top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【初心者必見】ECサイトの運営とは?主な業務内容や費用目安、成功に導くコツをわかりやすく解説!

更新日:4 日前


【初心者必見】ECサイトの運営とは?主な業務内容や費用目安、成功に導くコツをわかりやすく解説!

「ECを始めたいけれど知識がない」「成功するためのコツを知りたい」このように考える方は少なくありません。


この記事では、ECサイト運営における業務内容や費用、成功するためのコツを詳しく解説します。ECサイト運営初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。⇒レイアップに相談する(無料)




ECサイトの運営とは?


ECサイト運営とは、インターネット上で商品やサービスを提供し、オンラインでの販売活動を行うビジネスです。ユーザーがECサイトを通じて商品を閲覧、注文、支払いを行い、商品を受け取る一連のプロセスを含んでいます。


ECサイト運営には、商品の企画やマーケティングの「フロント業務」と、商品の管理や発送手続きの「バックエンド業務」があります。


企業の規模によってはフロント業務とバッグエンド業務を分担するのが一般的です。しかし、個人での運営では両方の業務を自らが担当することとなります。


とくに個人の場合、開業当初はフロント業務を中心に進め、新規顧客の獲得が安定した段階でバックエンド業務の強化を考えるという順序が効果的です。



ECサイト運営業務は2パターン


ECサイト運営業務は、以下の2つのパターンに分けられます。

  1. フロント業務

  2. バックエンド業務

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.フロント業務


フロント業務は、ECサイトにおける集客と販売を促進する主要なマーケティング活動です。商品の企画からプロモーション、サイト運営に至るまでを包含します。


新しく公開したサイトでは、SEOや広告を駆使して流入ユーザーを増やし、魅力的な訴求で販売を促進する役割がフロント業務に求められます。


また、商品の仕入れや製造、サイトの制作や更新もフロント業務の一環です。フロント業務は、広告・SNS利用などを通じてECサイトの存在や商品を周知し、訪問者数を増加させることで売上に直結するという極めて重要な業務です。


2.バックエンド業務


バックエンド業務は、裏方でECサイトの運営を支えています。ユーザーからは見えませんが、彼らの満足度を高めるためにミスなくスムーズな実施が求められる分野です。


バックエンドの業務には、受注処理、出荷・配送、アフターフォロー、在庫管理などの事務作業から、ピッキングやアフターサービスといった商品購入後のサービスも含まれています。この作業は「フルフィルメント」とも称されます。


ECサイトが拡大すると、受注件数の増加に伴いバックエンド業務の負担も増大し、手作業ではミスが起こりやすくなる可能性があるのです。


したがって、顧客の満足度を維持しリピーターを増やすためにも、受注から配送までを自動化するシステム導入や、在庫管理システムの適用、基幹システムとECシステムの連携など、バックエンド業務の効率化と専任人員の確保を検討し実施することが重要です。



ECサイト運営の主な業務内容は8つ


ECサイト運営の主な業務内容は、以下の8つに分けられます。

  • 業務内容①商品の企画

  • 業務内容②商品の仕入れ・製造

  • 業務内容③ECサイトの制作・更新管理

  • 業務内容④プロモーション

  • 業務内容⑤受注処理

  • 業務内容⑥商品の出荷・配送

  • 業務内容⑦問い合わせ対応

  • 業務内容⑧在庫の管理

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


業務内容①商品の企画


商品企画はECサイト運営業務の根幹です。「売れる商品」を作り出すためには、マーケティング活動で顧客のニーズや流行を詳しくリサーチし、市場ニーズ、顧客の意見、トレンド、そして季節性を計算に入れ、顧客の心を掴む商品開発を実行します。


ただし、単にアピール力のある商品を創出するだけでなく、商品の原価と販売価格を慎重に計算し、健全な利益を生み出すことも重要な任務となります。


半年〜1年間の売り上げや利益を予測し、現実に基づいたビジネスプランを立案することで、マーケティング力を最大限に発揮させ、売上の拡大を図るべきです。


業務内容②商品の仕入れ・製造


商品の発注と製造数の管理は、商品企画で獲得したマーケティングデータを基に、販売数の予測を立て、計画的な仕入れと自社工場における製造を行います。


この業務はECサイト運営において、とくに重要な要素です。販売予測や在庫回転率に基づいて、適切に仕入れ・製造を実施することで、人気商品やSNSで話題になった商品に対して生産が追いつかずに機会損失を生むというリスクを最小限に抑えます。


そして、機会損失をより確実に防ぐため、複数の仕入れ先を持ち、迅速な発注が可能な体制を整えておくことも必要です。


業務内容③ECサイトの制作・更新管理


ECサイトの制作と更新管理は、オンラインショップがユーザーに最も快適な購買体験を提供し、商品の魅力を最大限に伝えるための重要な業務です。


サイト制作においては、商品のイメージを適切に反映させるデザインが求められ、その一方でユーザビリティも極めて大切です。


ユーザーは基本的にシンプルで使いやすいECサイトを求めており、過剰なアニメーションや複雑な構造はユーザーの離脱を招く可能性があります。適度なデザインとシンプルな操作性を心がけることが肝要です。


ECサイトの更新管理業務では、新商品の追加、新機能の導入、季節ごとのページ更新などを行い、常に新鮮でユーザーの注目を引く内容を提供してください。


さらに、「ささげ業務」と呼ばれる「撮影・採寸・原稿」の重要性も無視できません。


ユーザーに商品の魅力を最大限に伝えるためには、アピール力のある写真と文章だけでなく、試着ができないオンラインショップにおいては正確な採寸情報が欠かせない要素となります。


これらを融合させ、ユーザーにとって使いやすく、かつ商品の魅力を十分に発揮するECサイトを目指してください。


業務内容④プロモーション


プロモーションは、商品やサービスを広く知らせ、顧客の購買行動を促進する重要な業務です。ECサイトにおいては、そのオンライン特性を最大限に活かしたWebマーケティングが主軸となります。


Webマーケティングでは、以下のような多彩なチャネルがあります。

  • リスティング広告

  • ディスプレイ広告

  • アフィリエイト広告

  • コンテンツマーケティング

  • SNSマーケティング

  • インフルエンサーマーケティング

  • メールマガジン など

この中でも、たとえばリスティング広告やインフルエンサーマーケティングは、広告展開からユーザーの流入や購買に至るまでの時間が短いという即効性が特徴です。


対照的に、コンテンツマーケティングなどは時間を要するものの、安定した集客がコスト効率よく実現可能です。


Web広告やSNSを利用した宣伝活動は、自社のファンを増やし、オンラインショップへのアクセスを促す重要な手段となります。また、キャンペーン企画を通じて販売促進を図ることも必要です。


各プロモーション手法の特徴を理解し、即効性と中長期的な成果をバランスよく追求した戦略を展開することが、成功への鍵となるでしょう。


業務内容⑤受注処理


受注処理および管理は、ECサイト運営においてユーザーとの直接的なやりとりを行う重要な業務です。正確性とスムーズさが強く求められます。業務内容の一例は以下の通りです。

  • ユーザーからの注文受付

  • 在庫の引き当て

  • 注文書の確認や入力

  • 在庫確認

  • 注文状況通知メールの送信

  • 受注伝票や注文請書の作成

  • 出荷指示

この一連の業務では「的確さとスピード」が極めて重要であり、ミスのない対応と効率的な作業が必要とされます。


ヒューマンエラーは避けられない要素ではありますが、受注管理システムの導入によって、一元管理と自動化を実現し、作業工数とミスを削減することが可能です。これにより販路拡大と販売機会の創出を具現化できます。ただし、コストや顧客との直接コミュニケーション減少といったデメリットも考慮しながら、システム導入のメリットを最大限に活かす工夫が求められます。


業務内容⑥商品の出荷・配送


荷作業はECサイト運営における顧客満足を左右する極めて重要なプロセスです。ピッキングから梱包、最終的な出荷までの一連の流れがスムーズかつ正確でなければなりません。


出荷指示が来たら、注文された商品を倉庫から適切に取り出すピッキング作業を行います。その後、梱包と出荷に進みます。ピッキングミスは返送コストや顧客満足度の低下など多くの問題を生むため、アウトソーシングやシステムの導入などでミスを防ぐ工夫が必要です。


一方で、梱包作業は単なる保護手段以上の価値を持っています。梱包方法やその材質、さらには付加するメッセージやプレゼントなどが、お店や商品に対する顧客の印象を大きく左右するのです。


差別化を図るポイントとして、「手書きのメッセージを添える」「試供品を同封して新商品への興味を引く」「特典となるクーポンやカタログを添付する」「開封の簡便さを考慮したテープ使用」「商品にフィットする梱包箱の選定」などの工夫があります。


これらを行うことで、顧客の親近感やリピート購入に繋がるポジティブな印象を形成し、その結果として企業のイメージや信頼度向上に寄与するのです。


業務内容⑦問い合わせ対応


商品の出荷後もECサイト運営の大切な業務が続いており、購入者へのメールフォローとアフターサービスがそれに当たります。


具体的には、「商品の状態確認」「レビュー投稿のお願い」「次回使用可能なクーポンの提供」などを含むフォローメールを送信し、万が一不備があった場合はスピーディーかつ誠実に対応します。このプロセスは、単なるアフターフォロー以上の価値を持ち、上手く活用することでリピーターを増やし、お店への信頼感を築く要素となるのです。


アフターサービスは、リピートカスタマーの獲得や顧客満足度の向上に直結する極めて重要な業務であり、クレーム対応や問い合わせ対応など多岐にわたります。


とくにクレーム対応では、ユーザーの不満をプラスに転換させ、ファンを生み出すチャンスも秘めています。ユーザーからの声に真摯に耳を傾け、迅速で丁寧な対応をすることで、ユーザーの信頼を勝ち取ることが可能です。


集客が主眼の初期ステージを過ぎたECサイト運営においては、新規顧客の獲得と並行して、アフターサービスを通じて既存顧客との関係を深めることも重要です。顧客のロイヤルティを向上させることで総合的な売上向上に寄与します。


業務内容⑧在庫の管理


在庫管理はECサイト運営において売り上げと直結する極めて重要な業務です。これは、適切な量の商品を必要な時に、適切な場所へ供給するプロセスを意味します。


仕入れフェーズから常に在庫のバランスが求められ、過剰でも不足でも問題が発生するため、緻密な管理と計画が不可欠です。これには、売れる時期に確実に在庫を確保し、一方で在庫切れが発生しないよう調整を行う戦略が含まれます。


加えて、リアルタイムでの在庫情報の反映も不可欠です。「品切れだったのに購入できてしまった」というトラブルを未然に防ぐために、システム面でもサポートを行ってください。


とくに、複数のモールや他店舗を運営している企業においては、在庫管理はより複雑化します。ミスも多発しやすいため、在庫管理システムの導入も視野に入れてください。在庫ミスは顧客満足度の低下を招く恐れがあるため、効果的な在庫管理システムを活用して、購入機会の損失を防ぎ、顧客の信頼と満足度を高めることが大切です。



ECサイト運営に求められる4つのスキル


ECサイト運営に求められるスキルには、以下の4つが挙げられます。

  1. WEBマーケティングに関するスキル

  2. クリエイティブに関するスキル

  3. 商品企画に関するスキル

  4. カスタマーサポートに関するスキル

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.WEBマーケティングに関するスキル


WEBマーケティングに関するスキルは、売上を伸ばすために欠かせません。とくに、ECサイトを立ち上げたばかりの頃は、存在自体を知られていないため、認知を広げるために欠かせないスキルだといえます。


WEBマーケティングに関するスキルを大きく分けると、以下の3つに分けられます。

  • SEO対策

  • SNS運用

  • 広告運用

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


SEO対策


SEO対策は、ユーザーが検索したキーワードに対して自社サイトが上位表示されるための多岐にわたる施策を指します。


SEO対策をするためには、検索エンジンの特性とユーザーのニーズを深く理解する必要があります。自社で保有するメディア、すなわちオウンドメディアを運用し、コラムや解説記事、インタビュー記事、ブログなどを制作・蓄積し、ユーザーとの接点を増やし、ブランドや商品に対する情報発信を積極的に行う必要があるのです。


このような質の高いコンテンツが増えることで、Googleなどの検索エンジンから「良質なサイト」と評価され、検索結果の表示順位が上昇し、オーガニックなユーザー流入が増加します。このアプローチによって商品の魅力を広く伝え、読者を増やし、最終的には顧客をファンに育て上げる効果も期待できます。


SEO効果に関することは、こちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。



SNS運用


InstagramやX(旧:Twitter)、FacebookなどのSNSを用いたアカウント運用は、ショップの認知拡大と集客の強力な手段です。


カラーミーショップの独自アンケートによれば、開店後3ヵ月以内に初売り上げを記録したショップの多くが、Instagramを積極的に利用しています。



一方で、SNS運用は無料で手軽に始められるものの、その効果が表れるまでには時間がかかることもありますが、そのポテンシャルはWebマーケティング手法として極めて重要です。


SNSアカウントはオウンドメディアとしての役割も持ち、多岐に渡る情報を発信する場として機能します。また、他のオウンドメディアと連動させ、読者をサイトへ誘導するツールとしても活用できます。


ただし、フォロワーが増えれば増えるほど、スピーディな宣伝効果を享受できますが、誰もが返信可能なため、ネガティブな反応や不用意な発言からくるトラブルも考慮に入れてください。運用する際にはリスク管理とSNSリテラシーも必要となります。


広告運用


ECサイトへの集客を実現するWebマーケティングでは、広告出稿が一つの主要な手段となります。費用がかかるため敬遠されることもありますが、低コストで始められるオプションもあり、とくに短期間での集客には非常に有効です。


主な広告の種類としては「リスティング広告」があります。キーワードに基づいて検索結果画面に自社のサイトが表示され、低予算から始められるという特徴があります。


また、視覚的な印象を強く残す「ディスプレイ広告」や、成功報酬型の「アフィリエイト広告」、そしてセグメンテーションが可能で低予算でも利用可能な「Instagram広告」も効果的です。


とくにInstagram広告は、認知拡大の効果を比較的低いコストで試すことができるため、初めての広告出稿におすすめです。


「リターゲティング広告」は、一度ECサイトを訪れたユーザーを対象に他のサイト閲覧時に広告を掲載し、関心があるユーザーに再度アプローチを行う手法で、効果が出やすいとされています。また、SNS広告もオプションとして選べ、ターゲットとなるユーザーにダイレクトに訴求を行うことが可能です。


以上のように多種多様な広告が存在するため、自社に最も適した広告を検討し、予算やターゲットに合わせて最適なものを試してみることが大切です。それぞれの広告には特徴と効果がありますので、商品やサービス、またはキャンペーン内容に応じて戦略的に活用してください。


2.クリエイティブに関するスキル


クリエイティブスキルは、ECサイトの制作・運営を行ううえで非常に重要な要素です。主に「コーディングスキル(HTML・CSS)」「商品撮影スキル」「画像加工やバナー制作」の3つです。


これらのスキルを適切に用いることで、商品の魅力を最大限に伝え、ユーザーにとって楽しいお買い物の体験を提供することができます。


具体的には、HTMLやCSSを活用して使い勝手の良いサイトをコーディングし、魅力的な商品撮影や効果的な画像加工、バナー制作を通して、商品の魅力を引き立てます。


これらは全て、顧客にクオリティの高いショッピング体験を提供し、結果としてECサイトの売上UPに直結する、欠かせないスキルセットと言えるのです。


3.商品企画に関するスキル


商品企画のスキルは、ECサイト運営における不可欠な能力です。Webマーケティングやクリエイティブスキルが抜群であっても、顧客に響く商品を開発できなければ、売り上げ向上は期待できません。


市場のトレンド調査を基に、選定したターゲットに合致した商品開発と予算管理を行うことが重要です。また、ユーザーニーズの把握と分析を行い、現行のトレンドを把握しながら、「売れる商品」を創出する能力も極めて大切です。


実際、顧客に訴求力のある商品が提供できれば、マーケティングに莫大な予算を用いる必要がありません。商品の質が語り手となり、顧客からの自然な口コミや紹介を通じて購入が進行します。


ユーザーに愛される商品を生み出すスキルは、EC事業の利益に直接的に貢献し、その発展をサポートするのです。


4.カスタマーサポートに関するスキル


カスタマーサポートスキルは、ECサイト運営において極めて重要な「お客様対応スキル」です。商品の販売フローにおける、受注前後に関わる問い合わせやクレーム対応をメインとして扱います。


実店舗と異なり、対面でのサービス提供ができないECサイトでは、より丁寧で迅速な対応が求められます。ユーザーの気持ちを理解し、感情に寄り添った対応が不可欠です。


商品を販売する過程では、ユーザーとのコミュニケーションは避けて通れません。その中で顧客の感情やニーズを深く理解し、細やかに対応することが、カスタマーサポートのポジションにおいては常に求められるスキルとなります。



ECサイトの構築・運用に要する費用


ECサイトの構築・運用に要する費用には、以下の2つが挙げられます。

  • 構築に必要な費用の相場

  • 運用に必要な費用の相場

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


構築に必要な費用の相場


ECサイト構築における費用は、利用するプラットフォームやサービスによって大きく異なります。たとえば、知名度の高いECモール(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)では、出店・運営費用として月額料金や販売手数料が発生しますが、集客力が魅力です。


一方で、無料のECサイト作成サービス(カラーミーショップ、BASE、STORESなど)では初期・月額費用が無料でも、決済手数料は発生します。カラーミーショップは機能面が強い一方、STORESは決済手数料が比較的低いなど、それぞれ特徴があります。


さらに、有料のECサイト作成サービスも多岐にわたり、初期費用や月額費用、提供する機能やサポート体制が異なるのです。たとえば、Shopifyは初期費用が無料、カラーミーショップはサポートが手厚いなどの特徴があります。


選択時には費用だけでなく、必要な機能やサポート体制、将来的な拡張性も考慮に入れ、サービスを比較検討することが肝心です。これら多様なオプションから自社のビジネスニーズに最も合致したサービスを選び、効果的なECサイトを構築してください。


運用に必要な費用の相場


ECサイト運営には様々なコストが必要です。おもに、インターネットサービス、システム、プロモーション、実務にかかる費用の4つになります。


インターネットサービス費用はモール型・ASP型で月額料金や決済手数料などがあり、自作型ではサーバー代等が必要です。システム費用ではアップデートやセキュリティにコストがかかります。プロモーション費用では広告や外部のコンサルティングが主です。実務コストは、商品の保管、梱包、配送等です。


それぞれのタイプには、異なる費用や運用の手間があります。ビジネスの規模や内容に合わせて最適な選択をすることが大切です。



ECサイトの運営を成功に導く4つのコツ


ECサイトの運営を成功に導くコツには、以下の4つが挙げられます。

  1. 最新トレンドを学び続ける

  2. 訪問者数と購入率のアップに集中する

  3. すぐに結果が出ないことを留意しておく

  4. 運営代行やコンサルティングを活用する

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.最新トレンドを学び続ける


ECサイトの市場は日々変化し新しいトレンドが続々と生まれます。ポイントである「最新トレンドのキャッチアップ」と「自社の強みとターゲットニーズの理解」の2つが非常に重要です。


「最新トレンドのキャッチアップ」は、新しい技術や購買行動の変化、流行りのマーケティング手法などを指します。常に市場の動きを学び、自社のECサイトにフィードバックすることが必要です。


例えば、新しい決済方法の導入、モバイルフレンドリーなデザイン、新しいマーケティング戦略などです。l時代のニーズに合ったサービスを提供することで、顧客の関心を引きつけます。


「自社の強みとターゲットニーズの理解」は、自社が提供する商品やサービスが、顧客やターゲット市場のニーズとどのように合致しているか、そして、競合他社にはない独自性を持っているかを常に考慮することを意味します。


例えば、顧客が求める価値や解決策を提供できる商品展開や、他にはないユニークなサービス、高い品質など、自社だけの強みを最大限に引き出す戦略が必要です。


この2つのポイントは、相互に関連しています。トレンドを取り入れつつ、それを自社の強みと融合させ、顧客が喜ぶサービスや商品を提供し続けることが、ECサイト運営の大切なコツです。


2.訪問者数と購入率のアップに集中する


ECサイトの運営において売上を最大化するためには、売上の方程式「売上=ECサイトアクセス数×購入率×客単価」を理解することが必要です。どの要素を重点的に改善すべきかのヒントが得られます。


たとえば、アクセス数は満足できるものの、購入率が低い場合、施策は購入率の向上に集中すべきです。これを無視し、アクセス数の増加にフォーカスを置くと、結果として効率の悪い運営につながります。


購入率を向上させるには「サイト内検索機能のブラッシュアップ」「多様な決済方法の導入」「ユーザーにフレンドリーなコンテンツ作成」など、ユーザーの購買体験(UX)を考慮した施策が不可欠です。


ECサイトの離脱率に関することは、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。



3.すぐに結果が出ないことを留意しておく


ECサイト運営の立ち上げ初期は、成果が表れるまでに時間を要します。各施策の影響が顕著に表れるまでにはリサーチやA/Bテストなど、緻密な計画と調整が必要です。販売方法や広告コンテンツなどを最適化するプロセスはじっくりと力を蓄え、効果的な運営を目指して軌道修正を行います。


ECサイトも一度軌道に乗れば、持続的な売り上げの増加が見込めるようになります。重要なのは、初めのうちの地道な努力期間を理解し、中長期的な視野を持って計画を進めることです。


「ECはすぐに結果が出ない」という前提を持ち、まずはそれを受け入れてください。そのような心持ちでいれば、初期の段階で心が折れることなく、目標に向かってコツコツと努力を重ねることが可能となります。


この地道な努力が、最終的にはECサイトが安定した売上を始め、持続的に売上を上げ続ける礎となるのです。


4.運営代行やコンサルティングを活用する


ECサイトの運営に課題を感じる場合、運営代行やコンサルティングサービスの利用がおすすめです。


運営代行サービスは、商品登録や販売促進など、EC関連の多岐にわたる業務をサポートしてくれます。一方、ECコンサルティングサービスでは、専門的なアドバイスに基づき、売上向上の施策をサポートしてくれる存在です。


これらのサービスを利用することで、ECサイトの運営スキルがプロ水準に引き上げられ、自社の負担が大きく軽減されます。そのため、商品企画やマーケティングに集中するリソースを増やすことが可能です。


運営が難しいと感じた場合、これらのサービスを活用することにより、売り上げを伸ばす効果を期待できます。



ECサイトの運営に役立つおすすめの本5選


ECサイトの運営に役立つおすすめの本には、以下の5冊が挙げられます。

  1. ECを始めるなら別会社をつくりなさい

  2. 化粧品・健康食品業界のためのダイレクトマーケティング成功と失敗の法則

  3. 先輩がやさしく教えるEC担当者の知識と実務

  4. ひとりEC 個人でも売上を大きく伸ばせるネットショップ運営術

  5. EC担当者 プロになるための教科書

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.ECを始めるなら別会社をつくりなさい


近年、EC(ネットショップ)の普及が進む中、多くの中小メーカーが売上拡大に苦しんでいます。その背後には、経営者のアプローチや思考の問題があると言われます。「ネットに詳しい」というだけで若手に任せたり、適切な予算をかけずに運営を進めているため、成果が上がりづらいのです。


しかし、経営者が真剣に、戦略的にECを取り入れれば、強力なビジネスツールとしての可能性があるのです。この書籍では、実績を持つ著者がECサイト運営の成功の秘訣を明かします。


事業計画の重要性、部門間の摩擦の解消、さらにはEC事業の別会社化のメリットなど、経営者目線での深い洞察が提供されています。


しかし、本書を読んで感じたのは、ECはあくまで一つの手段であるということです。真の成功の鍵は、マーケティングの基本や顧客を中心としたデザイン思考でした。業界特有の商習慣や関係性を理解し、適切に利用することだと感じられます。


2.化粧品・健康食品業界のためのダイレクトマーケティング成功と失敗の法則


化粧品・健康食品の通販事業は、利益を出しやすいジャンルとして注目されています。その反面、競争も激しくレッドオーシャン状態です。


競争が激化する中で成功を掴むための不動の法則を、本書では経営者・マーケターに向けて提供しています。「LINE広告が効果的か」「購入ボタンの色は?」といった日々変わるトレンドを追うだけでは不十分なのです。


時代や情報取得のツールは変化しても、マーケティングの本質、すなわち「顧客との向き合い方」や「モノがどう売れるか」の考え方は変わりません。本書は、著者が長年にわたって実践してきた化粧品・健康食品業界に特化したマーケティングの実践的な施策と、その背後にある本質的な考え方を詳細に紐解き、リーダーに伝授します。


3.先輩がやさしく教えるEC担当者の知識と実務


楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどのECモールを中心としたEC業界は、急速な成長を遂げています。しかし、この急成長の中で担当者が経験を豊富に積む時間がないケースや、以前の売上アップの手法が現在では通用しないケースも見受けられるのが現状です。


本書は、EC業界の変化やトレンド、三大モールそれぞれの戦術について詳細に触れています。また、図解を交え「他業界からEC業界に入った人」や「突然の店長任命」のような方でも分かりやすく、売上アップのコツを伝授します。


章が短く整理されているため、混乱することなく学べるのが特徴です。モールの実運営者の視点からの広告手法や戦術にも言及しています。


4.ひとりEC 個人でも売上を大きく伸ばせるネットショップ運営術


「ひとりEC」を標語に、3年連続で年商1億円を達成するミウラタクヤ商店の三浦卓也氏が、個人のネットショップ運営術を徹底的に解説しているのが本書です。


商品開発からSNS活用まで、ECサイト運営をひとりで成功させるための効率化テクニックや考え方を体系的に語ります。とくに「オンライン接客」として「LINE接客」を中心に深掘りする部分は見所です。


このノウハウは、これからECサイト運営を始める方や、既に取り組んでいるが困っている方にも非常に役立ちます。Amazonや大手モールではなく、個人ショップの運営は毎日のブログ、X(Twitter)、LINE投稿などの継続が必要ですが、このひとりECの取り組みには独自の魅力があるのです。


5.EC担当者 プロになるための教科書


Chapter1~2では、EC事業を成功させるための基礎知識と戦略・考え方を整理し、プロの担当者に必要な知見を提供しています。


ECの立ち上げから運用まで実践的に学べる内容です。戦略と戦術の準備の重要性、商材やターゲット顧客の入念なリサーチ、そして適切なマーケティング実施が強調されています。


さらに、Chapter3からは主要販売チャネル別の実践ノウハウを詳細に掲載しています。特定のチャネルに特化している担当者であっても、他のチャネルの効果的な施策や取り組みを知ることで、新たなヒントやアイディアを得られるのです。


スマホファーストの時代において、スマホでの視認性を高めるレイアウト作成の重要性もあります。この一冊で、ECの成功への道をしっかりと歩み始めることができますので、ぜひご一読ください。



ECサイトの運営でよくある3つの質問


ECサイトの運営でよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • 質問1.ECサイト運営にはどれくらいの人数が必要?

  • 質問2.ECサイト運営におすすめのECシステムは?

  • 質問3.EC市場規模とEC化率の推移は?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


質問1.ECサイト運営にはどれくらいの人数が必要?


まず必要な業務の洗い出しから始めます。大きく分けてフロント業務とバックエンド業務があり、これらを詳細に細分化すると、各業務の専門性やボリュームにより人数の必要性が変動するのです。


小規模事業では1〜2人での運営も考えられますが、業務のクロスオーバーや各領域の専門性を鑑みると、以下のような役職やスキルが必要となります。

  • 商品企画・MD(マーチャンダイジング):市場のトレンド調査から商品の開発、予算管理までを担当

  • Webデザインやコンテンツ制作:フロントエンドのプログラミングスキルや写真撮影、ライティング、動画制作などのクリエイティブスキルが必須

  • Webマーケティング:商品の魅力を伝えるための集客戦略を担当

  • カスタマーサポート:ECサイト特有の顧客満足度向上やクレーム対応のため、高いコミュニケーション能力が求められる

総じて、ECサイトの運営規模や目的に応じて、適切な人材配置やリソースの最適化を図ることが成功の鍵となります。


質問2.ECサイト運営におすすめのECシステムは?


個人や小規模のECサイト立ち上げには、BASEやSTORES、カラーミーショップなどの低コストのASPサービスが最適です。初期の販売実績がない段階ではコストを抑えてスタートするのが理想となります。


初めてのECサイト運営では、注文も限られるため、一人での管理も可能です。ASPサービスのECプラットフォームはフロント機能が充実していますが、バックエンド業務の効率化には課題があります。


しかし、日々の受注件数が100件を超え、年商1億円以上の規模に成長した際には、システム連携や自動化を検討することが重要です。そのため、カスタマイズ可能なECシステムの導入で、バックエンドの業務を高効率化することが勧められます。


質問3.EC市場規模とEC化率の推移は?


日本のEC市場は伸びる可能性が高いと言われていますが、店舗のEC化率は現在9.13%と低い状態です。しかし、将来的に15%まで伸びるとの仮説が経済産業省関係者から示されています。また、日本におけるEC市場規模は、2022年経済産業省の調べによると13兆9,997億円となっており、今後も成長が期待できる分野です。


しかし、EC業界は人材不足の問題を抱えており、原因は大きく分けて三つあります。一つ目は、EC業界や「EC担当者」という言葉の認知度が低いことです。多くの人がAmazonや楽天での購入を日常化している現代においても、EC担当者という職業の認知は低いままなのです。


二つ目は、2000年以降の新サービスとしてのECサイトの登場により、ECの経験者が少なく、業界全体での人材育成が進んでいないことがあります。


三つ目は、EC運営に求められるスキルが多岐にわたるため、一人で全ての業務をこなすのが難しく、各専門領域での高いスキルが必要となることから、EC担当者として活動するハードルが高いことが挙げられます。


これらのことから、いかに人材を確保し、教育していくかが、ECサイト運営を成功させるためのポイントです。




まとめ


ECサイトにおける運営について、商品企画や仕入れ、販売などの主な業務内容8つや、ECサイト運営に求められる4つのスキル、運営を成功に導くコツなどを紹介しました。


ECサイトは今後も成長が見込まれる業界であり、その事業規模や内容は多岐にわたります。必要となってくるスキルや知識も膨大なため、ECサイト運営を始める際はしっかりと準備をして、不備のないように進めてください。


とくに、ECサイト立ち上げ初期は我慢の時期が続きます。「ECサイトはすぐに売上が上がるものではない」ことを念頭に、運営成功のためにこの記事を参考にしてください。


弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:21回0件のコメント

Comments


LAYUP_広告用画像.jpg
bottom of page