top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【最新版】リンクジュースとは?SEOにおける仕組みやPageRankとの関係を徹底解説!

更新日:4 日前


【最新版】リンクジュースとは?SEOにおける仕組みやPageRankとの関係を徹底解説!

リンクジュースは、SEOの効果を最大化するために必要な知識です。この記事では、リンクジュースの仕組みからPageRankとの関係、リンクジュースを増やす方法などを紹介します。


被リンクや発リンクでページ同士をつなぎ、Googleからの評価を高めるリンクジュースはSEO記事を上位に押し上げる可能性があります。SEO記事を運営している方はぜひ、参考にしてください。⇒レイアップに相談する(無料)




リンクジュースとは?


リンクジュースとは、検索エンジンから得られる評価を、液体のジュースに例えたものです。リンクジュースは、リンクを通じて各リンク先ページへと注がれるようなイメージだといえます。


リンク先ページは、リンクジュースを通じて高い評価を受ける可能性があり、「Google Page Rank」の向上が重要です。


具体的には、AからBへのリンクはドメインのパワーを引き渡す役割があります。また、引き渡されるパワーはリンク元のPageRanに基づきます。

リンクジュースの仕組み



SEO対策の目的は、Google検索結果で上位表示を目指すことです。検索順位はWebサイトの評価によって大きく左右されます。


Googleの評価軸に「被リンクが多いサイトを高品質と判断する」という要素があります。そのため、被リンクの増加はリンクジュースが増えることにつながり、Googleからの評価を高められるというわけです。


なお、リンクジュースの仕組みについてはSEOやコンテンツマーケティング、広告運用を中心として、

お客様のデジタルマーケティングをあらゆる角度から統合的に支援している「株式会社LANYさん」の動画がわかりやすいので参考にしてみてください。



リンクジュースとPageRankの関係


PageRankは、Googleが使用する順位決定の指標であり、リンクジュースの総和によって決まります。そのため、順位向上のためにはPageRankを高めなければいけません。


PageRankを向上するには、リンクジュースの集約が重要です。それには、被リンクを増やすことが密接に関係しています。しかし、Googleのスタンスとしてはリンクジュースに対しては否定的です。


PageRankとは?


PageRankとは、Googleにおける検索アルゴリズムの一部となり、Webサイトの重要度を数値化したものです。具体的には、被リンクの数と質でPageRankが決定されます。


数値は0〜10の11段階、高いほど価値が高いとされています。以前はGoogleツールバーで確認可能でしたが、2016年に廃止されました。しかし、PageRankの仕組みは現在も検索アルゴリズムに組み込まれています。


PageRankの計算式


PageRankは、以下の計算式によって算出可能です。

​P(A)=(1-d)+d{PR(T1)/C(T1)+...+PR(Tn)/C(Tn)

※ダンピングファクター(d)は一般に0.85とされる

PR(Tn)はページAにリンクを出しているページのPageRank、C(Tn)はリンク元ページの発リンク数を指します。


PageRankは「リンクジュース量」で計算され、対数スケールに基づきます。また、PageRankごとに必要なリンクジュース量は指数的に増加する仕組みです。


PageRankの決まり方は4つ

PageRankの決まり方には、以下の4つが挙げられます。

  1. ​アンカーテキストにキーワードが入っているリンク

  2. 推定クリック率が高いリンク

  3. 内部リンク

  4. nofollow属性

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.アンカーテキストにキーワードが入っているリンク


アンカーテキストにキーワードが入っているリンクは、PageRankへの寄与が高い傾向にあります。アンカーテキストにキーワードを含むことによって、リンク先ページのテーマを表しやすいことがその理由です。


以前は、アンカーテキストを多く含むだけで高順位を得られていました。しかし、キーワードを詰め込んだスパムが横行し、ペナルティが課されるようになったのです。


しかし、現在でもキーワードを含んだ被リンクが有効だとされています。


2.推定クリック率が高いリンク


PageRankへの影響要素としては、クリック率についても理解しておくとよいかもしれません。リンクジュースの量は、推定クリック率によって変動するとされています。


また、従来のランダムサーファーモデルからリーズナブルサーファーモデルへの移行したことによって、リンク重要度ごとにリンクジュースの配分が決定するとされています。


3.内部リンク


内部リンク構造は、SEO戦略を定めるうえで重要な要素です。被リンクからのリンクジュースをサイト内で循環させる役割があります。


現在では、トピッククラスターモデルの採用が増加しており、PageRankへの理解が内部リンクの戦略に影響を及ぼします。大規模データベース型サイトでは、パンくずリストを活用して階層構造を構築し、SEOパフォーマンス向上のために見直すことが重要です。


4.nofollow属性


PageRankとnofollow属性の関係性についても、理解しておくことが求められます。基本的にnofollowリンクはリンクジュースを渡しません。


しかし、外部サイトへのリンクにnofollowが多く用いられます。2019年には、nofollowの取り扱い方針がGoogleによって変更されました。


その中には、nofollowリンクもPageRankを渡す可能性があることが示唆されています。そのため、nofollowリンクの獲得も積極的にすべきだと考えられています。



リンクジュースを増やす4つの方法


リンクジュースを増やす方法には、以下の4つが挙げられます。

  1. ​高品質で専門性の高いWebサイトを作成する

  2. 外部サイトからの被リンクを獲得する

  3. 質の高い外部サイトへ発リンクをする

  4. 内部リンクを最適化する

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.高品質で専門性の高いWebサイトを作成する


被リンクを集めるためには、高品質・専門性の高いサイト作成が効果的です。とくに、優良サイトはリンクを受けやすく、SNSなどでも紹介されやすい傾向にあります。


また、サイト内のリンク設定は自然な被リンクを獲得するために欠かせません。そのため、ページやコンテンツのSEO対策はキーワード選びが重要な要素です。


さらに、Googleは関連性が深いサイトからの被リンクを評価することも忘れてはいけません。


2.外部サイトからの被リンクを獲得する


外部サイトからの被リンクを獲得するには、質の高いコンテンツを提供する必要があります。具体的には、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツが検索エンジンから評価を受けやすいとされています。


そのため、コンテンツが多くの人の目に止まればリンクジュースを増やすことが可能です。ユーザーに役立つコンテンツを数多く作成することにより、外部サイトからのリンク獲得を目指してください。


なお、次のページでは、おすすめの被リンク獲得代行会社を紹介しています。あわせて参考にしてみてください。



3.質の高い外部サイトへ発リンクをする


被リンク獲得だけでなく、質の高い外部サイトへの発リンクもリンクジュースを増やすのに有効です。発リンクはリンク先のページランク向上に貢献します。


また、外部サイトへのリンクは、被リンク獲得のきっかけにもなります。さらに、専門性が高いサイトと相互リンクを獲得することによって、自サイトの評価向上を見込むことが可能です。


4.内部リンクを最適化する


内部リンクを最適化することにより、リンクジュースのコントロールが可能です。まず、関係性の強いコンテンツ同士を内部リンクで結びます。


クラスターコンテンツ作成は、リンクジュース集めの基本的戦略です。また、内部リンクの最適化は検索エンジンのクローラーが巡回しやすいサイト作りにも役立ちます。内部リンクの最適化を図り、SEO対策を進めてみてください。


なお、次のページでは、外部対策との違いや施策の内容について解説しています。




リンクジュースでよくある5つの質問

リンクジュースに関してよくある質問には、以下の5つが挙げられます。

  • ​質問1.リンクジュースのジュースとは?

  • 質問2.PageRankは使われていないのでは?

  • 質問3.リンクジュースを渡さないためには外部リンクしない方が良い?

  • 質問4.nofollowタグとは?

  • 質問5.被リンクはたくさんあるほど効果的?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


質問1.リンクジュースのジュースとは?


リンクジュースは、Webページ間のリンクによって伝えられる価値を指す用語です。Webページから別のWebページへのリンクが権威性やドメインパワーを渡す概念だといえます。


"juice"は活力やエネルギー、金銭などの甘い汁を意味し、Webページが多くのページから被リンクを受けていることにより、多くのジュースを受け取っていると考えられています。


質問2.PageRankは使われていないのでは?

PageRankのアルゴリズムは、依然として使用されています。2016年にPageRankの表示がなくなったものの、廃止されてはいません。


つまり、サイト側からPageRankが見られなくなっただけで、そのアルゴリズム自体は活用されています。そのため、PageRankを高めることは上位表示を目指すうえで常用です。


質問3.リンクジュースを渡さないためには外部リンクしない方が良い?


外部リンクを設置しないのは、必ずしも適切な施策ではありません。ユーザーに役立つ優良サイトへのリンクは、積極的に設置すべきです。


また、外部サイトへのリンクが被リンクや相互リンクを獲得するきっかけとなる場合もあります。Googleは関連性のあるサイト間のリンクを評価し、ユーザーからの信頼獲得にもつながります。


そのため、リンクジュースやPageRank以外の範囲で起こる影響を考慮して、外部リンクを設置すべきです。


質問4.nofollowタグとは?


nofollowタグとは、リンク元とリンク先の関係を持たせないための設定です。リンク元からリンク先へとクローラーが移動することを防ぎます。


そのため、重要なページへはnofollowタグを設定しません。しかし、重要でない内部リンクにはnofollowタグを設置してリンクジュースを制限します。


また、タグを適切に使用することも重要です。たとえば、sponsoredタグは広告リンクに、ugcタグはユーザー生成コンテンツのリンクに使用します。


質問5.被リンクはたくさんあるほど効果的?


被リンク数を単純に増やすだけでは、SEO効果はありません。不自然な被リンクや相互リンクは、スパムリンクと見なされ無効化されるおそれがあります。


また、サイト内ページ間の過剰なリンクについてもペナルティの対象になるため、注意が必要です。

リンクを設定する際、ユーザーが求める情報となるかを意識することによって、検索エンジンへ適切なページのつながりだと認識されやすくなります。


なお、次のページでは、被リンクを依頼するステップからおすすめの代行会社まで解説しています。こちらも参考にしてみてください。




まとめ

リンクジュースについて解説しました。SEO対策における「リンクジュース」とは、単にリンクを集めるだけではありません。意識することによって、サイト全体の評価を高める効果があります。


PageRankのようなアルゴリズムにおける重要な要素となり、戦略的に取り組むことが求められます。ぜひ、この記事を参考にして、売上につながるトラフィック獲得を目指しましょう。


なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:47回0件のコメント

Comments


LAYUP_広告用画像.jpg
bottom of page