top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

meta description(メタディスクリプション)とは?SEO効果や書き方、文字数を徹底解説!


meta description(メタディスクリプション)とは?SEO効果や書き方、文字数を徹底解説!

meta descriptionは、SEO対策において直接的なランキング要因ではありませんが、その重要性は依然として高いとされています。


この記事では、meta descriptionが与えるSEO効果や検索エンジンにページ内容を効果的に伝える方法について詳しく解説します。


ウェブサイトの検索エンジン最適化を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。





meta description(メタ ディスクリプション)とは?


Meta description(メタディスクリプション)とは、ウェブページの要約を提供し、検索エンジンの検索結果ページ(SERP)に表示されるテキストです。


このテキストは、ユーザーがページの内容を簡単に理解し、クリックするかどうかを決定するのに役立ちます。


そのため、meta descriptionはウェブページのSEOとユーザーエクスペリエンスの両方に影響を与える重要な要素です。


meta descriptionによるSEO効果は2つ


meta descriptionによるSEO効果には、以下の2つが挙げられます。

  1. クリック率の向上が期待できる

  2. ページの内容を検索エンジンに伝える

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.クリック率の向上が期待できる


meta descriptionが適切な内容で記述されていると、検索結果におけるウェブページのクリック率が向上する可能性があります。


魅力的で記事にとって関連性の高いmeta descriptionは、ユーザーに対してコンテンツページの内容を効果的に伝え、サイトへの訪問を促すことが期待でき、クリック率を高めることが可能です。


2.ページの内容を検索エンジンに伝える


meta descriptionは、Googleなどの検索エンジンに対してページの主要な内容を要約し伝える役割を果たします。


これにより、検索エンジンはページの主題をより正確に理解し、関連する検索クエリに対して適切なコンテンツを提供できます。


そのため、コンテンツに書かれている内容を簡潔に記述することが重要です。



meta descriptionを書く際のポイントは4つ


 meta descriptionを書く際のポイントには、以下の4つが挙げられます。

  1. SEO対策キーワードを含める

  2. コンテンツ内容が分かる概要文を書く

  3. ユーザーがクリックしたくなるような内容にする

  4. 文字数を調整する

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.SEO対策キーワードを含める


meta descriptionには、ページの主要なSEO対策キーワードを含めることが重要です。


これによって、検索エンジンがページの内容を理解し、関連する検索クエリに対して適切にランク付けするのに役立ちます。


また、対策キーワードを無理に詰め込むのではなく、自然な日本語で読みやすい文章として盛り込むことが重要です。


SEO対策に役立つキーワードツールについては、以下の記事で詳しく解説しています。



2.コンテンツ内容が分かる概要文を書く


meta descriptionは、ページのコンテンツを端的に表す要約文であるべきです。


ユーザーが検索結果からページの主題を簡単に理解できるように、簡潔かつ明確に表現しなければなりません。


コンテンツ内容の概要を提供することによって、検索したキーワードの課題を解決したいユーザーがクリックする可能性が高まります。


3.ユーザーがクリックしたくなるような内容にする


meta descriptionを書く際、ユーザーがクリックしたくなるような内容を心がけることが重要です。


そのため、ユーザーがそのキーワードで検索した意図を考慮して、ページの内容を魅力的に表現することが求められます。


具体的には、興味を引く情報や疑問を解決するように示すことで、検索結果からのクリックを促すことが可能です。


4.文字数を調整する


meta descriptionの文字数は、検索結果ページへ効果的に表示するために重要な要素です。


一般的には、Googleなどの主要な検索エンジンでは、約155〜160文字が表示されます。


そのため、この文字数の範囲内で要点をまとめ、ページの内容を効果的に伝えるようにしなければなりません。


文字数が多すぎると切り取られてしまうため、簡潔かつ分かりやすいように記述することが重要です。



meta descriptionの設定方法


meta descriptionの設定方法には、以下の2つが挙げられます。

  • HTMLに記述する場合

  • WordPressを使用する場合

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


HTMLに記述する場合


HTMLにmeta descriptionを直接記述する場合、<head> タグ内に以下の形式で入力します。

 <meta name="description" content="ここにmeta descriptionを記述">

この記述は、ページの主要なコンテンツやキーワードを簡潔に表す必要があり、検索結果に表示されるため、ユーザーにとって魅力的な文言を選ぶことが重要です。


WordPressを使用する場合


WordPressを使用している場合、SEOプラグインを使用することでmeta descriptionの設定を簡単にできるようになります。


代表的なプラグインには「Yoast SEO」や「All in One SEO Pack」などがあります。利用することで、ページごとに独自のmeta descriptionを簡単に設定することが可能です。


これらのプラグインはインターフェースを通じて直感的に操作でき、SEO効果を最大化するためのガイドラインも提供しています。



meta descriptionを設定する際の注意点は3つ


meta descriptionを設定する際の注意点には、以下の3つが挙げられます。

  1. 同じmeta descriptionを使い回さない

  2. 正しい位置に記述する

  3. キーワードを詰め込み過ぎない

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.同じmeta descriptionを使い回さない


各ページには、固有のmeta descriptionを設定することが重要です。


全てのページで同じmeta descriptionを使い回すと、検索エンジンが各ページのコンテンツを正確に理解するのが難しくなります。


そのため、各ページのコンテンツに合わせたmeta descriptionを作成することによって、SEO効果を最大化することが可能です。


2.正しい位置に記述する


meta descriptionは、HTMLドキュメントの <head> タグ内に記述する必要があります。


この位置にmeta descriptionを配置することによって、検索エンジンがページの要約として適切に認識し、検索結果に表示することが可能です。


正しい位置に記述することは、meta descriptionの効果を最大限に発揮するために欠かせません。


3.キーワードを詰め込み過ぎない


meta descriptionにキーワードを適切に含めることは重要ですが、キーワードの詰め込み過ぎは避けるようにしてください。


キーワードを過剰に使用してしまうと、スパムとみなされるおそれがあり、検索エンジンの評価を下げる原因となることがあります。


そのため、自然かつ読みやすい文体でページの主要なトピックや内容を簡潔に伝えることを目指してみてください。



meta descriptionでよくある3つの質問


meta descriptionでよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • 質問1.meta descriptionの適切な内容とは?

  • 質問2.meta descriptionを設定しても反映されない場合は?

  • 質問3.meta descriptionに記号や絵文字などの「特殊文字」を入れてもいい?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


質問1.meta descriptionの適切な内容とは?


適切なmeta descriptionは、ウェブページのコンテンツを簡潔かつ魅力的に説明するものです。


そのため、主要となるキーワードを適切に含めながら、読者の関心を引き、ページへ訪れる動機を与えられるような内容を目指さなければなりません


meta descriptionを適切に記述するには、ユーザーの検索意図に応じて、ページの主題や価値を明確に伝えることが重要です。


質問2.meta descriptionを設定しても反映されない場合は?


meta descriptionが検索結果に反映されない場合、以下のような原因が考えられます。

  • 検索クエリに適していない

  • meta descriptionが長すぎる・ページの内容と乖離している

もしも、meta descriptionが反映されていない場合、コンテンツを精査し、内容に合うように修正することで反映されやすくなります。


質問3.meta descriptionに記号や絵文字などの「特殊文字」を入れてもいい?


meta descriptionに特殊文字や絵文字を使用することは可能ですが、慎重にしなければなりません。


これらの文字は、検索結果においてユーザーの注意を引くことはありますが、検索エンジンによって、ページの内容との整合性や過度な使用に注意することが重要です。


そのため、特殊文字を使用する場合は、ページのトーンやブランドに合わせて適切に調整してください。



まとめ


meta descriptionは、ウェブページのクリック率を向上させ、検索エンジンにページ内容を正確に伝えるために欠かせない要素です。


検索結果に応じた魅力的なテキストを通じて訪問者の注意を引き、ウェブサイトへの関心を高める役割があります。


ぜひ、この記事を参考にして、コンテンツに合ったmeta descriptionの最適化を目指してみてください。


なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。


岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。




閲覧数:7回0件のコメント
bottom of page