top of page
  • 執筆者の写真安藤琢朗(あんどうたくろう)

SEO記事とは?評価される記事の5つの特徴と作り方のポイントを徹底解説!

更新日:3月27日


SEO記事とは?評価される記事の5つの特徴と作り方のポイントを徹底解説!

SEOで記事を上位表示させることで、ユーザーの目に止まりやすくなり集客力や認知度アップにつながります。


しかし「記事内にキーワードを埋め込む」や「有益な情報を記載する」だけでは、上位表示できないこともあるため困っている方も多いのが現実です。


上位表示される可能性が高まるように、本記事ではSEOの概要や評価されやすい記事の特徴、SEOに強い記事を作るためのポイントなどを紹介します。




SEO記事とは?


SEO記事とは、SEO評価を高めて検索で上位表示させることを狙った記事です。SEOとは「検索エンジン最適化」の略称であり、Googleではユーザーの悩みを解決できるような有益性の高い記事を上位表示させています。


Google検索で上位表示されることで、特定のキーワードで検索したユーザーの目に止まる確率が高まるでしょう。記事へのアクセス数が増えやすくなるため、記事に掲載した自社商品の売り上げアップも狙えます。


SEOで評価されやすい記事の5つの特徴


SEO記事の作成に取り組んでいる方の中には「キーワードを埋め込んでいるのに上位表示されない」など、SEOで評価されずに困っている方もいるでしょう。


情報を羅列するような記事を書くだけでは、SEOで評価されません。ここでは、SEOで評価されやすい記事の5つの特徴を紹介します。


特徴1.コンテンツ評価が高い


ユーザーの悩みを解決できるコンテンツが提供されていると、SEOで評価されやすくなります。ユーザーが悩みを抱えて特定のキーワードで検索した際、閲覧した記事1つでユーザーの悩みを解決できるのが理想です。


情報量が適切で、ユーザーが知りたい情報が網羅されているとコンテンツ評価の質が高くなり、SEOで上位表示されやすくなります。


特徴2.適切な文字数で読みやすい


SEOで上位表示されるためには、適切な文字数に加えて読みやすさが重要です。ユーザーが求めている情報を網羅するのも重要ですが、文字数を多くするだけでは読みにくくなりユーザーの滞在時間は短くなります。


文字数を多くするのではなく、ユーザーの悩みを解決できる文字数で執筆しているのかが大切です。専門性の高い記事では文字数が多くなりやすいなど、キーワードやユーザーの悩みによって記事の文字数は変化します。


「ユーザーがどのような悩みを抱えているのか」を意識して、必要な文字数を執筆しましょう。次のページでは、SEOと文字数の関係について詳しく解説しています。


参考:【2023年版】SEOと文字数の関係とは?タイトルやメタ情報における文字数の目安を徹底解説!


特徴3.被リンク評価が高い


関連性の高い記事から、被リンクを受けていると被リンク評価が高いと判断されやすいです。他のサイトから自分のサイトへ向けられたリンクを被リンクと呼びます。


被リンク評価を高めるには、上位表示されている質の高い記事から被リンクを受けることが必要です。もし、被リンクをたくさん受けているのに上位表示されない場合は、質の低い記事から被リンクが集まっている可能性があります。


被リンクを受けている数も重要ですが、質の高い記事からの被リンクがより評価されやすいです。関連性の高い記事からの被リンクを受けて、上位表示を目指しましょう。


特徴4.Googleガイドラインに準じたコーディングを行っている


SEOで評価されるには、Googleガイドラインに準じたコーティングを行う必要があります。特に以下のタグは、Googleガイドラインに準じたコーティングを行いましょう。

  • ​タイトル

  • 見出し

  • 内部リンク

  • 構造化データ

  • メタディスクリプション

いくら情報を網羅した質の高い記事を執筆していても、Googleガイドラインに準じたコーディングを行っていない場合、正しい評価を受けられない可能性があります。SEOで正しく評価されるように、Googleガイドラインに準じたコーディングを行いましょう。


参考:Google 検索の基本事項(旧ウェブマスター向けガイドライン)


特徴5.既存記事をリライトしている


既存記事は、一度投稿した後にリライトすることでSEO評価が高くなる可能性があります。質の高い記事を執筆したと思っても、上位表示されず売り上げに繋がらない場合もあるでしょう。


投稿した記事は放置せず、最新情報に更新することや情報を追加することが求められます。SEO記事は、ユーザーの閲覧数が具体的な数値として現れるのが特徴です。


数値を元に必要な情報の追記など、リライトを繰り返すことでユーザー満足度の高い記事になります。SEO記事が上位表示されない場合は、リライトを検討してみてください。



SEOで評価されにくい記事の5つの特徴


SEOで評価されにくい記事は、有益性が低いと判断されているためユーザーからのアクセスを獲得できません。ここでは、SEOで評価されにくい記事の特徴を5つ紹介します。


特徴1.タイトルと記事の内容が一致していない


タイトルと記事の内容が一致していない記事は、SEOで評価されにくい傾向にあります。


ユーザーは、なんらかの悩みを解決するために特定のキーワードで検索を行います。ユーザーがタイトルに惹かれて記事を開いても、タイトル内容と記事が一致していないとすぐにページを閉じてしまうでしょう。


アクセス数を稼げないため、SEOで評価されにくくなり上位表示されなくなります。滞在時間を長くするためにもタイトルと内容が一致する記事を執筆してみてください。


特徴2.ピックアップしている情報が古い


ピックアップしている情報が古いと、有益性が低いため上位表示されにくいです。SEO記事で紹介しているサービスや情報の料金や内容は、定期的に変更されることがあるでしょう。


過去の情報をそのままにしていると、ユーザーが記事を開いた時に混乱してしまい悩みを解決することができません。ユーザーに混乱を与えず正しい情報を適用するには、最新の情報をピックアップする必要があります。


すでに、SEO記事で紹介したサービスや情報に変更があった場合は必要に応じてリライトして、最新情報に更新しましょう。最新情報に更新することで、ユーザーから信頼を獲得できGoogleからの評価も高まります。


特徴3.ユーザーの求める情報が掲載されていない


ユーザーの求める情報が掲載されていないと、SEOで上位表示されにくくなり閲覧数も増えません。魅力的なタイトルでユーザーの興味を引いたとしても、本文の内容が薄かったり求める情報が記載されていない記事も存在します。


求める情報が記載されていないと、ユーザーの悩みを解決できないため閲覧数は増えにくいです。ユーザーのニーズや他の記事を徹底的にリサーチして、ユーザーの悩みを解消できる内容を記載しましょう。


特徴4.ページの表示速度が遅い


ページの表示速度が遅いと、SEOで評価されにくくなります。気になる記事をクリックした時、ページの表示速度が早いとストレスなく読み進められるでしょう。一方ページの表示速度が遅いと、内容を見ることなく閉じてしまうユーザーもいます。


SEO記事の内容は良くても、ユーザーに読まれなくては意味がありません。ユーザーの閲覧数や滞在時間を長くするには、ページの表示速度を速くしましょう。


特徴5.ページの構成がテキストのみ


ページの構成がテキストのみだと、読みづらいと判断され上位表示されにくくなります。画像や図、参考URLが埋め込まれているとよりユーザーに情報が伝わりやすく、読んでいて飽きないページになります。


テキストのみのSEO記事を執筆していた方は、ユーザーが読みやすくなるように画像や図を使ってGoogleから評価も高めましょう。



SEOに強い記事を作るための4つのポイント


ポイントを知らずにただ作業的にSEO記事を執筆しても、上位表示されないため集客や認知度アップにつなげることはできません。ここでは、SEO記事に強い記事を作るための4つのポイントを紹介します。


ポイント1.検索ユーザーのニーズに沿うキーワードを選ぶ


SEOに強い記事を作るには、検索ユーザーのニーズに沿ったキーワードを選びましょう。上位表示するには、検索ユーザーのニーズに沿った内容になっているかが最も重要です。


根拠の裏付けとして、Googleが掲げる10の事実では「ユーザー焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」と記載がされており、検索に対するGoogleの方針では「関連性と信頼性が最も高い情報を提供する」との記載があります。


SEO記事を執筆する際は、検索ユーザーがどのようなニーズを抱えているのかを明確にした後に、キーワードを選ぶことでSEOに強い記事を執筆できるでしょう。次のページでは、キーワード選定を実施する際のポイントや選定手順、無料で使えるツールを解説しています。


参考:【初心者向け】キーワード選定のやり方って?基本からおすすめツールまで徹底解説


ポイント2.読みやすい記事の構成を組み立てる


キーワードに加えて、記事の読みやすさもSEOの上位表示と深く関係しています。例えば、テキストのみの構成で誤字脱字も多いとユーザーは読みにくいと感じる可能性が高いです。読みにくいと感じると、ユーザーはストレスを感じやすく内容も頭に入りにくくなるでしょう。


結果として、滞在時間は短くなり離脱率も高くなるためGoogleの評価は下がります。読みやすい記事の構成を組み立てるには、以下のポイントに注意してみてください。

  • ​正しい日本語を使用している

  • 正しい位置で改行されているか

  • 誤字脱字がない

  • 画像や図を使っているか

どのような記事が読みやすいか日頃から研究し、ユーザー視点になって構成を組み立てましょう。


ポイント3.専門性の高いオリジナルコンテンツを入れる


競合記事と差をつけるためには、専門性の高いオリジナルコンテンツを入れる必要があります。競合記事と似た内容を記載しただけでは、Googleの評価は上がりづらいです。競合記事と差をつけるために、他社にはない自社の強みに注目しましょう。


自社の強みを活かした内容を、専門性の高いオリジナルコンテンツとして入れることで競合記事にはない独自性の高い記事に進化します。オリジナルコンテンツを入れるために、どのような点が自社の強みか明確にしてみてください。


ポイント4.既存記事を定期的にリライトする


記事の新規作成に加えて、既存記事を定期的にリライトも重要です。SEO記事では「投稿した記事が上位表示されていない」「一度は上位表示されたが順位が下がってしまった」ということが起こりやすいです。


一度投稿した記事を、ユーザーのニーズに沿って内容をリライトすると上位表示されることも十分ありえます。投稿した記事は放置するのではなく、定期的にリライトして上位表示を目指しましょう。



SEO記事を作成する際の3つの注意点


Googleから高い評価を得て上位表示させるには、いくつかのポイントに注意しながら執筆しましょう。ここでは、SEO記事を作成する上での注意点を3つ紹介します。


1.他サイトと重複しているコンテンツ内容は省く


他サイトと重複しているコンテンツ内容は省きましょう。他サイトと同じコンテンツを執筆しても、ユーザーの役には立ちにくいためGoogleの評価は下がりやすくなります。


SEO記事を作成する際は、他サイトと似た内容でも「よりわかりやすい文章で執筆する」「オリジナリティのある構成にする」などの方法で、差をつけましょう。


2.キーワードを不自然に盛り込まない


キーワードは不自然に盛り込まないようにしましょう。上位表示を狙うためにキーワードを不自然に盛り込んだり、使いすぎるとユーザーが読みにくい文章になります。


キーワードは適切な数を盛り込み、ユーザーに伝わりやすい記事を作成してみてください。


3.適切な文字数ではない構成をしない


適切な文字数ではない構成を組まないよう意識しましょう。文章量が多いページは、情報が詰まっているように見えやすいです。しかし、文章が長いだけで上位表示されるわけではありません。


上位表示されるには、適切な文字数でユーザーが求めているかが重要です。適切な文字数でニーズの高い情報が詰まったSEO記事を作成してみてください。



まとめ


SEO記事を作成し上位表示させるには、ユーザーに必要な情報が詰まっているかが重要です。ユーザーの悩みを解消できるように、徹底したリサーチに基づいてキーワードを選び、画像や図を使用した伝わりやすい文章を作成しましょう。


本記事を参考に、SEO記事を上位表示させて集客力や認知度アップにつなげてください。弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。

  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない

といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。





閲覧数:65回0件のコメント
bottom of page