top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

SEOによる効果とは?効果が出るまでの運用期間や対策、注意点について徹底解説!

更新日:2月1日


SEOによる効果とは?効果が出るまでの運用期間や対策、注意点について徹底解説!

SEOという言葉を聞いたことがあっても、その効果や具体的な対策方法については知らないという方も多いのではないでしょうか。


この記事では、SEOによる効果やSEO対策に取り組むメリット・デメリット、効果を出すための対策について解説します。


また、効果を出すためのコツや効果測定に欠かせないツールについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。⇒レイアップに相談する(無料)


監修者
執筆

SEOにおける効果とは?


SEOにおける効果とは?

SEOの主な効果は、ウェブサイトが検索エンジンの上位に表示され、より多くの訪問者を獲得することです。SEOライティングや関連手法を用いて検索結果の1ページ目に表示されると、サイトが閲覧される可能性が高まります。


とくに上位に表示されると、その効果はさらに顕著です。検索結果の上位に位置するサイトは高いCTR(クリック率)を記録します。


一方で、検索結果の2ページ目以降に掲載されるサイトは、訪問者数が激減します。そのため、SEOはウェブサイトへの訪問者数増加とビジネスの成長に欠かせない重要な施策です。


なお、検索順位におけるクリック率(CTR)については、こちらの記事で詳しく解説しています。



SEO対策に取り組むメリットは5つ


次に、SEO対策に取り組むメリットについて解説します。

  • メリット1.検索流入が増加する

  • メリット2.コストを削減できる

  • メリット3.ブランディング効果に期待できる

  • メリット4.コンテンツが資産になる

  • メリット5.音声検索最適化(VSO)にもなる

それぞれについて詳しくみていきましょう。


メリット1.検索流入が増加する


1. 検索流入が増える

検索行動をとるユーザーは、特定のニーズや問題を持っているため、適切なキーワードを対象としたSEO対策により、ビジネスに直結する可能性の高いトラフィックを集められます。


たとえば、「SEOツール 有料」と検索するユーザーは、質の高い有料のSEOツールを探している可能性が高いです。


このようなユーザーは、SEOツールを導入する意向があるため、ビジネスチャンスに直結します。効果的なSEO対策により、ウェブサイトへの流入の基盤を構築できます。


メリット2.コストを削減できる


インターネット広告と比較して、SEOは一般的に運用コストが低く抑えられる傾向にあります。インターネット広告の場合、広告費用は集客目標に比例し、社内人員の人件費や外注手数料も加算されます。


一方で、SEO対策は社内に担当者がいれば、その人件費だけで実施可能です。もちろん、コンテンツ作成やツール導入には費用がかかりますが、インターネット広告に比べればコストはかなり抑えられます。


メリット3.ブランディング効果に期待できる


多くの関連キーワードでウェブサイトが上位に表示されると、そのサイトや運営企業がその分野の専門家であるという印象を与えられます。


たとえば、SEOに関連するさまざまなキーワードで自社サイトが表示されれば、ユーザーはそのサイトや企業をSEOの専門知識を有する信頼できる情報源として認識します。


このように、SEOの効果的な活用により、企業の専門性と信頼性を高め、結果として顧客に強い印象を与えることが可能です。


さらに、専門分野におけるブランドの認識が高まると、将来的なビジネスチャンスの創出にもつながります。


メリット4.コンテンツが資産になる


有益なコンテンツはSEOでの上位表示に寄与し、長期にわたってその価値を保ちます。


これらのコンテンツは、社内資料やセミナーの素材として再利用でき、定期的なリライトによって、再び上位表示を狙うことも可能です。


一方で、インターネット広告は費用をかけた分のみの集客効果があり、投資をやめると集客も止まります。


しかし、SEO対策で作成されたコンテンツは、初期の投資後も継続して集客力を発揮し、長期的な資産としての価値を持ちます。


メリット5.音声検索最適化(VSO)にもなる


音声検索では、PC検索で上位に表示されるコンテンツや強調スニペットに掲載されるサイトが選ばれやすい傾向にあります。


また、HTTPSで保護されたサイトやオーソリティの高いサイト、ソーシャルメディアで人気のあるコンテンツも、音声検索の結果として採用される確率が高いです。


さらに、ページの表示速度も音声検索での順位に大きく影響します。


これらの傾向は通常の検索結果と類似しているため、検索エンジン最適化(SEO)によって、自然と音声検索においても良い評価を受ける可能性が高まります。


SEO対策に取り組むデメリットは3つ


次に、SEO対策に取り組むデメリットについて解説します。

  • デメリット1.担当者にSEOの知識が必要になる

  • デメリット2.効果が出るまで時間がかかる

  • デメリット3.失敗するリスクがある

それぞれについて詳しくみていきましょう。


デメリット1.担当者にSEOの知識が必要になる


テクニカルな分析やキーワードの調査は専門的なスキルを要するため、これらの業務を適切にこなすためには専門的な知識が必要です。しかし、専門性を社内に常備する必要はありません。


SEO対策に特化したツールの導入や、外部のSEOコンサルティングへの依頼により、社内に専門知識がなくともSEO対策を効果的に進めることが可能です。


また、近年ではSEOに関する情報を集約したホワイトペーパーやセミナーも豊富に提供されており、これらを活用して知識を習得するのも有効な手段です。


デメリット2.効果が出るまで時間がかかる


コンテンツを公開しても、検索結果での順位向上には少なくとも1か月程度は必要です。さらに、質の高いコンテンツの作成を外部に依頼する場合、1つの記事を完成させるのに1週間以上はかかります。


また、少数のコンテンツを持つサイトよりも、多くのコンテンツを掲載しているサイトの方が上位表示されやすい傾向もあります。これは、サイトとしての信頼性や権威性が影響しているためです。


つまり、競合に打ち勝って上位表示を目指すには、長期間にわたるコンテンツの蓄積が必要になります。


デメリット3.失敗するリスクがある


Webページの文章作成やHTMLコーディング、サイトのリニューアル時に以下のような点をおろそかにすると、問題が生じる可能性があります。

  • ユーザー目線を無視したコンテンツ作成

SEOを過度に重視し、ユーザーのニーズや検索意図を無視したブログ記事を作成した場合、検索エンジンから評価されにくくなる


  • クローラーが理解しづらいHTMLの書き方

HTMLコーディングにおいて、正しいマークアップが怠られたり、間違ったHTMLタグが使用されたりすると、クローラーがサイトのコンテンツを理解しづらくなり、検索順位が下がる可能性がある


  • リニューアル時の問題

サイトのリニューアルを行う際に、ユーザーやクローラーの視点を考慮せずに新しいサイトを公開すると、旧サイトの評価が失われ、新しいサイトが検索エンジンに適切に評価されない場合がある


SEOの効果を出すための対策は3つ


次に、SEOの効果を出すための対策について解説します。

  • サイトの内部対策をする

  • サイトの外部対策をする

  • コンテンツSEOに取り組む

それぞれについて詳しくみていきましょう。


1.サイトの内部対策をする


Core Web Vitals と Google 検索の検索結果について | Google 検索セントラル | ドキュメント | Google for Developers

SEOの効果を最大化するための内部対策は、ウェブページが検索エンジンに迅速かつ効果的にクロールされ、コンテンツの関連性と品質が評価される取り組みです。


内部SEO対策は多岐にわたりますが、以下の3つの視点から主要な施策を紹介します。

  • クロールの最適化

ウェブページの内容が正確にインデックスされるための施策。具体的な施策には、Google Search Consoleを使用してクロールをリクエストする、XMLサイトマップの作成とリクエスト、パンくずリストの設置、robots.txtを使用してクロール不要なページを除外する、noindexタグを使用して検索対象外のページを指定する施策などがある


  • インデックス最適化

検索エンジンがサイトのページを正確に理解し、適切にインデックスするための施策。具体的な施策には、ページタイトルや見出しタグの最適化、メタディスクリプションの設定、内部リンクの構築、正確なコーディング、canonicalタグの使用によるURL正規化、構造化データのマークアップなどがある


  • ページエクスペリエンスの改善

ユーザーがサイトを訪れた際に快適な体験を提供することも重要。コアウェブバイタルを用いたページスピードの改善、モバイルフレンドリーなデザインとUIの実装、セキュアな通信(HTTPS)の使用などがユーザーエクスペリエンスの向上に寄与する

なお、SEOの内部対策については、こちらの記事で詳しく解説しています。



2.サイトの外部対策をする


外部SEO対策は、ほかの関連ウェブサイトからの被リンクを獲得し、サイトの信頼性と権威性を高める重要な施策です。Googleは信頼性のあるサイトからのリンクを評価し、高いランキングを与えます。


とくに、自然な方法で被リンクを獲得することが大切で、オンライン評判とサイテーションも重要です。


SNSやプレスリリースを活用し、情報の拡散やPR活動を実施することで、存在感を高め、自然な被リンクを獲得しましょう。


3.コンテンツSEOに取り組む


コンテンツSEOは、SEO戦略の一部で、ユーザーの検索意図に対応し、高品質なコンテンツを作成し、SEO評価を向上させる手法です。


コンテンツの品質と関連性を高め、定期的な更新を行い、ユーザーに価値ある情報を提供することで、SEOの効果を最大化できます。


以下はコンテンツSEOの主要なポイントです。

  • ターゲットユーザーの明確化

  • 検索キーワードの把握と最適化

  • E-A-T要素の満たした専門的な情報提供

  • コンテンツ品質と関連性の向上

  • 定期的なコンテンツ更新

これらの要素を考慮して、コンテンツSEOを実施することで、検索上位表示を目指せます。


なお、コンテンツSEOについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。



SEOの効果が出るまでの期間


SEO対策の効果が出るまでの期間は、キーワードやコンテンツに大きく依存します。


競合が少ないキーワードでは、わずか数日で上位表示が可能ですが、競争の激しいキーワードでは数ヶ月から1年以上かかることも珍しくありません。


また、長期的に運用されているサイトは、コンテンツ量や被リンク数が多く、SEOで有利になりやすい傾向にあります。


しかし、最終的には、コンテンツの質とキーワードに対する関連性の効果が出るまでの期間に大きな影響を与えます。


SEOの効果を出すためのコツは3つ


次に、SEOの効果を出すためのコツについて解説します。

  • コツ1.継続的に記事を投稿・更新する

  • コツ2.被リンクを獲得する

  • コツ3.サイトを長期間運用する

それぞれについて詳しくみていきましょう。


コツ1.継続的に記事を投稿・更新する


SEOで効果を出すためには、継続的な記事の投稿が欠かせません。コンテンツの量を増やすことは、SEO対策において非常に重要です。


新しいコンテンツは、ユーザーにとって価値が高いため、Googleもこの点を評価します。新規コンテンツはサイトの関連性を高め、検索結果での優位性をもたらす可能性があります。


さらに、公開済みの記事を定期的に更新することも重要です。最新情報の掲載やリライトは、コンテンツの質を高めるだけでなく、Googleの評価基準にも沿っています。


このような更新作業は、検索エンジンによる頻繁なクロールとインデックスの機会を増やす効果があります。


なお、評価される記事を作成するポイントは、こちらの記事で詳しく解説しています。



コツ2.被リンクを獲得する


被リンクを獲得することは、SEOにおける重要な戦略の1つです。


被リンク数が多いと、検索エンジンによってサイトの信頼性や権威性が高いと認識されるため、ドメインのパワー(権威)を強化するのに効果的です。


とくに、高いドメインパワーを持つサイトからのリンクは、検索エンジンの評価を大きく高める可能性があります。


これは、そのようなサイトからリンクされることが、高品質なコンテンツや情報源としてのあなたのサイトの信頼性を裏付けるためです。


高品質なコンテンツを提供し、業界内の信頼できるパートナーとの関係を築くことで、自然に被リンクが増え、結果的にドメインパワーの強化につながります。


なお、被リンク獲得の代行会社選びについて知りたい方は、こちらの記事で詳しく解説しています。



コツ3.サイトを長期間運用する


サイトの運用期間はSEO対策で重要な要素です。


長期にわたる運用は、豊富なコンテンツと被リンクの蓄積をもたらし、これがドメインパワーの強化に寄与します。


安定した運用はサイトの信頼性を示し、検索エンジンによる高評価につながる場合が多いです。


そのため、SEOでは、長期的な視野で質の高いコンテンツの提供と被リンクの積み重ねが重要であり、これによりサイトの評価を向上できます。


SEOの効果測定に欠かせない3つのツール


次に、SEOの効果測定に欠かせないツールについて紹介します。

  • Googleサーチコンソール

  • Googleアナリティクス

  • 検索順位チェックツール

それぞれについて詳しくみていきましょう。


1.Googleサーチコンソール


1. Google Search Console(Googleサーチコンソール)

Googleがウェブマスター向けに無料で提供するこのツールは、ウェブサイトがGoogleの検索エンジンにどのように表示され、認識されているか理解するために不可欠です。


Google Search Consoleは、サイトのクロール状況やインデックス状態、検索クエリによる表示状況など、SEO対策に関する豊富なデータを提供しています。


ウェブサイト管理者やSEO担当者は、このツールを使用して、サイトの健全性やトラフィック、検索パフォーマンスを把握し、必要に応じて最適化のための施策の実施が可能です。


Google Search Consoleは、内部SEOの効果を分析し、サイトの可視性を高めるための重要な情報源となっています。


2.Googleアナリティクス


2. Google Analyitics(Googleアナリティクス)

Googleが無料で提供するこのウェブサイトのアクセス解析ツールは、2023年7月に最新バージョンであるGA4へのアップデートが実施されました。


Googleアナリティクスの利用により、SEO戦略において極めて重要なデータの収集と分析が可能になります。


このツールを通じて、ウェブサイトへの流入経路の分析、とくにオーガニック検索からの訪問者の行動パターンやコンバージョン率などの詳細な情報を得られます。


これにより、ウェブサイトのパフォーマンスを理解し、SEOやそのほかのマーケティング戦略を効果的に調整することが可能です。


Googleアナリティクスは、ユーザーの行動や流入源を深く理解するうえで不可欠なツールであり、ウェブサイトの改善点を特定し、より効率的なSEO戦略を立案するのに役立ちます。


3.検索順位チェックツール


検索順位チェックツールは、特定キーワードに対するウェブページの検索順位を確認できる便利なツールです。


たとえば、「育毛剤 おすすめ」というキーワードで自社コンテンツの順位を調べる際、このツールを使えば迅速かつ正確にランキングを把握できます。


手動での検索と比較して、大幅な時間の節約と効率化が実現します。


SEO対策やコンテンツマーケティングの効果を測定し、検索結果の上位表示とそれに伴うクリック率やコンバージョン率の変化を理解するのにも重要なツールです。


なお、Googleの検索ランキングの調べ方については、こちらの記事でも詳しく解説しています。



SEOの効果でよくある3つの質問


最後に、SEOの効果でよくある質問について紹介します。

  • 質問1.そもそもSEOとは?

  • 質問2.SEOの効果を出すためにやってはいけないことは?

  • 質問3.SEOの効果を出すために守るべきことは?

それぞれについて詳しくみていきましょう。


質問1.そもそもSEOとは?


SEOは、ウェブサイトのコンテンツが検索エンジンに適切に理解され、評価されるよう最適化するプロセスです。


このプロセスの目的は、検索ランキングの向上、ウェブサイトの可視性の強化、そしてより多くのトラフィック獲得にあります。


これには、ユーザーが求める価値あるコンテンツを提供することが重要で、アルゴリズムの変化に合わせて継続的な改善が必要です。


SEOは、ウェブサイトの成功にとって不可欠な要素であり、ビジネスの成長に欠かせない重要な施策です。


質問2.SEOの効果を出すためにやってはいけないことは?


2000年代には、Googleのシステムの穴を利用するテクニカルなSEO手法(ブラックハットSEO)が効果を発揮していました。


しかし、現在では、ブラックハットSEOはGoogleのペナルティの対象となり、検索ランキングから除外されるリスクが高まっています。


Googleの公式ガイドラインに違反するブラックハットSEOの手法には、以下が挙げられます。

  • リンクプログラムへの参加

  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成

  • クローキング

  • 不正なリダイレクト

  • 隠しテキストや隠しリンク

  • 誘導ページ

  • コンテンツの無断複製

  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト

  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み

  • Google への自動化されたクエリの送信

これらの手法は現在ではリスクであり、効果的なSEO戦略ではなくなっています。


質問3.SEOの効果を出すために守るべきことは?


Google が掲げる 10 の事実

Googleが国内で最も利用されている検索エンジンであることを踏まえると、SEO対策は実質的にGoogle対策ともいえます。


そのため、Googleが重視する理念を理解し、それに沿ったSEO戦略を立てることが重要です。これを怠ると、施策が功を奏するどころかペナルティを受けるリスクがあります。


Googleが掲げる主な理念は以下のとおりです。

  • Googleが掲げる10の事実

  • E-A-T(コンテンツの専門性、権威性、信頼性を評価する基準)

  • YMYL(人の命やお金に関わるコンテンツに対する基準)

これらの基準は、ユーザーファーストの姿勢を貫く内容となっています。つまり、Googleの考え方は、ユーザーにとって価値のあるコンテンツの提供、ユーザーに理想的なサイト体験を提供することに重点を置いています。


この理念を理解し、ユーザーを中心に置いたSEO戦略を展開することが、Googleによる高い評価を受けるための鍵です。


まとめ


この記事では、SEOによる効果やSEO対策に取り組むメリット・デメリット、効果を出すための対策やコツ、効果測定に欠かせないツールについて解説しました。


SEO対策により、特定のキーワードで検索上位が獲得できた場合、多くの人にサイトが閲覧される可能性が高まります。


また、多くのキーワードで上位表示が獲得できれば、そのサイトや運営企業がその分野の専門家であるというブランディングが可能になり、企業の専門性と信頼性が向上します。


このように、SEOによる効果は企業の成長に欠かせない重要な要素です。ぜひ、この記事を参考に、効果的なSEO対策を取り入れてみてください。


なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。⇒レイアップに相談する(無料)


監修者

閲覧数:35回0件のコメント
bottom of page