top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【2023年最新】おすすめのSEOキーワードツール10選|機能や注意点も徹底解説します!

更新日:2023年11月11日


【2023年最新】おすすめのSEOキーワードツール10選|機能や注意点も徹底解説します!

Webサイトを運用していて売り上げや会員獲得数などが、なかなか上がらないことがあるでしょう。そこでアクセス数を増やすためにSEO対策が必要です。


SEO対策をするのにSEOキーワードツールを活用することが一般的です。自社サイトのキーワード調査やボリューム調査、さらには競合サイトの分析もできます。


そこで、本記事ではSEOキーワードツールの機能や注意点、おすすめツールを紹介します。




SEOキーワードツールとは?


SEOキーワードツールに厳密な定義はないものの、いずれもSEO対策をするためのツールです。


ツールによって内容は異なりますが、関連キーワードの調査や検索キーワードのボリューム調査などキーワード調査を行うことが一般的です。


SEO対策をすることによって、Googleをはじめとした検索エンジンから高い評価を得ることができ、検索ページの上位に表示される可能性が高まります。


検索ページの上位に表示されることによってアクセス数増加が期待でき、コンバージョンの増加にもつながります。


つまりWebサイトを運営していくうえで、キーワード調査は不可欠です。そのため、SEOキーワードツールの需要は年々高まっています。


SEOキーワードツールの主な機能とは?


seoキーワードツールには検索ボリューム調査以外に検索順位調査やサジェスト調査、ドメインパワーの調査など様々な調査をできる機能が備わっています。


無料のSEOキーワードツール5選


無料で SEOキーワードを調べることができるツールにも色々な種類があります。


例えば、サジェストキーワードを確認したり検索ボリュームを確認したりするなど、それぞれ目的に応じてツールを使い分けることが重要です。


さらにツールによって表示されるサジェストキーワードが異なるため、サジェストキーワードを調べるためだけにも複数のツールを活用しましょう。

​SEOキーワードツール

​特徴

​ラッコキーワード

​サジェストキーワード取得可能

​SEOチェキ

​検索順位を確認

​Ubersuggest

​検索ボリュームを表示

aramakijake.jp

検索ボリュームを確認

​rishirikonbu.jp

​検索ボリュームの調査やサジェストキーワードの取得

1. ラッコキーワード

1. ラッコキーワード

ラッコキーワードはログインや登録をする必要がなく、キーワードを検索するだけでサジェストキーワードを取得できるツールです。


キーワードに対してYahoo!知恵袋に投稿されたキーワードに関連した質問の表示も可能で、検索意図を確認しやすいという特徴があります。


Googleトレンドに表示されるワードも取得可能であるため、リアルタイムで多くの人が検索しているキーワードを調べるときにも便利です。


2. SEOチェキ

2. SEOチェキ

引用:SEOチェキ


SEOチェキはURLを入力するだけで検索順位を確認することができるツールです。


狙ったキーワードで記事が上位に表示されているかどうかを確認する場合に利用されることが一般的です。


さらに、リンク数の調査や生地においてキーワードが出現した回数など様々な利用方法があります。


他にも被リンクやキーワード比率などを調べることが可能です。


3. Ubersuggest

3. Ubersuggest

引用:Ubersuggest


Ubersuggestはキーワードの検索ボリュームを調べるときに活用できるツールです。


同じキーワードで Google 広告に出した場合のクリック単価を調べることができ、 Google に広告を出そうと考えている場合にもおすすめです。


無料版は1日3回までとなっていますが、有料版にすることにより検査回数は無限となります。


さらに、競合のドメインを入力することで、良く検索されているキーワード候補の取得も可能です。


サジェストワードの取得も可能ですが ラッコキーワードの方が簡単に調べられるため、Ubersuggestは検索ボリュームと Google 広告単価を確認する時に活用することがおすすめです。


4. aramakijake.jp

4. aramakijake.jp

aramakijake.jpは検索ボリュームを確認するためのツールです。


キーワードを入力することによってYahoo!やGoogleでの月間検索数を表示できるツールです。さらに、上位だけでなく50位までアクセス予測を表示できます。


同じ目的のツールとしてUbersuggestがありますが、無料での検索回数が3回までのため並行して活用すると良いでしょう。


5. rishirikonbu.jp

5. rishirikonbu.jp

rishirikonbu.jpは検索ボリュームの調査やサジェストキーワードの取得をできるツールです。


検索したキーワードにおいて位置を取得した時のアクセス予測数を表示でき、キーワードに対して流入数をシュミレーションすることによりSEO施策をしやすくなります。


検索窓にキーワードを入力するだけで簡単に表示することが可能です。


有料のSEOキーワードツール5選


様々な有料の SEO キーワードツールがありますが、競合Webサイトの被リンクやキーワードなどを確認できることが一般的です。


そのため、有料のSEO キーワードツールは競合サイトの分析をするために使うと良いでしょう。

​SEOキーワードツール

​特徴

費用

​Keywordmap

​競合他社サイトの流入キーワードを抽出

​要問い合わせ

Ahrefs

世界で60万人の利用実績

月額プラン

  • ライト 99ドル

  • スタンダード 199ドル

  • アドバンス 399ドル

  • エンタープライズ 999ドル

年額プラン(1ヵ月料金)

  • ライト 83ドル

  • スタンダード 166ドル

  • アドバンス 333ドル

  • エンタープライズ 933ドル

Mieruca

月間検索数や検索順位の取得

要問い合わせ

SEMRUSH

世界で1000万人に選ばれているツール

​月間プラン

  • Pro 131.95ドル

  • Guru 252.95ドル

  • Business 494.95ドル


年間プラン

  • Pro 1319.34ドル

  • Guru 2529.34ドル

  • Business 4949.34ドル

キーワードファインダー

Googleアナリティクスと連動することによってコンバージョン率が上がるキーワードの確認が可能

​プロフェッショナル

月額 100,000円(税抜)

スタンダード

月額 50,000円(税抜)

エンタープライズ

月額 200,000円(税抜)

オプション

管理キーワード1,000追加

月額20,000円(税抜)

登録サイト2追加

月額10,000円(税抜)


1. Keywordmap

1. Keywordmap

引用:Keywordmap


Keywordmapは競合他社サイトの流入キーワードを抽出することで、これまでできていなかったキーワードの洗い出しができるツールです。


競合他社の流入キーワードが入出することによって機会損失になっているキーワードを判断できます。


さらに、ページやユーザーの調査、自然検索調査などすることができ、大手企業をはじめ多くの企業が導入しています。


検索ボリュームが少ないキーワードの検査をすることができるため、 ロングテールキーワードを設定するときにも活用しやすいツールです。


活用目的に応じてライトやスタンダード、エキスパートといったプランを提供しています。


2. Ahrefs

2. Ahrefs

引用:Ahrefs


Ahrefsは、競合サイトの分析をすることができるツールであり、世界で60万人の利用実績があるツールです。


競合サイトにおける流入キーワード予想家検索上位コンテンツ調査、被リンク分析などSEO対策に重要な機能が揃っています。


世界最大級の日リンクデータを持っており、競合サイトの被リンクチェックに特化しています。


3. Mieruca

3. Mieruca

引用:Mieruca


Mierucaは自社Webサイトの、月間検索数や検索順位の取得、競合流入キーワード調査、 トレンド分析など様々な機能がそろっているツールです。


さらに、コンテンツ制作に活用できるクエリタイプや重要なトピックの分析なども充実しています。


担当者に対して専属でCSチームがつくため充実したサポートを受けることができる点も大きな特徴です。


4. SEMRUSH

4. SEMRUSH

引用:SEMRUSH


SEMRUSHは世界で1000万人に選ばれているツールであり、SEO対策の他にSNSや広告の分析ができるツールです。


SEO機能としては競合サイトのキーワード発掘や被リンク調査、アクセス解析など様々な物が揃っています。


そのため、競合サイトを分析する際に必要な機能が揃っているツールであるといえます。


5. キーワードファインダー

5. キーワードファインダー

キーワードファインダーはGoogleアナリティクスと連動することによってコンバージョン率が上がるキーワードの確認が可能なツールです。


他にも想定流入キーワードの表示や競合分析、おすすめキーワード重要取得など様々な機能が揃っています。


メールや電話での無料サポートを利用することができるため、困った時でも安心です。


SEOキーワードツールを使用する際の2つの注意点


SEOキーワードツールを使用する際に知っておくべきことがあります。主に次の2点の注意点が挙げられます。

  • ​ツールの検索ボリュームは想定値と捉える

  • ツールにより表示されるサジェストKWは異なる

これらのことを知っておくことで、SEOキーワードツールを使うにあたってより効果的に運用が可能になります。この他にも目的に合ったツールを使うことが重要です。


1. ツールの検索ボリュームは想定値と捉える


SEO キーワードツールを使うにあたってツールの検索ボリュームは想定値と捉えましょう。


そのため、実際の検索ボリュームと違う場合があると考えてください。場合によっては実際の検索ボリュームと大きな差が出る場合もあります。


ツールはあくまで参考値であり、そのまま信じてしまうと想定が外れた場合にかけた予算や手間が無駄になってしまう可能性があります。


2. ツールにより表示されるサジェストKWは異なる


SEO キーワードツールによって表示されるサジェストキーワードが異なります。複数のツールでサジェストキーワードを調べるようにしましょう。


仮に1つのツールだけでサジェストワードを調べると、それほど関連性のないキーワードを記事に使うことになる可能性があります。


また、Googleのキーワード検索に表示されるサジェストキーワードも活用するようにしましょう。


SEO対策に有効なキーワード調査ツールの3つの使用方法


SEO対策に便利なキーワード調査ツールですが、 使い方によってより効率的に活用することができます。次の3つの使い方がおすすめです。

  • ​サジェストKWを見出しに取り入れる

  • テーマKWのサジェストKWから新規記事を作成する

  • 有料のキーワード調査ツールの場合は競合分析に活用する

以上のように少しの工夫で SEO効果が得られる場合があります。


1. サジェストKWを見出しに取り入れる


SEO キーワードツールで取得したサジェストキーワードを見出しに取り入れてみましょう。


サジェストキーワードはUbersuggestやラッコキーワードなど、様々なツールにおいて取得できます。


サジェストキーワードは指定のキーワードにおいて検索をする人が興味を持っている内容です。


そのためサジェストキーワードを見出しに明記することによって、Webページを見ている人が、探している内容が書かれていると判断できます。


2. テーマKWのサジェストKWから新規記事を作成する


テーマキーワードのサジェストキーワードから新規記事を作成することが重要です。


例えば、コンテンツをテーマキーワードとした場合、SEO対策がサジェストキーワードとして上がってくる場合があります。


この場合は、コンテンツだけでなく「コンテンツ SEO対策」のキーワードを狙って新規記事を書くようにしましょう。


3. 有料のキーワード調査ツールの場合は競合分析に活用する


キーワード調査ツールによっては無料のものと有料のものがあります。有料のキーワード調査ツールは競合分析に活用しましょう。


ツールにもよりますが、有料のキーワード調査ツールは競合サイトが上位表示している検索ワードや被リンク数を把握できます。


そこで、競合サイトが書いていないようなユーザーが求めている情報を含めることによって差別化が可能です。


なお、次のページでは、キーワード選定のやり方の基本を解説しています。ぜひあわせて参考にしてみてください。



SEOのキーワードツールでよくある3つの質問


ここでは、SEOのキーワードツールでよくある質問についてわかりやすく回答します。


質問1.SEOキーワードとは何?


SEOキーワードとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいて、ユーザーが検索スペースに入力する語句を指します。


このキーワードを適切に理解し、対策を行うことは、検索結果を通じてユーザーを自サイトに効果的に集客するために不可欠です。


SEOキーワードに焦点を当てることで、ユーザーが何を求め、どのような情報を探しているのかを把握することが可能となります。


質問2.SEO対策におけるキーワード数の目安は?


最適なキーワードの数は基本的に1ページにつき1キーワード(テーマ)です。


SEO対策において、狙うキーワードをページごとに一つに絞り込むことで、各ページのテーマがはっきりし、ユーザーが求める検索意図に合ったページを提供することができます。


質問3.キーワード出現率の目安は?


キーワード出現率とは、ページ内に対して出現するキーワードの割合を指し「3%~5%程度」が目安とされます。


ただし、キーワードの出現率を3%~5%に保つことが推奨されているのは、読み手にとって理解しやすく自然に感じられる文章が多くの場合、この範囲のキーワード出現率を示しているためです。


まとめ


Webページをより多く見てもらうためには、検索結果の上位に表示されるようなSEO対策が重要です。


SEO対策には様々な方法があり、手間や時間がかかることが一般的です。


そこで、SEOキーワードツールを活用することによって、より効果的にSEO対策ができるようになります。


SEOキーワードツールの特徴をより理解して、効果的な対策をすることが重要です。


本記事では、段階ごとに意識したいポイントについて詳しく解説しましたので、迷ったときはぜひ参考にしてみてください。


弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。

  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない

といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。






閲覧数:53回0件のコメント
bottom of page