字数の重要性について知りたいと考えているでしょう。


そのためこのキーワードに対して、文字数と関係のない内容や文字数の説明が不十分な内容は、検索意図を満たしていないと判断されます。


ユーザーの検索ニーズを満たすためには、キーワードの意味や背景を理解しユーザーが求める情報を的確に提供することが必要です。


特徴3. コンテンツの内容が薄すぎる


コンテンツの内容が薄すぎるとユーザーの検索ニーズを満たせておらず、有益な情報や解決策を提供していないと判断されます。


例えば「SEO」というキーワードで検索した場合、コンテンツがSEOの定義や歴史だけを提供している、といった状態です。


コンテンツがユーザーの検索ニーズを満たしていない場合、Googleからの評価を受けることはできません。


特徴4. 1ページ1テーマになっていない


1ページ1テーマになっていないとは、検索キーワードに対して適切な回答を提供していないコンテンツを指します。


例えばユーザーが「SEO 文字数」というキーワードで検索した場合に表示されたコンテンツが「SEOに効果的なHTMLの組み方」まで解説してしまうといった状況です。


ユーザーは必要以上の情報に混乱し、コンテンツをすべて読まずに離脱してしまうでしょう。


例のようにコンテンツがユーザーの検索ニーズとはかけ離れて情報過多だと、Googleからは評価されないのです。



タイトルやメタ情報における文字数の目安


ここからはタイトルやメタ情報における文字数の目安について詳しく解説します。記事を執筆する際にメタ情報まで意識する人は少ないかもしれません。


だからこそ意識することで、自分が関わったコンテンツのSEO対策を強化できる可能性があるのです。メタ情報まで意識していなかった方は、ぜひ読んで下さい。


タイトル(title)タグの文字数の目安


タイトル(title)タグとは、HTMLのタグのうち<title></title>で囲まれた部分のことです。


検索結果ページやブラウザのタブに表示されます。タイトル(title)タグはSEOにおいても重要な要素であり、読者の興味を引く内容にする必要があります。


しかし、タイトルは長すぎると画面から見えなくなってしまうため、タイトルの文字数にも注意する必要があるのです。


SEOに有効とされる一般的なタイトル文字数の目安は、32字以内といわれています。対策キーワードはタイトルの前半に入れるのがポイントです。


メタディスクリプションの文字数の目安


メタディスクリプションとは、<meta name=“description” content=“”>で指定される部分で、検索結果に表示されるコンテンツを要約したテキストが入ります。


SEOに直接的な影響はありませんが、読者のクリック率(CTR)を上げる要素です。


そのためメタディスクリプションには、コンテンツの内容や魅力を分かりやすく伝える内容を入れる必要があります。


長すぎると画面から見えなくなるため、文字数にも注意が必要です。


メタディスクリプションの文字数の目安は120字前後ですが、スマートフォンではさらに短くなるため、100字程度を目安に作成しましょう。



SEOの文字数でよくある3つの質問


ここからはSEOの文字数に関するよくある質問のなかから、代表的な3つを詳しく紹介します。今自分が持っている疑問が解決できる可能性があるため、よく読んでみて下さい。


SEO記事なら1,000文字以上が必要は本当ですか?


SEO記事なら1,000文字以上が必要かどうかは、ユーザーの検索ニーズによって異なります。


SEOにおいて重要なのは、文字数ではなくユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツを提供することです。


そのため、検索キーワードやテーマによって適切な文字数は変わります。


1,000文字より少ない情報量でユーザーの検索ニーズを満たせることもあれば、1,000文字以上の情報が必要になる可能性もあります。


タイトルの文字数を考える上で注意すべきポイントはありますか?


タイトルの文字数を考える上で注意すべきポイントは、以下の3つです。

  • ​タイトルは検索エンジンの表示に合わせて、32文字以内にすること

  • タイトルはユーザーの検索意図に応えるキーワードを含めること

  • タイトルはユーザーに興味や価値を感じさせる工夫をすること

SEOにおいてタイトル文字数が重要なのは、ユーザーの閲覧状況が多岐に渡るためです。


ほとんどの人がスマートフォンから閲覧するため、スマートフォンを意識したSEO対策は必須といえます。


スマートフォンで表示され得る文字数の範囲は31文字から44文字程度とされているため、32文字から40文字程度におさめるといいでしょう。


キーワードはタイトルの前半に含めると、どのような閲覧状況でも見切られずに表示されます。


次のページでは、SEOに強いタイトルの効果的な書き方や注意点を解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。



文字数が多いコンテンツが上位表示されなくなった理由は何ですか?


文字数が多いコンテンツが上位表示されなくなった理由は、Googleのアルゴリズムアップデートにあります。


2016年以降、Googleは「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」と呼ばれる変更を行い、コンテンツの品質や信頼性を重視するようになりました。


その結果、長文であるだけではなく、ユーザーにとって有益で魅力的なコンテンツが上位に表示されるようになったのです。


SEOにおいて文字数はあくまで一つの指標であり、最終的にはコンテンツの内容が重要です。


評価される記事の特徴や作り方のポイントは、次のページにて紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。




まとめ


この記事ではSEOと文字数の関係と適切な文字数や文字数以外でSEOに効果的な方法について解説しました。


文字数はSEOにおいて重要な要素です。しかし単純に文字数が多いほうがいいわけではありません。キーワードやユーザーの検索意図に応じて、最適な文字数を見極めることが大切です。


この記事を参考にコンテンツの文字数を意識しつつ、質の高いコンテンツを作ってSEO効果を高めましょう。


本記事では、段階ごとに意識したいポイントについて詳しく解説しましたので、迷ったときはぜひ参考にしてみてください。


弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。

  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない

といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:68回0件のコメント

Comments


LAYUP_広告用画像.jpg
bottom of page