top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

一次情報とは?二次情報との違いや特徴、一次情報の集め方まで徹底解説!


一次情報とは?二次情報との違いや特徴、一次情報の集め方まで徹底解説!

一次情報と二次情報の違いがわからなければ、記事の品質を高めることはできません。


この記事では、記事作成時に必要となる情報源の種類と特性、効果的に使い分ける方法について詳しく解説します。高品質な記事を制作したい方は、ぜひ参考にしてみてください。





一次情報・二次情報とは?


一次情報・二次情報について解説します。

  • ​一次情報

  • 二次情報

一次情報


一次情報は、個人の直接的な経験や観察、独自の調査や研究から得られる情報です。


この情報は、自らの体験や実験結果に基づいているため、信頼性が高く、独自性が高いといえます。


例えば、新商品の体験レビューや科学的研究の発見などが挙げられます。ビジネスや学術分野で特に重要とされ、独自の洞察を提供することが可能です。


二次情報


二次情報は、他人の一次情報や公開されたデータを基に作成された情報です。


例えば、ニュース記事、研究論文のレビュー、他人の体験談に基づく報告などがこれにあたります。


これらの情報は広く共有されることが多いため、情報の出典を明確にすることが重要です。特に学術研究や報道では、信頼性の高い情報源からの正確な引用が求められます。


三次情報もある


三次情報は、一次情報や二次情報を元にしてさらに加工された情報です。そのため、信頼性が低いものとして扱われる傾向にあります。


例としては、又聞きの情報やネット上で拡散される噂話などです。


これらの情報は、原情報の真偽が不明瞭であり、誤解や誤った解釈を含む場合が多いため、使用する場合には注意しなければなりません。


また、公式的な情報発信や学術研究においては、信頼性の高い一次情報や二次情報の利用を推奨します。



一次情報・二次情報の特徴


一次情報・二次情報の特徴を利点と課題点に分けて解説します。

一次情報の利点


一次情報は、自分が直接体験や調査から得たオリジナルの情報を指し、その信頼性が非常に高いことが特徴です。研究やプロジェクトに合わせて情報を収集し、独自の洞察を得られます。


また、ほかの情報との差別化が可能であり、希少性が高く評価されやすい傾向にあります。


さらに、SEO対策においても、オリジナルコンテンツは検索エンジンでの上位表示されやすいことが特徴です。


一次情報の課題点


一次情報の収集には、実験や調査が必要であり、これに伴うコストや時間が大きな課題です。


予算や専門知識が限られている場合、サンプル数や信頼性の制約が生じやすいことにも注意が必要です。


また、大規模なプロジェクトでは人手も必要となり、一次情報収集の難しさが顕著となります。全体像の把握には二次情報の活用も検討すべきです。


二次情報の利点


二次情報は、取得・収集の容易さが最大の利点です。インターネットや紙媒体などあらゆるソースから手軽に情報を得られます。


費用や時間を節約し、広範囲の情報を迅速に集めることが可能です。特に多くの情報を比較検討する際には二次情報が有効となり、比較的短時間で広範な情報を得られる点が優れています。


二次情報の課題点


二次情報は取得が容易である反面、希少性が低く、情報源の信頼性に疑問が生じやすいことが課題です。


内容の改変やバイアスが加わっている可能性があり、他人との差別化が図れないことについても劣ります。


また、情報の鮮度が古くなることも課題で、特に変化の早い分野では最新の情報を得るためにはアップデートが必要です。


そのため、二次情報の信頼度を自身で慎重に評価したうえで、利用しなければなりません。



一次情報の集め方


一次情報の集め方には、以下の5つが挙げられます。

  1. ​アンケート調査

  2. 行動の観察

  3. 行動データ

  4. 実験

  5. フォーカス・グループ

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.アンケート調査


アンケート調査は、消費者や対象者の直接的な意見や感想を収集する方法です。調査方法には、選択式や自由回答式などさまざまな質問形式を用いて、個別の反応や考えを明らかにします。


これにより、顧客のニーズや嗜好、製品やサービスに対する具体的な評価を得られ、製品開発やマーケティング戦略の策定に役立てることが可能です。


2.行動の観察


行動観察は、対象者の自然な行動を観察することによって、リアルな顧客体験や行動パターンを把握する方法です。


たとえば、店舗での顧客の行動や製品への反応を観察することにより、購入決定の背景や特定のニーズに対しての理解を深められます。


そのため、この方法は製品やサービスの改善点を見つけるのに有効な調査手法です。


3.行動データ


オンラインビジネスにおいて、顧客の行動データは貴重な情報源です。


具体的には購入履歴やウェブサイトでの滞在時間、ページ閲覧数などのデータを分析することで、顧客の行動傾向や好みを把握できます。


これらの情報を活用することによって、効果的なセグメンテーションやターゲティングが可能になり、マーケティング戦略の精度を高めることが可能です。


4.実験


実験は、特定の条件下での変数の効果をテストすることによって、信頼性の高いデータを収集します。


たとえば、ABテストのような実験では、異なる変数を持つバージョンや事例を収集・比較し、どちらがより効果的かを判断可能です。


これにより、製品開発やマーケティング施策の計画・最適化に役立つ貴重な洞察を得られます。


5.フォーカス・グループ


フォーカス・グループは、特定のトピックについて深い洞察を得るために、選ばれた少数の参加者を対象として行われる調査方法です。


グループ内の相互作用を通じて、通常では明らかにされないような参加者の本音や潜在的なニーズを引き出せます。


この手法は、新しいアイデアの創出や問題解決のための洞察を得るのに効果的です。



一次情報でよくある3つの質問


一次情報に関するよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • ​質問1.一次情報の正誤を把握するには?

  • 質問2.一次情報・二次情報とビジネスの関係性は?

  • 質問3.一次情報と二次情報の適切な使い分けは?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


質問1.一次情報の正誤を把握するには?


一次情報の信頼性を評価するには、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • ​情報提供者が誰であるかを確認する

  • 情報に根拠があるかを確認する

  • 画像が使い回されていないかを確認する

公的機関や専門家の情報であれば信頼度は高まりますが、個人の投稿やスパムアカウントの可能性がないかを確認します。


また、情報源の適切性を評価し、画像が使い回されていないかを画像検索ツールで調べることも情報の正誤を把握するために有効です。


質問2.一次情報・二次情報とビジネスの関係性は?


ビジネスにおいて、一次情報と二次情報はマーケティング戦略の構築において重要な役割を果たします。


たとえば、自社商品の市場シェアをエリア別に調査する際、まず人口統計などの二次情報を使用して調査フレームを決定し、その後一次情報として独自のマーケティングリサーチを実施します。


得られた一次データを二次データと組み合わせることで、より精度の高い市場規模の推計や競合分析が可能です。


質問3.一次情報と二次情報の適切な使い分けは?


一次情報の適切な使用例として、価格.comの口コミサイトがあります。


ここでは独自に集められた口コミが掲載されており、情報の希少性と信頼性が重視されています。


これに対し、二次情報は求人掲載サイトIndeedやニュース集約サイトNewsPicksなどです。


Indeedでは直接記入された案件(一次情報)と他サイトからの引用案件(二次情報)が混在し、NewsPicksは他メディアのニュースを集約することで幅広い情報を提供しています。


これらは、多様な情報を提供することが重要視される場面での二次情報の適切な使用例です。



まとめ


一次情報と二次情報の違いやそれぞれの特徴、よくある質問に関することを解説しました。


それぞれの特徴を理解し、適切に活用することで記事の品質とコストのバランスを取れます。


高品質かつコストを抑えた作成を目指すには、信頼性の高い一次情報の確保と広範囲な視野を提供する二次情報を活用することが重要です。


ぜひ、この記事を参考にして費用対効果の高い記事作成を目指してみてください。


なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。


岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。




閲覧数:59回0件のコメント
bottom of page