top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【BtoB向け】コンテンツマーケティングにおける費用相場|効果を上げるポイントも解説!

更新日:2023年12月26日


【BtoB向け】コンテンツマーケティングにおける費用相場|効果を上げるポイントも解説!

コンテンツマーケティングは、業務範囲が広く、自社のリソースだけでは対応し切れないのが現状です。しかし、どれくらいの費用がかかるのかわかりにくいものでもあります。


そこで当記事では、コンテンツマーケティングにおける費用相場を徹底解説します。ぜひ参考にしてみてください。⇒レイアップに相談する(無料)




コンテンツマーケティングにおける費用相場


コンテンツマーケティングの運用費用は、15〜30万円がひとつの相場とされています。


企業によっては、10万円以下の格安料金で請け負っている場合もあります。しかし、安すぎるとコンテンツの作成本数が少なかったり、作りっぱなしで効果測定を含んでいなかったりするケースも考えられます。


逆に相場よりも高額な場合は、サイト設計からブランディング、戦略の修正まで手厚いサポートが含まれていることがほとんどです。


コンテンツマーケティングは、コンテンツの作成はもちろんサイトの構築、継続的な戦略のブラッシュアップまで、業務の幅が非常に大きい施策となります。


自社で対応できる業務の有無や、長期的には自社で全ての制作や戦略策定まで行うのかなど、どのように展開していくのかをイメージしながら取り組んでいきましょう。


なお、コンテンツマーケティングの基礎知識については次のページで解説しています。



コンテンツマーケティングに必要な5つの費用


コンテンツマーケティングに必要な5つの費用は以下の通りです。

  • ​サイト制作費用

  • 運用設計費用

  • コンテンツ制作費用

  • サイト分析・改善費用

  • 外注費用

まずは、どんな業務内容にどれくらい費用がかかるか知っておくことが大切です。それぞれの費用の相場や、業務を依頼するのに必要となる金額について見ていきましょう。


1.サイト制作費用


コンテンツマーケティングを行うには、自社サイト(オウンドメディア)が欠かせません。そのため、サイト制作費用は必ずかかる費用です。


サイト制作費用は、イニシャルコストとして最初に必要となり、プログラミング知識がなくてもコンテンツ発信できるようにワードプレスやCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を導入したサイト構築を依頼する場合がほとんどです。


外注する場合の費用相場としては50万円程度となります。デザイン性や機能性を求めると、比例して金額は高くなる傾向です。しかし、社内にWebサイト構築の知識がある人材がいれば、サイト制作費用を抑えられます。


2.運用設計費用


サイトを制作したあとは、運用を継続しなければ意味がありません。運用設計費用は、ランニングコストとして毎月発生します。


サーバー代やドメイン代もそのひとつです。サーバーは同時アクセスする人数に影響を及ぼします。多くの場合は、月数千円のリーズナブルなサーバーでも問題ありません。


しかし、大量のアクセスを見込めるようになると、アクセス障害のリスクなどが考えられます。そのため、コンテンツマーケティングをする場合は、通常よりも高額となりますがハイスペックなサーバーを準備しておくほうがよいでしょう。


また、ドメイン代は、アクセス数やSEOの観点からはあまり大きな影響がないため、自社名として認識してもらいやすいものを選ぶようにしてください。年間で数千円の負担となります。


さらに、コンテンツは定期的にアップする必要があり、ペルソナ設計やプランニングなどを含めて依頼する場合は、さらに費用の負担が増えるでしょう。


基本的に社内で運用を設計できるのであれば、月額10万円程度が運用設計費用の相場となります。


3.コンテンツ制作費用


コンテンツマーケティングで重要な要素のひとつがコンテンツ制作です。メディアを運用し続けていく中でもっとも費用負担が大きくなります。


コンテンツは、自社で作成する「インハウス」と外注に分かれますが、それぞれ特徴が異なりますので、チェックしておきましょう。

  • ​自社作成(インハウス):人件費のみで済むが、他の業務と並行してコンテンツ作成しなければならないため、量産できない

  • 外注:別途費用は掛かるが、一度にたくさんのコンテンツを作成できる

外注する場合の注意点としては、発注先によって品質が安定しないこともあります。また、専門性が高い分野の場合、自社で作成するフローを描くと質が高いコンテンツを作りやすいでしょう。


つまり、使い分けが大切となり、コンテンツを量産したい時期は外注を利用、専門性を高めたい場合、自社作成とすれば費用対効果を高めやすくなります。


コンテンツマーケティング支援に強い会社の選び方は次のページで紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。



4.サイト分析・改善費用


サイトへのアクセスやコンテンツごとの表示回数、目的達成率などの数値を分析して改善することが運営していく上で欠かせません。コンテンツマーケティングは、ただ記事をアップすれば効果が上がる施策ではない点に注意が必要です。


現状の分析を元に、改善を繰り返していくことで集客や売上の増加を見込めます。そのためには、ペルソナ策定やプランニングを状況に応じて、柔軟に変えていかなければなりません。


サイト分析には高い知識や経験が求められるため、専門業者に外注することがほとんどです。これらの費用も自社サイトを運営していくうえで欠かせません。


5.外注費用


コンテンツマーケティングには、あらゆる分野の知識が必要です。そのため、サイト構築から運営まで外注しなければならないでしょう。


発注する業務内容が難しくなるほど費用も高額になります。例を挙げて紹介すると、次のように価格に大きな幅があります。

  • ​デザインとコーディングで約10万円

  • デザインから分析調査まで任せる100〜300万円

上記のように価格に大きな幅があります。また、外注先によって納期や費用が異なることを覚えておきましょう。


価格帯に応じた一般的な対応内容


価格帯に応じた一般的な対応内容は、以下の4つを基準として考えてみてください。

  • ​10万円以下の場合

  • 10〜30万円の場合

  • 30〜50万円の場合

  • 50万円以上の場合

価格帯から考えて、運用方法を計画するのもひとつの手段と言えるでしょう。ここでは、それぞれに分けて対応内容を解説しますので、見ていきましょう。


10万円以下の場合


10万円以下の場合、コンテンツ作成のみを受けることがほとんどです。コンテンツの公開やアクセス数の測定などは自社で対応しなければなりません。業務量の目安としては「コンテンツ作成(月2〜3本)」となります。


基本的にはすでに戦略ができており、サイト自体の構築も済んでいて、コンテンツを作成するリソースが足りない場合に依頼する内容です。


10〜30万円の場合


10〜30万円の場合、コンテンツ作成に加えてアクセスの解析など、コンテンツマーケティングの知識を取り入れた提案を期待できます。

  • ​コンテンツ作成(本数は事前に契約)

  • ツールの導入支援

  • アクセス解析などから施策の提案・キーワード選定

公開作業自体を自社で対応しなければならないとしても、誰でも簡単にサイト管理ができるCMS導入支援がパッケージされている場合があります。


30〜50万円の場合


30〜50万円の場合、コンテンツの方向性を決めるのに欠かせない、アクセス解析やSEO対策、自社サイト全体のマーケティング戦略の立案や改善提案などに対応してくれます。


また、サイト構築から依頼する場合は、メンテナンスやシステムサポートまで含まれていることもあるでしょう。


コンテンツマーケティングに詳しい人材が自社にいない場合、一括で作業を外注できる価格帯となります。


50万円以上の場合


50万円以上の場合、自社サイトの運用からSNSマーケティングを含めた全体的な支援や作業に対応してもらえる価格です。


また、発注先によっては、戦略に応じた方向性の提案や分析を依頼できるため、コンサルティングを含めた支援を受けられるでしょう。包括的にコンテンツマーケティングの支援を依頼する場合に検討してみてください。


コンテンツマーケティングの費用帯効果を上げる5つのポイント


コンテンツマーケティングの費用帯効果を上げる5つのポイントは以下の5つを意識してみてください。

  • ​長期的な目線で取り組む

  • 量よりも質を常に重視する

  • 目標と目的を明らかにする

  • 狭いターゲットに絞り込む

  • まずはプロに依頼してみる

自社がどんな課題を持っているか把握するだけで、費用対効果を高められる可能性が高まります。それぞれに分けて解説しますので、見ていきましょう。


1.長期的な目線で取り組む


コンテンツマーケティングは、即効性を見込めない施策です。数ヶ月単位では収益が出ない場合がほとんどと言えるでしょう。


オウンドメディアを立ち上げてから収益につながるまでは最低でも半年、長ければ数年単位で取り組まなければなりません。


時間がかかる理由としては、潜在的な顧客を見込みやファンに変えるのは容易でないことが挙げられます。ターゲット層の興味をひくコンテンツを作成するには、現状分析と改善を続けなけれなりません。


そして、その成果が出るまでには時間がかかります。そのため、長期的な目線で取り組むことが大切です。


2.量よりも質を常に重視する


Googleは、サイトやコンテンツを評価する際、質の高さを重視しています。そのため、コンテンツの量よりも質を常に重視しなければなりません。選定したキーワードで検索結果1ページ目に表示されるには、クオリティの高いコンテンツが必要です。


クオリティの高いコンテンツとは、ユーザーの課題を解決し、独自情報が含まれ、対象について網羅的に知識を得られるものを指します。


そのようなコンテンツはGoogleに評価されて上位表示されるだけでなく、ユーザーの信用を得ることにもつながるでしょう。


3.目標と目的を明らかにする


コンテンツマーケティングで成果を挙げるには、目標と目的を明らかにする必要があります。


なぜなら、目的に応じてこだわるべき数字が異なり、サービスや商品の認知度を高めたい場合は、PV数や読了率を分析しなければならないからです。


また、直接的な購買や問い合わせを増やしたい場合はCV率を見て、目標を定めなければならないなど、見るべき指標が異なります。


つまり、目的を定めて分析する数値を明らかにし、目標達成への施策を展開しながら全体の方向性を決めて流動的にサイト運営しなければならないということです。


4.狭いターゲットに絞り込む


コンテンツマーケティングは、幅広い層に訴求しようと思うほど、ターゲットを絞り込む必要があります。しかし、ターゲットやペルソナを効果的に絞り込むのは非常に難しいことです。


例えば、「お肌の悩みを抱えている人」に向けたコンテンツ作成を目指す場合、「40代、主婦、子どもは2人、時間と手間をかけずに綺麗になりたい」など、ターゲットの年齢や状況、具体的な課題を絞り込むことが重要なこととなります。


また、公開したコンテンツでターゲット層を獲得できれば、施策を横展開したり想定外の層からアプローチがあったりと戦略の幅を広げられるようになるでしょう。


5.まずはプロに依頼してみる


コンテンツマーケティングを打ち出す際、まずはプロに依頼してみましょう。自社のリソースのみで、0からノウハウをストックしながらサイトを構築するのはとても難しいことです。


また、自分の仕事と並行しながらコンテンツマーケティングを展開した場合、成果を出せないことのほうが大半を占めています。


コンテンツマーケティングの実績があり、ノウハウを持っている会社に発注すれば30〜50万円の費用で成功する確率を高められるでしょう。


導入支援まで対応してくれる発注先の場合は、最終的にインハウス化することを視野に入れられるため、まずは複数の会社に相談や費用、依頼できる内容の確認が大切です。⇒レイアップに相談する(無料)



コンテンツマーケティングの費用に関するまとめ


コンテンツマーケティングは、「まずは依頼すること」を前提に自社内でもノウハウを貯めていくことが大切です。外注する際の費用をまとめると以下の予算が必要となります。

  • ​コンテンツ制作のみ:10万円〜

  • サイト構築のみ:10万円〜30万円

  • 戦略コンサルのみ:30万円〜50万円

  • 全般支援:30万円〜100万円

自社でコンテンツマーケティングを0から立ち上げようとすると、非効率ですし、成功する可能性も低くなる可能性があります。


弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • 「アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない」

  • 「どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる」

  • 「なかなか上位表示できない」


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)


また、年収Upを目指すならハイキャリアに役立つ情報が満載のコンサルキャリアをチェックしてみてください!




閲覧数:111回0件のコメント

Comments


bottom of page