top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【SEO対策】ピラーページとは?導入するメリットや作り方、効果を高めるコツを徹底解説!


【SEO対策】ピラーページとは?導入するメリットや作り方、効果を高めるコツを徹底解説!

「ピラーページがSEOに有効って聞いたけど、どうすればいいの?」と悩んでいるSEO担当者の方は少なくありません。


この記事では、ピラーページの基礎知識から導入するメリット、作り方や効果を高めるコツを解説しています。有効的なSEO対策を探している方は、ぜひ参考にしてください。⇒レイアップに相談する(無料)


監修者
執筆

ピラーページとは?


引用:HubSpot


ピラーページは、Webサイトの主要な情報をテーマごとにまとめた基幹ページです。ユーザーや検索エンジンに対して、わかりやすいサイト構造を作るために役立ちます。


特定のトピックに関する複数のコンテンツをまとめて、それぞれの具体的な内容を掘り下げる「クラスターページ」へリンクを貼ることで、情報の集中管理ができます。


たとえば、「炊飯器」をテーマにしたピラーページでは、「メーカー」「価格」「加熱方式」といったカテゴリーに関する概要を掲載してください。そして、詳細を求めるユーザーを特定のクラスターページへ誘導します。


ピラーページとクラスターページが相互にリンクされたこの構造は「トピッククラスター」と呼ばれます。


サイトのコンテンツを体系的に整理し、ユーザーが情報を容易に探し出せるようにするのがメリットです。


ピラーページが重要とされる理由


ピラーページの重要性は、ユーザーの検索行動の変化と情報過多の現代に起因しています。


音声検索の登場により、検索クエリはより長く、会話型になり、複数のニーズを含む傾向が強まりました。


この変化に対応し、同じトピックに関する情報をひとつのページで統合しているのがピラーページです。


インターネット上には膨大な情報があふれています。


その中で、このような構造はユーザーにとっても検索エンジンにとっても理解しやすく、ユーザーのニーズに応える質の高いコンテンツとして評価されやすいというのが、ピラーページが重要な理由です。


ピラーページを導入するメリットは3つ


ピラーページを導入するメリットには、以下の3つが挙げられます。

  • 回遊率が向上する

  • 幅広いユーザーニーズに対応できる

  • 内部リンクが強化される

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.回遊率が向上する


ピラーページは関連するトピックを集約し、ユーザーにとって有益な情報を提供することで、Webサイトの回遊率を大幅に向上させる効果があります。


この構造は、ユーザーが容易に必要な情報を見つけ、関連するコンテンツへスムーズに移動できるように設計されています。


結果としてユーザーの滞在時間が長くなり、ページビューが増加するという構造です。


また、透明性の高いサイト構造は検索エンジンによるサイトの評価にも有利になります。クローラーが内容を理解しやすくなるため、検索エンジン最適化(SEO)の観点からも非常に有効です。


ユーザー・検索エンジン双方に理解しやすいサイト構造は、サイト全体の評価向上につながります。


2.幅広いユーザーニーズに対応できる


ピラーページの導入により、Webサイトは多様なユーザーのニーズに対応できるようになります。


このページは、トピックに関連するさまざまな情報を集約し、ユーザーが求める特定の内容へ直接アクセスしやすくなるため、情報の検索と発見のプロセスが大幅に効率化されます。


しかし、現代の検索傾向においては、ユーザーは長い検索クエリや会話型のクエリを使うことが増えており、このような複雑なニーズに対応するのは検索エンジンにとっても一筋縄ではいきません。


ピラーページは、この問題に対応するための効果的なソリューションを提供します。


3.内部リンクが強化される


ピラーページを用いることは、内部リンクの充実と強化に大きく寄与します。


これはSEOにおいて重要な要素であり、ピラーページ上に集約された関連するWebページへの内部リンクは、それぞれのリンク先ページの評価を向上させる可能性を秘めています。


これはピラーページ自体が、トピックに関連する多数のWebページをつなぐ中心的役割を果たすためです。


各サブトピックのコンテンツに向けて内部リンクを豊富に設置することにより、Webサイト全体の内部リンクのネットワークが強化され、結果としてSEOの効果を高められます。


ピラーページの作り方は4ステップ


ピラーページの作り方は、以下の4ステップです。

  • ステップ1.トピックを選定する

  • ステップ2.構成を考える

  • ステップ3.ピラーページを執筆する

  • ステップ4.関連する内部リンクを設置する

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


ステップ1.トピックを選定する


ピラーページ制作の第一歩は、明確なトピックの選定です。この選定過程では、検索頻度の高いキーワードや、ユーザーの疑問やニーズに基づいてトピックを決定します。


たとえば、「○○の使い方ガイド」のように具体的なニーズに応えるトピックも有効です。トピック選定の際の重要なポイントは、テーマの範囲を適切に設定することです。


あまりに広範なテーマではなく、「Webマーケティング」「コンテンツマーケティング」など、特定の領域に焦点を当てたトピックを選ぶことで、関連するWebページを有効に内部リンクで結びつけられます。


また、サイト内ですでに高いPVを記録しているトピックから着手することで、ピラーページの効果をより早く、明確に見ることが可能です。


ステップ2.構成を考える


トピック選定後は、ピラーページの具体的な構成に着手します。構成はページの設計図に相当し、重要な要素を事前に定めることが大切です。具体的には以下の内容を決定してください。

  • ページに含まれるタイトル

  • 導入部

  • 各見出し

  • 本文の内容

  • 各セクションに設置する内部リンクの位置

上記内容を決定すれば、ピラーページの全体構造を明確にし、内容の執筆を効率的に進められます。


たとえば、「Webマーケティング」をトピックにしたピラーページでは、「広告マーケティング」を大見出しとし、「リスティング広告」「アフィリエイト広告」を中見出しとするなど、関連性の高いテーマで整理し、各セクションに適切な内容と関連ページへのリンクを配置します。


ステップ3.ピラーページを執筆する


ピラーページの執筆にあたっては、Web媒体への掲載とオーガニック検索からのアクセスを目指すという目的を常に意識することが重要です。


ピラーページは、トピックについての包括的な概要を提供しつつ、より詳細な内容に関してはクラスターページへ誘導する役割を担います。


そのため、主要なポイントを押さえつつ、全体像を把握しやすいように、簡潔かつ明確に情報を提示することが求められます。


ピラーページは「浅く広い」内容であり、読者がテーマ全体を俯瞰できるように構成するのが必要です。


詳細な情報はクラスターページに委ね、ピラーページでは各トピックの概要と重要な結論を紹介する程度に留めることが、効果的なピラーページ作成の鍵となります。


ステップ4.関連する内部リンクを設置する


ピラーページには、関連するWebページへの内部リンクを適切に設置することが欠かせません。


内部リンクは、ピラーページの本文を読み終えたユーザーがさらに深く情報を求める際に、スムーズに関連ページへ誘導することが目的です。


具体的な詳細情報については、本文下部に設置した内部リンクを通じてクラスターページで提供します。


たとえば、「Webマーケティング」のピラーページに「アフィリエイト広告」の見出しを設ける場合、その概要を述べた後、更なる詳細を求めるユーザーへ向けて、以下のようなテーマに関連する内部リンクを配置してください。

  • アフィリエイト広告とは?

  • アフィリエイト広告のメリットやデメリット

  • アフィリエイト広告運用のコツ

これらの内部リンクは、遷移先でどんな情報が提供されるのかがユーザーにとって明確になるようなアンカーテキストで表現します。


リンクのデザインは、ピラーページの構成やユーザビリティに合わせて選んでください。


ピラーページのSEO効果を高めるコツは4つ


ピラーページのSEO効果を高めるコツには、以下の4つが挙げられます。

  • コツ1.titleタグやhタグに関連キーワードを入れる

  • コツ2.定期的にリライトする

  • コツ3.トピックの網羅性を高める

  • コツ4.被リンクを集める

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


コツ1.titleタグやhタグに関連キーワードを入れる


ピラーページの「titleタグ」と「hタグ」には、Googleがサイトの専門性を判断し、検索順位を決める上で重要なキーワードを配置することが重要です。


これらのタグに適切なキーワードを含めることで、検索結果でのクリック率向上にもつながります。


しかし、キーワードのカニバリゼーションには注意が必要です。


たとえば、「SEOとは?」をテーマにしたピラーページとクラスターページがある場合、タイトルの表現を変えることで、キーワードの重複を防ぎ、それぞれのページが独立して検索結果に表示されるよう配慮してください。


具体的には、「SEOとは?対策方法と上位表示の仕組みを分かりやすく解説」や「SEO対策のメリット・デメリットを解説!対策する際の注意点にも」といった表現を用いることが推奨されます。


キーワード選定のやり方については、こちらの記事で詳しく解説しています。



コツ2.定期的にリライトする


ピラーページは、大きなキーワードを扱っているため競争が激しく、簡単に検索順位を上げることは難しくなります。


このため、検索順位が思うように上がらないときは、記事の質を高めるためのリライトが必要です。


検索ユーザーのニーズは変化するため、定期的に記事を見直し、最新の検索意図に沿った内容に更新することが重要です。


また、クラスターページの内容変更や新規追加があった際は、それに合わせてピラーページも更新してください。


関連するページへの内部リンクを整備することで、より包括的な情報提供が可能になり、ユーザー満足度の向上とSEO評価の向上が期待できます。


コツ3.トピックの網羅性を高める


ピラーページ作成時はトピックの網羅性に注目し、ユーザーの多様なニーズに応える内容を提供することが重要です。


これには、大きな検索ボリュームを持つトピックからマイナーなものまで、幅広い関連コンテンツを内部リンクとして組み込むことが含まれます。


トピックに関するあらゆる疑問やニーズを事前にリサーチし、ピラーページに反映させることで、ユーザーが求める包括的な情報を提供できます。


コツ4.被リンクを集める


ピラーページの評価向上には、質の高い被リンクの獲得が欠かせません。これにより、検索順位を向上させられます。被リンクを獲得するためには以下の方法が有効です。

  • SNSでコンテンツを共有する

  • まとめサイトへの登録

  • 関連性の高いサイトへの記事寄稿

  • リンク切れのあるサイトへの連絡

被リンクの質は量と同じくらい重要です。自サイトに関連性が高く、信頼できるサイトからのリンクを集めることが推奨されます。低品質なリンクは適切に否認し、サイトの評価を守ることも大切です。


被リンク獲得の代行会社については、こちらの記事で詳しく解説しています。



ピラーページでよくある3つの質問


ピラーページでよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • 質問1.トピッククラスターとは?

  • 質問2.ピラーページはいつ作成すると効果的?

  • 質問3.ピラーページを作成する際の注意点は?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


質問1.トピッククラスターとは?


トピッククラスターとは、ピラーページを中心にその周りをサポートするクラスターコンテンツとリンクで結ぶ構造のことです。


この構造は、メインのトピックとサブトピックを明確にし、ユーザーが基本的な情報から詳細な情報へスムーズにアクセスできるように設計されています。


たとえば「開業」をメイントピックとした場合、「開業 成功事例」や「開業 方法」などがサブトピックです。


サイトが成長し、コンテンツが増えるにつれてサイト構造が複雑になることを防ぎ、ユーザーにも検索エンジンにも理解しやすい構造を提供します。


トピッククラスターについては、こちらの記事で詳しく解説しています。



質問2.ピラーページはいつ作成すると効果的?


ピラーページは、Webサイトに十分な数のWebページがある場合に効果的です。


その理由は、ピラーページの主なメリットが「関連するWebページを集約し、ユーザーの多様なニーズに対応すること」にあるからです。


Webページがまだ少ない段階では、内部リンクが少なく、ユーザーにとってのメリットが限られる可能性があります。


Webサイト内に十分なコンテンツが蓄積され、各トピックについて多角的な視点からの情報を提供できる段階でピラーページの作成を検討してください。


実際に着手する前には、トピックを整理し、関連する内部リンクの数を確認することが重要です。


質問3.ピラーページを作成する際の注意点は?


ピラーページの作成にあたって、単にクラスターページへの内部リンクを羅列するだけでは目次ページと化し、ユーザーの検索意図に応えられない低品質なコンテンツになってしまう恐れがあります。


これは、ビッグキーワードでの上位表示を目指すトピッククラスターモデルの効果を損なう結果につながります。


ピラーページは、トピックに関して総括的な内容を提供し、詳細な情報が必要な場合のみクラスターページへ誘導する構造にすることが肝心です。


内部リンクはあくまで補足的な役割を持つものとし、単なるナビゲーションページとしての機能にとどめないよう留意することが重要です。


まとめ


ピラーページの基礎知識から導入するメリット、作り方や効果を高めるコツを解説しました。ピラーページは大量にあるトピックスの包括的な役割を備えています。


ピラーページが必要になった背景には、複数のニーズを含むユーザーの検索傾向と、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても理解しやすく、ユーザーのニーズに応える質の高いコンテンツが求められています。


SEOの効果も高いピラーページ作成の際には、ぜひこの記事を参考にしてみてください。なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)


監修者

閲覧数:18回0件のコメント
bottom of page