top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【SEO】キーワード選定のやり方は5ステップ|便利ツールや注意点、よくある質問まで徹底解説!

更新日:5月21日


【SEO】キーワード選定のやり方は5ステップ|便利ツールや注意点、よくある質問まで徹底解説!

SEO対策においてキーワード選定は重要なステップの1つです。キーワード選定で押さえるべきポイントや便利なツールの活用方法を理解して、効果的なキーワード選定を目指してください。


この記事では、キーワード選定がSEOにおいて重要な理由や押さえるべきポイント、キーワード選定のステップについて解説します。


また、おすすめの便利ツールや注意点についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。⇒レイアップに相談する(無料)




キーワード選定とは


キーワード選定とは、ターゲットとなるユーザーが検索しそうなキーワードを選び出し、そのキーワードを基にページやコンテンツのテーマを決定するプロセスです。


検索キーワードは読者の検索意図を反映しているため、その意図が理解できれば、読者の疑問や悩みを解決するコンテンツの提供が可能になります。


たとえば、「カレー 作り方 時短」と「カレー 作り方 本格的」というキーワードでは、読者の求める情報が大きく異なります。


前者は手軽さを求める人向け、後者は本格的なレシピを探している人向けです。


このようにキーワード選定によって、どのようなニーズを持った読者をブログに引き寄せたいのか明確にできれば、効果的なコンテンツの制作が実現します。


キーワード選定がSEOにおいて重要な理由


SEOにおけるキーワード選定は、サイトの可視性と検索エンジンのランキングを高めるために不可欠です。


適切なキーワードを選ぶことで、特定のターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツを作成し、検索エンジンによる評価を受けやすくなります。


このプロセスは、ユーザーの検索意図と関連性のあるトピックを特定し、検索結果ページでの高いランキングを獲得するための重要な基盤づくりです。


さらに、キーワード選定はサイトの内容を構造化し、検索エンジンがコンテンツの関連性を正確に把握する目安になります。



キーワード選定の前に押さえるべき4つのポイント


次に、キーワード選定の前に押さえるべきポイントを解説します。

  • サイトの目的を明確にする

  • ターゲット・ペルソナを設定する

  • スモールキーワードから狙う

  • ユーザーが検索しそうな言葉をキーワードに設定する

それぞれについて詳しくみていきましょう。


1.サイトの目的を明確にする


まず、キーワード選定の前に、サイトの目的を明確にしましょう。


たとえば、集客を目的とするコンテンツでは、ユーザーが抱える問題の解決策を提案し、そのなかで商品やサービスを紹介するアプローチが効果的です。


一方、コンバージョンを目指す場合は、製品のメリットや使い方を強調し、ユーザーの購入意欲を高める内容が求められます。


このように、サイトの目的に応じてコンテンツの方向性が決まるため、目的が不明確な場合、効果的なキーワード選定は困難です。


2.ターゲット・ペルソナを設定する


ターゲット設定は、性別や年齢、居住地などの属性による市場のセグメンテーションで、狙うユーザー層を明確にしたものです。


一方、ペルソナ設定では、名前や家族構成、趣味、悩みなど、より詳細なユーザー像を作り上げます。


このプロセスにより、具体的なニーズや行動パターンを予測しやすくなり、コンテンツの方向性を決定する際に役立ちます。


ペルソナ設定は、チーム内でのコンセプトの共有も容易となるため、一貫性のあるマーケティング戦略を実行する際に欠かせません。


このように、ターゲット・ペルソナの事前設定は、適切なキーワード選定と効果的なコンテンツ作成のためには不可欠であるといえます。


3.スモールキーワードから狙う


スモールキーワードは検索ボリュームが少ないものの、ユーザーの具体的な悩みに対応しているため、関連する記事への関心が高まります。


また、競合が少なく、上位ランキングを獲得しやすい特徴があります。


また、記事のなかで2語以上の複合ワードを用いることで、悩みをより明確に捉え、訴求力のあるコンテンツの作成が可能です。


一度スモールキーワードで安定した検索流入を確保した後、検索ボリュームが大きい「ビッグキーワード」へシフトするのがおすすめです。


この段階的なアプローチは、サイトの可視性を高め、SEO対策の成功につながります。


ビッグキーワード


ビッグキーワードは、検索ボリュームが10,000を超え、幅広い検索意図やニーズを含むキーワードです。


さらに、多くのユーザーに検索されているため、上位に表示されればサイトへの大量の流入やブランド認知の向上が期待できます。


しかし、ビッグキーワードは競争が激しく、上位表示には高い難易度が伴います。


また、ビッグキーワードは1つの単語からなる場合が多く、さまざまな意味を含むため、ユーザーの検索意図を的確に捉えるのは困難です。


したがって、ビッグキーワードを戦略的に取り入れる際には、そのポテンシャルと共にこれらの課題についても考慮しておきましょう。


スモールキーワード


スモールキーワードは、検索ボリュームが1,000以下で、特定の複数語句やニッチなワードで構成される場合が多いため、競合は少なく、上位表示が比較的容易です。


ただし、その検索ボリュームの小ささから、大量の流入を期待するのは難しいかもしれません。


しかし、スモールキーワードを検索するユーザーは特定のニーズを持っており、その意図が非常に明確です。そのため、コンバージョンにつながりやすいという大きなメリットがあります。


また、サイト内にスモールキーワードのコンテンツを充実させておくことで、ユーザーの滞在時間を増やす効果も期待できます。


4.ユーザーが検索しそうな言葉をキーワードに設定する


検索ユーザーの言語感覚を理解し、どのような言葉を使って情報を検索するのか把握するようにしましょう。


たとえば、梱包に使用する「気泡緩衝材」は、一般的な「プチプチ」をキーワードに選ぶと、より幅広いユーザーにリーチできます。


また、異なる言葉が検索結果に与える影響を考慮するため、サジェストキーワードのチェックも欠かせません。


同じ「方法」を表す言葉でも「やり方」、「進め方」、「手順」などの言葉は、検索エンジンによって異なる結果をもたらす可能性があります。


このように、効果的なSEO対策には、検索ユーザーの視点を踏まえたキーワード選定が不可欠です。



キーワード選定のやり方は5ステップ


次に、キーワード選定のやり方について解説します。

  • ステップ1:メインキーワードを考える

  • ステップ2:関連キーワードを洗い出す

  • ステップ3:キーワードからニーズを検討する

  • ステップ4:検索ボリュームや競合を調査する

  • ステップ5:対策キーワードを決定する

それぞれについて詳しくみていきましょう。


ステップ1:メインキーワードを考える


メインキーワードは、サイトのテーマやコンセプトに基づいて決定します。そのため、単ワード(ビッグキーワード)を選んで構いません。


もちろん、このように強いキーワードであっても、サジェストや関連キーワードを活用して、検索意図が異なる同ジャンルの記事を多数公開することによってサイトの専門性も高まります。


これにより、長期的には上位表示できる可能性もゼロではありません。


しかし、メインキーワードが不明確だと、サイトは雑記ブログのようになり、検索エンジンによる適切な評価が難しくなります。


したがって、メインキーワードの選定は、サイトの専門性を高め、明確な方向性を確立するためには不可欠です。


ステップ2:関連キーワードを洗い出す


キーワード選定において、関連キーワードの洗い出しは重要な作業です。


たとえば「コーヒー豆」というメインキーワードがある場合、その関連キーワードの抽出により、ユーザーの多様なニーズや検索意図が理解できます。


なお、関連キーワードの洗い出しには、SEOツールの利用が効果的です。これにより、さまざまな角度から「コーヒー豆」に関連するキーワードを素早く見つけ出せます。


ステップ3:キーワードからニーズを検討する


キーワードをニーズの特徴や属性ごとにグルーピングしましょう。たとえば、商品名や価格、機能、口コミ、ユーザーの悩みや課題、商品ジャンルなどに分類します。


この分類により、ターゲットやKPIの明確な設定が可能です。


キーワードを分類した後は、コンテンツで満たしたいニーズを検討します。その際に「想起度」と「行動意欲」を考慮してみてください。


想起度は、ユーザーが商品やサービスをどの程度認識しているかを示し、具体的な商品名やサービス名で検索しているユーザーは行動意欲が高いと考えられます。


一方、「家」「車」などのジャンル名で検索しているユーザーは、まだ具体的な認知が低く、直接の成果につながる可能性は低いといえます。


これらの「想起度」と「行動意欲」からキーワードを決めることが、成果を左右する重要なポイントです。


ステップ4:検索ボリュームや競合を調査する


Googleキーワードプランナーなどのツールを使用して、検索ボリュームを確認してみましょう。


検索ボリュームが高いキーワードは競争が激しいため、サイトが上位表示される可能性があるか慎重に評価する必要があります。


反対に、検索ボリュームが小さすぎると、十分なトラフィックの獲得が難しくなります。


また、競合サイトについても調査してください。実際にキーワードを検索し、上位表示されているサイトの分析により、どのような内容が好まれているか、何が不足しているか理解できます。


競合サイトの強みと弱みをそれぞれ把握し、自サイトの差別化ポイントを見つけましょう。


競合がSEO対策を実施していなければ上位表示のチャンスがありますが、逆に競合が強力なSEO対策を施している場合、自サイトも同等以上の対策が必要です。


ステップ5:対策キーワードを決定する


対策キーワードを決定する際は、既存ページとの関連性やサイトの将来的な拡張性なども考慮します。


キーワードの選定は一度きりの作業ではなく、継続的なプロセスです。


選定したキーワードがユーザーのニーズに合致しているか、狙ったターゲット層に届いているかを常に確認し、必要に応じて調整しましょう。


コンテンツの表示順位や成果の分析を通じて、キーワード選定とコンテンツの定期的な見直しが、効果的なSEO対策となります。



【無料】キーワード選定におすすめの便利ツール5選


次に、キーワード選定におすすめの便利ツールについて解説します。

  • ラッコキーワード

  • Googleキーワードプランナー

  • Googleトレンド

  • SEOチェキ!

  • Ubersuggest

それぞれについて詳しくみていきましょう。


1.ラッコキーワード

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、1つのキーワードから派生する関連(サジェスト)キーワードを取得してくれるツールです。


ユーザーは1日20回まで利用可能で、サジェストキーワードにおけるGoogle検索結果ページへ直接アクセスできます。


もし、20回以上の検索が必要であれば、無料のID登録によって回数制限がなくなります。


また、表示されたサジェストキーワードを一括でコピーする機能があり、「全キーワードコピー(重複除去)」機能を使ってExcelなどに貼り付け、一覧表として使用可能です。


さらに、「Q&Aを見る」というメニューを通じて、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」で選択したキーワード関連の質問や回答を確認できるため、キーワードに対するユーザーニーズの理解を深めるのにも役立ちます。


2.Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供する無料のツールで、本来はGoogle広告の利用者が検索ボリュームや入札単価を調べるために用いられていました。


しかし、一部機能は誰でも無料で利用でき、SEO対策に有効です。


特に「新しいキーワードを見つける」と「検索ボリュームと予測のデータを確認する」という2つの機能がSEO対策に役立ちます。


これらの機能を利用すれば、キーワードの候補や検索ボリューム、競合性などの調査が可能です。


ただし、広告を運用していないユーザーは、検索ボリュームが「10〜100」というようなおおよその数字でしか表示されないなど、いくつかの制限ある点に留意しなければなりません。


3.Googleトレンド

Googleトレンド

Googleトレンドは、Googleが提供する無料のツールで、Googleアカウントを持つユーザーなら誰でも利用可能です。


このツールを使用すると、特定のキーワードの検索回数や、検索数が急上昇しているトレンドワードを調査できます。


このツールは、更新頻度が高いため、常に最新のトレンド情報の把握が可能です。また、過去のトレンドデータも確認できるため、時系列に沿ったトレンドの変化を理解するのにも役立ちます。


さらに、地域や年齢層別のトレンドワード分析も可能で、特定の地域やターゲット層に最適なキーワード選定にも活用できます。


4.SEOチェキ!

SEOチェキ!

SEOチェキ!は、無料で利用できるツールで、特に競合サイトの簡易的な調査用途として最適です。


競合サイトの調査は目視でも可能ですが、ツールを活用すれば、より効率的な分析ができます。


特に、このツールを使用すると、競合サイトのインデックス数やTDK(タイトル、ディスクリプション、キーワード)、見出し、検索順位といった重要な情報を一目で確認できます。


より深い分析がしたい場合は有料のツールを使用する必要がありますが、基本的な競合分析やキーワード選定の段階であれば、SEOチェキ!を活用すると便利です。


5.Ubersuggest

Ubersuggest

参考:Ubersuggest


Ubersuggestは、キーワード選定に特化した無料のツールです。


このツールでは、キーワードの検索ボリュームだけでなく、競合の状況、季節性の変動、CPC(クリック単価)など、幅広い情報を一括で確認できます。


無料版でも基本的な機能は十分に利用できますが、有料プランを選択すると、自社のコンテンツ分析や順位チェックなど、より詳細な分析が可能です。


Ubersuggestは、初心者から上級者まで幅広いユーザーのキーワード選定を効率化します。



キーワード選定における2つの注意点


次に、キーワード選定における注意点について解説します。

  • キーワードの見直しや追加をする

  • 定期的に検索順位を確認する

それぞれについて詳しくみていきましょう。


1.キーワードの見直しや追加をする


公開後の記事は、予期しないキーワードで上位を獲得できる可能性があります。


また、より良いキーワードが見つかる場合も少なくありません。これらは実際に記事を公開してみてはじめてわかるケースがほとんどです。


複数のキーワードで上位を獲得できた場合、当初設定していたキーワードで記事を書く必要がなくなります。また、より良いキーワードが見つかった場合は、キーワードツリーの見直しが必要です。


キーワードの選定は、これらの状況を踏まえて、最低でも3ヶ月に一度は見直しましょう。


2.定期的に検索順位を確認する


記事を公開した後、特に最初は週に1回の頻度で検索順位をチェックし、次に取るべきアクションを明確にする必要があります。この継続的なモニタリングはSEO戦略の成功には欠かせません。


キーワード選定と同じで、コンテンツも一度作って終わりではありません。


検索順位のトレンドや傾向を分析し、必要に応じてリライトや新しいコンテンツの追加など、効果的な対策を実施しましょう。



キーワード選定のやり方でよくある3つの質問


最後に、キーワード選定のやり方でよくある質問について解説します。

  • 質問1.そもそもSEOとは?

  • 質問2.キーワードを入れる場所やコツは?

  • 質問3.SEOで成果を出すために必要な考え方は?

それぞれについて詳しくみていきましょう。


質問1.そもそもSEOとは?


SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジン最適化の略語で、ウェブサイトをGoogleやYahooなどの検索エンジンで上位に表示させるための施策です。


検索結果の順位は、複雑なアルゴリズムによって決まりますが、その評価要素は公開されていません。


しかし、過去の傾向から推測される要素を最適化することで、上位表示を目指すのがSEOの目的です。


たとえば、「サービス名 予約」や「商品名 値段」といったキーワードで検索するユーザーは、購買意欲が高いため、サイトへの流入が成果(CV/コンバージョン)につながりやすくなります。


SEOはこれらのキーワードや要素を最適化し、ウェブサイトの可視性を向上させる重要な戦略です。


なお、次のページでは、SEOの基礎から効果を出すための施策まで詳しく解説しています。あわせて参考にしてみてください。



質問2.キーワードを入れる場所やコツは?


キーワードをブログ記事内に入れる場所や方法については以下のとおりです。


  • 記事タイトル

キーワードをタイトルの冒頭に配置し、自然で読みやすい文章にする。検索結果に表示されるタイトルは通常30文字前後のため、キーワードを前半に入れるのが効果的といえる。


  • 見出し

H2タグにキーワードを配置するのがおすすめ。しかし、見出しにキーワードを過剰に詰め込んだり、不自然な見出しにならないように注意する。


  • メタディスクリプション

メタディスクリプションは検索結果に表示される説明文で、ブログ記事のクリック流入に影響する。キーワードを前半に配置し、文字数はPCで約120文字、スマホでは約80文字で記事の要約を簡潔にまとめる必要がある。


  • 本文

適切な見出し構成を作成すれば、キーワードは自然に記事内に配置される。ただし、公開前にメインキーワードだけでなく、サジェストキーワードや関連キーワード、再検索キーワード、共起語が含まれるか確認するのがおすすめ。


キーワードを適切な場所に配置することで、検索エンジンでの上位表示を目指しましょう。


なお、次のページでは、SEOライティングで意識すべきコツや書き方、注意点を解説しています。



質問3.SEOで成果を出すために必要な考え方は?


SEOで成果を出すためには、以下の基本的な考え方を理解しましょう。


  • 検索結果で1位の獲得が重要

上位表示はクリック率が高まり、サイトへのアクセスが増えるため、競争が激しいなかでも1位を目指す必要がある。


  • ユーザーの利便性を追求し続ける

ユーザーが求める情報や体験の提供が、検索エンジンでの評価につながる。


  • ユーザーの行動こそがすべて

検索エンジンのアルゴリズムはユーザーの行動を分析し、評価に影響を与える。ユーザーのニーズに合ったコンテンツを提供し、ユーザーの行動を促進する必要がある。



まとめ


この記事では、キーワード選定で押さえるべきポイントや選定のやり方、おすすめの便利ツールや選定時の注意点について解説しました。


SEO対策におけるキーワード選定は成果を大きく左右する重要な要素です。キーワード選定の際に押さえるべきポイントを正しく理解し、キーワード選びを成功させてください。


また、キーワード選定する際には、便利なツールの活用をおすすめします。ぜひ、この記事を参考に、効果的なキーワード選定を実現させてください。


なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:111回0件のコメント

Commentaires


LAYUP_広告用画像.jpg
bottom of page