top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【担当者必見】ECサイトの効果的なSEO対策14選|重要性や注意点、よくある質問まで徹底解説!

更新日:2023年11月30日



ECサイトのSEO対策は、売上を伸ばすために必要な施策です。ECサイト市場は今後もますます規模を増し、競合が増えていくことが予想されています。


あなたのECサイトの効果を最大限発揮するために、SEO対策に効果的な14の施策をご紹介します。


注意点や、よくある質問もまとめていますので、ECサイト運営者の方はぜひ参考にしてください。





ECサイトにSEO対策が必要な理由


昨今におけるEC市場の急速な成長を考えると、ECサイトのSEO対策は不可欠です。2019年のBtoCのEC市場規模は19兆3,609億円に達し、2011年から2倍に拡大しています。


EC市場では、ブランドの認知度を高めるには多様な戦略が必要です。しかし、広告は短期的な効果があるものの、コストが高く、効果も一時的です。そのため、長期的な集客戦略としてSEO対策が重要です。


検索結果での上位表示は、ユーザーの流入数を増加させられます。広告と異なり継続的なコストがかからず、自然検索での上位獲得が可能です。そのため、ECサイトのPV数増加と利益向上に大きく貢献します。




ECサイトの効果的なSEO対策14選

ECサイトの効果的なSEO対策を14選ご紹介します。それぞれに分けて解説しますので、詳しくみていきましょう。


1.ディレクトリ構造を最適化する


ディレクトリ構造の最適化は、ECサイトのSEO対策において重要です。この構造は、サイトのトップページとコンテンツページなどの階層のつながりを指します。


シンプルな構造は、サイト運営の容易さ、ユーザーの使いやすさ、そしてSEOの観点からクローラビリティの向上など、複数のメリットがあります。


適切に階層が分かれていると、各ディレクトリのテーマ性が高まってSEO効果も向上するため、最適化は必要な対策です。


2.重複コンテンツを改善する


ECサイト特有の問題である重複コンテンツは、商品のサイズや色によって異なるページを作成したり、複数の大手ECサイトに同じ商品を掲載したりすることで発生します。


発見された重複コンテンツに対しては、以下の対策が有効です。

  • ​サイズや色を1つのページに統合する

  • 内容をリライトして独自性を高める

  • canonical属性タグを用いてURLを正規化する

  • noindex,follow属性タグで表示を制限する

重複コンテンツの発見には「sujiko.jp」や「Googleサーチコンソール」が役立ちます。


3.販売終了ページを適切に対処する


ECサイトで商品やサービスが欠品や販売終了になることは一般的です。これを適切に扱わないと、検索結果に悪影響を及ぼし、ユーザーの不快感を引き起こす可能性があります。


小規模サイトでは、価値あるコンテンツは削除せず、代替品を紹介することでユーザーへの配慮を図るべきです。


一方で、大規模サイトでは、管理の大変さを考慮し、再入荷予定のない商品のページは削除し、404エラーを返すのが適切です。


また、「unavailable_afterタグ」の使用による有効期限の管理や、後継商品への301リダイレクトを設定することも有効になります。


重要なのは、訪問者に不快感を与えないようなサイト設計を心がけることです。


4.内部リンク構造を最適化する


内部リンクは、WEBサイト内の異なるコンテンツをつなぐリンクです。関連ページ、パンくずリスト、サイトナビゲーションなどです。


関連性の高いページ同士を効果的につなげることで、検索エンジンとユーザー双方にサイトの構造を明確に伝えられます。


このように内部リンクを適切に構築することは、サイトのユーザビリティ向上とSEO効果の最適化につながります。


サイト内での情報の流れをスムーズにし、ユーザーのサイト内での滞在時間やページ閲覧数を増やすことも可能です。


5.適切なキーワードを選定する


キーワード選定はSEO対策の中核をなす要素です。ECサイトの訪問者数を増加させるためには、ユーザーが頻繁に検索するキーワードを狙うことが重要です。


戦略としては、ロングテールキーワードを狙ってみてください。検索ボリュームは少ないものの、特定のニーズに細かくアプローチでき、「コンバージョン率の高さ」が特徴です。


また、競合が少ないキーワードの選定も重要で、競合が多いキーワードよりも上位表示を目指しやすくなります。


アクションが見込めるキーワードの選定は、ECサイトの目標達成に直結します。


たとえば、「時計 フォーマル メンズ」や「化粧水 冬 人気」のような、購入につながりやすいキーワードの選定が効果的です。


さらに、共起語を狙うことで、ユーザーのニーズに沿ったキーワード選定が可能となり、検索結果におけるサイトの見つかりやすさを高められます。


SEOのキーワードツールについては、こちらの記事で詳しく解説しています。



6.タイトル・見出しにキーワードを含める


タイトルはユーザーと検索エンジンの両方にサイト内容を伝える重要な要素です。


クリックを促すため、ユーザーの検索意図に合致した重要キーワードを、タイトルの前方に配置することが効果的です。


たとえば「送料無料」や「ブランド名」など、訴求力の高いキーワードを適切に用いることで、サイトへの興味を引き上げます。


また、検索結果画面に表示されるタイトルの字数制限に注意し、約25~30字程度に抑えてください。


SEOタイトルについては、こちらの記事で詳しく解説しています。



7.ディスクリプションを見直す


7.ディスクリプションを見直す

ディスクリプションとは、検索結果においてタイトルの下に表示される文章です。また、ユーザーの関心を引き付ける重要な役割を担います。


商品の特徴や魅力、スペックなど、タイトルだけでは伝えきれない情報を簡潔にまとめることが重要です。ディスクリプションを通じて、ユーザーに必要な情報を提供し、サイトへの訪問を促せます。


ディスクリプションに適切な情報が含まれていない場合は、早急な見直しと更新が必要です。


ディスクリプションの最適化によって、検索結果でのサイトの魅力を高めることが可能になります。


8.短いURLを設定する


URLの設定は、短くシンプルなものを選んでください。キーワードを含めた短いURLは、長いURLと比較してクリック率が2.5倍高いことが報告されています。


GoogleのSEOスペシャリストによると「URLは検索順位に軽微な影響を及ぼし、適切なキーワードの使用は検索順位にいくらか影響を与える」と言及しています。そのため、これを考慮したURL設定は重要です。


ユーザーが容易にコンテンツを想像できるようなURL構成が望ましいです。


また、英数字を用いたURLにすることをおすすめします。日本語のURLはコピー時に文字列が冗長になる傾向があるため、英語表記の方が効果的です。


9.画像情報を記述する


9.画像情報を記述する

ECサイトにおいて、画像のSEO対策は欠かせません。画像にはalt属性を設定することが重要です。


alt属性とは、画像を説明するための代替テキストです。これは、クローラーが画像の内容をテキスト情報として認識できるようにします。


alt属性のテキスト情報には、画像内容が理解できるようにキーワードを含めるのが効果的です。


画像がエラーで表示されない場合でも、alt属性に設定されたテキストが表示されるため、ユーザーにとっても有益になります。


10.表示速度(ページスピード)を改善する


10.表示速度(ページスピード)を改善する

サイトの表示速度は、ユーザーが検索画面からページに遷移する際のサイト表示までの時間を指し、SEOに大きな影響を与えます。


とくにECサイトでは、表示速度の遅れがユーザーのストレスや離脱を引き起こし、コンバージョンの機会損失に直結して売り上げに影響します。


ページ速度の改善策としては、画像サイズの圧縮が効果的です。サイトの健全な表示速度を確認するためには、ページ速度を計測するツールの利用があります。


これにより、サイトのユーザビリティ向上とSEOの改善が図られ、結果的に売り上げ増加に繋がる可能性が高まります。


11.コンテンツマーケティングを行う


コンテンツマーケティングは、ECサイトの流入増加に有効な手法です。ユーザーに必要な情報を提供することで認知度を高め、コンバージョンに繋げます。


また、一度コンテンツを作成すれば、広告費用をかけずに半永久的な集客効果が期待できます。


とくに、ECサイトでコンテンツマーケティングを行う場合、重要なのは「同じドメイン配下での実施」です。


新規ドメインの育成には多大な時間と労力が必要になります。既存のドメインを利用することで、サイトがすでに持つ権威を活かして迅速なスタートが可能です。


コンテンツマーケティングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。



12.モバイルフレンドリーな設計にする



モバイル端末の普及により、ECサイトの閲覧環境は大きく変化しました。Googleでは、モバイルフレンドリーな設計が検索順位に大きく影響すると発表しています。


PC版のままの設計では、文章の読みづらさやカートボタンの使いづらさなどがユーザーの不満を招き、サイト離脱の原因となることがあります。


このため、Google提供のモバイルフレンドリーテストツールを使用し、サイトがモバイルに最適化されているかを確認することが重要です。


このテストはURLを入力するだけで簡単に実施できるため、ECサイトの運営者は積極的に取り組むことをおすすめします。


13.常時SSLを設定する


ECサイトではクレジットカード情報などの個人情報を扱うため、常時SSLの設定は必須のセキュリティ対策です。


常時SSLとは、WEBサイトの通信を暗号化して情報の送受信を保護するものです。GoogleもECサイトを含めた全ページでの常時SSL化を推奨しており、SEOの評価対象ともなっています。


常時SSLに対応していないサイトは「保護されていない通信」と警告され、これによりユーザーが購入を避ける可能性が高まります。


このため、サイトの安全性とSEO、売り上げの観点からも早急に対応することが求められているのです。


14.外部被リンクを獲得する


外部被リンクは、第三者のサイトから自社コンテンツへのリンクを指します。これは、SEO評価を高める重要な要素です。


過去には外部被リンクを意図的に集める「ブラックハットSEO」が存在しましたが、現在Googleはこのような手法に厳しいペナルティを課しています。


現在の運営者にとって、外部被リンクを獲得するための最良の方法は質の高いコンテンツを一貫して発信することです。良質なコンテンツは自然とユーザーに拡散され、ナチュラルリンクを得られます。


また、SNSを活用した自発的なプロモーションもSEO対策として有効で、より迅速にユーザーに自社の存在を知らせることが可能です。


被リンクの依頼については、こちらの記事で詳しく解説しています。




ECサイトのSEOでよくある3つの質問


ECサイトの商品画像でよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • ​質問1.ECサイトにおけるSEO対策の注意点は?

  • 質問2.WEBサイトとECサイトのSEO対策の違いは?

  • 質問3.コンテンツSEOとは?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しくみていきましょう。


質問1.ECサイトにおけるSEO対策の注意点は?


ECサイトでのSEO対策においては、ペナルティのリスクを理解し、適切な方法を採用することが重要です。とくに注意すべき点は、以下の4つです。

  1. ​スパム行為

  2. 意図的に質の低い被リンクを数多く設置する

  3. サイトに無関係のキーワードを多量に詰め込む

  4. ガイドラインを遵守する

SEO対策を行う際には、常にGoogleなどの検索エンジンのガイドラインを遵守し、品質を重視した内容と戦略を構築することが求められます。


高品質なコンテンツの提供と、ユーザーに価値をもたらす施策を心掛けることで、持続可能なSEO施策を実行してください。


質問2.WEBサイトとECサイトのSEO対策の違いは?


WEBサイトとECサイトのSEO対策には共通点が多いものの、ECサイトには特有の注意点が存在します。


ECサイトの大きな課題は、ページコンテンツの重複です。同じ商品のサイズやカラー違い、同シリーズ商品の説明文が似ている場合、重複コンテンツとなり検索順位に影響を及ぼします。


対策としては、サイズやカラー違いの商品は1つのページにまとめてください。同シリーズ商品はcanonicalタグ(正規URLを示すタグ)を用いて、評価を1つのページに集約します。


他社サイトで販売されている商品の場合、メーカー提供の説明文をそのまま使うと他社サイトとコンテンツが重複し、SEO上の評価が低下するリスクがあります。


そこで、自社独自の商品のおすすめポイントやスタッフの使用感を加えることが有効です。


また、商品数が多いECサイトでは、カテゴリページや商品ページの構造を検索エンジンとユーザーにとって分かりやすく設計することも重要です。


質問3.コンテンツSEOとは?


コンテンツSEOは、ユーザーの悩みを解決する有益な記事やノウハウを提供し、検索エンジン上位を狙い集客をする戦略です。


この手法はコンテンツマーケティングの一環で、現在多くの企業がWeb集客の王道として活用しています。


記事や写真を活用したコンテンツは、ユーザーとのコミュニケーションを重ねることで商品購入へのイメージを膨らませ、購入に繋げるメリットを持ちます。


たとえば、ショップのジャンルに関連するお役立ち情報の記事や、ショップ情報を発信するブログがコンテンツの一例です。


これらのコンテンツはSEO対策に効果があり、ブランディングやファン作りにも貢献します。独自のコンテンツを通じて、ショップや商品の魅力を伝え、読者をファンに変えることが可能です。


しかし、コンテンツ作成はスタッフのリソースを大きく要するため、多くの時間と労力が必要です。


その結果、取り組む企業が多い一方で、途中で挫折するケースも少なくありません。したがって、コンテンツSEOは長期的な視点と継続的な努力が重要な戦略と言えます。


コンテンツSEOについては、こちらの記事で詳しく解説しています。




まとめ

ECサイトの効果的なSEO対策をご紹介しました。ECサイトの市場規模は拡大し続けています。


14の施策を実際に実行してみることは、競合との差別化や売上アップに必要なことです。


今やSEO対策はECサイトにとっても重要なもので、やらないわけにはいきません。この記事を参考にして、あなたのECサイトの売上を最大化してみてください。


なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。


岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。




閲覧数:24回0件のコメント
bottom of page