top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【2024年最新】SEOの難易度チェックツール3選|判断基準や上位表示させるコツを徹底解説します

更新日:4 日前


【2024年最新】SEOの難易度チェックツール3選|判断基準や上位表示させるコツを徹底解説します

Webサイトを上位表示させるためにはSEO対策が必要です。SEO対策には様々な工夫が求められますが、まずやっておきたいのがキーワード難易度の判断です。選ぶキーワードによって、 SEO効果が異なるためです。


さらに、上位表示されているWebサイトの強さを把握することも大切だといえるでしょう。チェックツールを使うことで、キーワード難易度や競合サイトの強さを把握できます。


本記事では、チェックツールの紹介や上位表示させるコツを解説します。⇒レイアップに相談する(無料)




キーワード難易度を判断する3つの基準

キーワードの難易度を測るためには、複数の指標を活用して判断することが重要です。様々な要素がありますが、 特に次の3つの要素はキーワードの難易度を図る上で必要な要素です.

  • ​検索ボリューム

  • 収益性の高さ

  • 競合サイトの強さ

それではそれぞれの要素において、詳しく説明していきます。SEOの難易度を判断する上で参考にしてください。


1. 検索ボリューム


1. 検索ボリューム

検索ボリュームとは月間に対象となるキーワードで検索された回数です。つまり、該当するキーワードにおいてどれくらいのユーザーが検索されたかどうかを確認します。そのため直接的にSEOの難易度を示しているわけではありません。


しかし、検索ボリュームが多くなればなるほど競合のWebサイトが増えることから難易度が高まる傾向です。検索回数が1万回を超えているキーワードビッグキーワード、500回から1万回未満のキーワードをミドルキーワード、500回未満のキーワードロングテールキーワードとよび検索ボリュームにおいて分類がされています。


なお、次のページでは、おすすめのSEOキーワードツールを紹介しています。キーワード調査にお悩みの方はこちらもぜひ参考にしてみてください。



2. 収益性の高さ


キーワードの難易度を判断する上で収益性の高さも重要です。ユーザーが商品やサービスを探す時に検索するキーワードは収益性が高いと考えてよいでしょう。 収益性の高いキーワードに対してコストがかかっても上位表示したいと考える企業は少なくありません。


3. 競合サイトの強さ


キーワード難易度を判断する上で最後に考えたいのが競合サイトの強さです。キーワードで検索して10位までに表示されているWebサイトがどのような内容であるか確認しましょう。


上位サイトに並んでいるのが大手企業の EC サイトであったり公式サイトである場合は、該当のキーワードの難易度がかなり高いと考えてよいでしょう。



SEOの難易度をチェックできるツール3選

SEOの難易度を確認するためには様々なツールを効率的に利用することが必要です。この章では SEOの難易度をチェックしやすいツールを3つ紹介します。様々な数の中で次の3つが特におすすめです。

  • ​rishirikonbu

  • キーワード難易度分析ツール

  • SEOキーワード難易度チェック

それではそれぞれのツールにおいて特徴を詳しく説明していきます。


1.rishirikonbu

1.rishirikonbu

引用:rishirikonbu


rishirikonbuは、1度の検索において3つのキーワードまで入力することができるツールです。難易度が数字で表記される以外にそれぞれのキーワードにおいて競合上位10件の平均数が表示されます。


そのため、比較をしやすくどれほどの難易度かを把握することが可能です。シンプルなつくりであるため、初めてキーワード難易度を確認するユーザーにもおすすめです。


2.キーワード難易度分析ツール

2.キーワード難易度分析ツール

キーワード難易度分析ツールは、公式ページにキーワードを入力するだけでキーワードの SEO難易度を表示してくれるツールです。


SEO難易度以外に検索数やEAT度まで表示してくれるため、SEO対策を効率的に進めることができます。またCSVダウンロードをできることから分析しやすいツールです。


3.SEOキーワード難易度チェック

3.SEOキーワード難易度チェック

SEOキーワード難易度チェックはキーワードのSEOの難易度を数値化してくれるツールです。地域を選択してキーワードを入力するだけで数値化された難易度が表示されます。


会員にならなくても1日に3回までは無料で利用することができ、会員登録することで1日10回まで利用回数が増えます。地域選択ができるため、ローカル検索をしたい場合に特にオススメのツールです。



上位サイトの強さを知るための4つのポイント


SEO対策を進めるためには上位サイトがどのような対策をしているかを把握することが必要です。しかし上位サイトがなぜ評価をされているかを理解するのは容易ではありません。


そこで上位サイトの強さを把握するためには次の4つのポイントを確認することが重要です。

  • ​コンテンツの質

  • ドメインの強さ

  • 被リンクの数

  • サイトの規模

1.コンテンツの質


SEO対策をして検索画面上位に表示させるには、コンテンツの質が最も重要であると考えても過言ではありません。そのため、上位に表示されているWebサイトのコンテンツは必ず確認するようにしましょう。


ユーザーの検索意図を満たしていることがまず条件であり、さらにユーザーが読みやすいような工夫をしていることがほとんどです。検索画面で上位表示させるには、上位に表示されているウェブサイトよりも質の高いコンテンツが求められます。

2.ドメインの強さ


検索順位に反映するのは、ページごとの評価だけでなくWebサイト全体の評価が高いことが重要です。Webサイト全体の評価とはドメインの強さで現れます。


ドメインの強さは、MozBarやahrefsといったツールで確認することが可能です。特にMozBarは無料であり、 Googleの拡張として利用できるため使いやすい点が特徴です。


3.被リンクの数

Google に高い評価をされるためには良質な被リンクが求められます。被リンクが多いページは人気が高いとGoogleが判断するのです。


被リンク数をチェックするためにはhanasakiganiやahrefsといったツールを使うことが一般的です。何のツールも外部被リンク数が表示されるため、被リンクの数を簡単に調べられます。


しかし、あくまで良質な被リンク数であることが必要であり、被リンクの数はあくまで参考程度で考えると良いでしょう。

4.サイトの規模


Webサイト内にインデックスされたページがどれくらいあるかといったサイトの規模も、Webサイトにおける強さに比例します。


上位表示されているWebサイトはサイトの規模が大きいだけでなく、キーワードに対して関連するコンテンツが十分に含まれていると Google から判断されているのです。競合のページ数はSEOチェキを使うと簡単に調べられます。



決めたキーワードで早く上位表示させるための2つのコツ


Webサイトを1から作り上げた上でSEO対策をするためには、時間や手間が必要となります。そのためSEO対策は中長期的に進めていくものだと考えることが必要です。


しかし、 次のように工夫をすることで少しでも短期間で成果を得られる可能性があります。

  • ​ロングテールキーワードを狙う

  • 特定のテーマにフォーカスする

1. ロングテールキーワードを狙う


SEO対策をしている中で初期段階の場合はまずロングテールキーワードを狙いましょう。


ロングテールキーワードとは月間の検索数が500以下であり、一般的には「新宿 安い 居酒屋」のように3つから4つのキーワードで検索されたものです。


ユーザーが探している内容がより明確になっているため、ユーザーのニーズがつかみやすくSEO効果が表れやすい特徴があります。


2. 特定のテーマにフォーカスする


決めたキーワードで早く上位表示させるためには 特定のテーマに交換することも重要です。


Google は専門性の高い記事を高く評価するため、専門性の高いテーマに絞ってコンテンツを作ることによって評価される可能性が高まります。そのため早い段階で上位表示できる可能性があるのです。


逆にテーマがバラバラであれば、 Googleからの評価が落ちやすくなるので注意が必要です。ちなみに、評価される記事の特徴や作り方のポイントは、次のページにて解説しています。




まとめ

SEO対策においてキーワードの難易度を把握することが重要です。また上位に表示されているWebサイトの強さを把握することにより、SEO対策につながります。


キーワードの難易度を確認するためには様々なツールがあるため、決して難しい作業ではありません。ツールによって得意なジャンルが異なるため使い分けをすると良いでしょう。


本記事では、段階ごとに意識したいポイントについて詳しく解説しましたので、迷ったときはぜひ参考にしてみてください。弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。

  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない

といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:95回0件のコメント

Kommentare


LAYUP_広告用画像.jpg
bottom of page