top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

コンテンツマーケティング戦略の立て方を7ステップで解説|成功のコツもご紹介!

更新日:1月18日


コンテンツマーケティング戦略の立て方を7ステップで解説|成功のコツもご紹介!

コンテンツマーケティングにおいて、戦略の有無はビジネスの成功を大きく左右します。ただし、どのように戦略を立てるべきなのかわからない方も多いのではないでしょうか。


そこで、この記事では、コンテンツマーケティングに戦略が必要な理由や戦略の立て方について解説します。


また、コンテンツマーケティング戦略を成功させるコツについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。⇒レイアップに相談する(無料)




コンテンツマーケティングに戦略が必要な4つの理由


コンテンツマーケティングに戦略が必要な理由について解説します。

  • 限られたリソースを効率的に活用するため

  • 組織内の方向性を統一させるため

  • ユーザーと正しくつながる道筋を作るため

  • 費用対効果を高めるため

それぞれについて詳しくみていきましょう。


1.限られたリソースを効率的に活用するため


コンテンツマーケティングは、「オウンドメディアでの記事の配信」や「YouTubeへの動画投稿」など多岐にわたるアプローチがあります。


これらの取り組みは、スタッフや物資、資金、時間といった経営資源を必要としますが、リソースは無限ではありません。


効率的なマーケティングを実施するためには、限られたリソースを最大限活用する戦略が不可欠です。どのように資源を配分し、どのような活動に注力すべきか事前に計画が必要です。


2.組織内の方向性を統一させるため


コンテンツマーケティングの運用の過程で戦略が不明確な場合、組織内の意思疎通の乱れや混乱を招き、コンテンツの一貫性を損なうリスクが高まります。


このような状態では、ユーザーに対して明確なメッセージを伝えるのが難しく、マーケティングの効果を発揮できません。


したがって、事前に戦略を練り、組織内のすべての関係者と共通の目標を持つような調整が大切です。


3.ユーザーと正しくつながる道筋を作るため


コンテンツマーケティングは、ユーザーとの関係を構築し、最終的には商品の購入やブランドのファンになってもらうための重要な手段です。


しかし、単にコンテンツを作成し配信するだけでは、ユーザーとの有意義な接点は生まれません。


戦略的なコンテンツマーケティングには、ユーザーのニーズや関心を深く理解し、それに基づいた質の高いコンテンツの提供が求められます。


このアプローチにより、ユーザーとの関係が強化され、ユーザーの行動にポジティブな影響を与えます。


4.費用対効果を高めるため


無計画に施策を進めると期待した効果が得られず、投じたコストが無駄になるリスクがあります。効果的なコンテンツマーケティングには、明確な戦略が欠かせません。


まずは、どのようなコンテンツがターゲットにとって価値があるのか理解し、効率的にリソースを配分するようにしましょう。


戦略的なアプローチは、目標達成への道筋をはっきりさせ、費用対効果を最大化するための鍵となります。


コンテンツマーケティングにおける戦略の立て方


次に、コンテンツマーケティングにおける戦略の立て方について解説します。

  • ステップ1.現状の把握と分析

  • ステップ2.ゴール設定(KPI設計)

  • ステップ3.ペルソナの明確化

  • ステップ4.購買に至るまでのフロー把握

  • ステップ5.コンテンツ媒体の選定

  • ステップ6.コンテンツ制作の体制構築

  • ステップ7.計画表の作成

それぞれについて詳しくみていきましょう。


ステップ1.現状の把握と分析


自社の状況とコンテンツマーケティングの実施状況を正確に理解し、課題を洗い出す必要があります。現状分析には以下のフレームワークがおすすめです。

SWOT分析

  • 自社の強みと弱みを客観的に把握できる

  • 現状の課題を明確に洗い出せる


3C分析

  • 自社、競合他社、顧客間の関係性を明らかにする

  • 自社の環境、顧客のニーズ、自社の強みを的確に捉える

  • これらの分析を通じて、自社にとっての成功要因を見極める

とくに初心者にとって使いやすいのがSWOT分析です。このステップを丁寧に実施することで、次のステップへと進むための強固な基盤を築けます。


ステップ2.ゴール設定(KPI設計)


コンテンツマーケティングの戦略策定において、KPIの設計は不可欠です。手順は以下のとおりです。

  • 現状の課題のなかから優先順位を決定

  • コンテンツマーケティングによって解決可能か検討する

  • 実施する具体的な目的を明確にし、目的に基づいて具体的な目標を設定する

これにより、戦略の進行状況が正確に測定でき、必要に応じて計画の調整も可能になります。


ステップ3.ペルソナの明確化


ペルソナとは、ターゲットユーザーの顧客像を表します。


ペルソナには年齢や性別、職業などの基本情報に加え、生活パターンや価値観、趣味、休日の過ごし方まで細かな設定が欠かせません。


さらに、最も重要なのは「抱えている悩み」についてです。ユーザーの悩みを理解し、解決するための価値あるコンテンツの提供がコンテンツマーケティングの要です。


このアプローチにより、ユーザーの信頼を獲得できれば、ロイヤリティの向上につながります。


ステップ4.購買に至るまでのフロー把握


作成したペルソナを基に、顧客がどのようなプロセスを経て製品やサービスを購入するか分析します。


分析をより深めるためには、カスタマージャーニーとコンテンツマップの作成が有効です。


カスタマージャーニーでは顧客の行動パターンを詳細に追い、コンテンツマップで適切なコンテンツを特定します。


これらは、計画段階で実施するのが理想的ですが、初心者の場合はコンテンツ発信を進めるなかで段階的に取り組みましょう。


ステップ5.コンテンツ媒体の選定


カスタマージャーニーでの分析により、顧客の購買フローを把握します。


このフローにおいて、顧客がどのような段階にあるかに応じて、最適なコンテンツ媒体を選ぶ必要があります。


たとえば、認知の初期段階では、ブログやソーシャルメディアへの投稿が有効です。


一方、購買決定の近い顧客には、詳細な製品情報や事例研究が含まれたホワイトペーパーやウェビナーが効果的です。


コンテンツの種類と媒体を適切に選定することで、各顧客のニーズに合わせた効果的なマーケティングが可能になります。


ステップ6.コンテンツ制作の体制構築


コンテンツマーケティングでは、体制づくりが非常に重要です。


コンテンツ制作は、継続することが大切ですが、緊急性が低いと判断されがちなため、後回しにされるケースがほとんどです。


コンテンツマーケティングの成功には地道な継続が不可欠であり、適切な「仕組みづくり」と「環境整備」が求められます。


社内でのコンテンツ制作には、制作時間の確保が重要で、チーム全体で「週に〇時間のコンテンツ制作時間を設ける」といった具体的な計画を共有するのが望ましいです。


ステップ7.計画表の作成


最後に、コンテンツの計画表を作成します。この計画表は、目標達成に向けた道しるべとなり、重要なポイントです。


なお、計画表の作成は以下のフローで実施します。

  • 担当者とそれぞれの担当内容を明確にする

  • 社内で実施するタスクと外注するタスクを決定する

  • コンテンツの制作頻度を設定する(たとえば、ブログ記事は月に何本、メールマガジンはどのペースで配信するかなど)

  • コンテンツの管理方法について決定する

これらの内容を明確に定めて、運用が計画どおりに進行しているのか管理するようにしましょう。


コンテンツマーケティング戦略を成功させる4つのコツ


次に、コンテンツマーケティング戦略を成功させるコツについて解説します。

  • 経営層や上司の理解を得る

  • コンテンツの質にこだわる

  • データ活用して仮説検証を繰り返す

  • コンテンツ制作をプロに依頼する

それぞれについて詳しくみていきましょう。


1.経営層や上司の理解を得る


コンテンツマーケティング戦略を成功させるには、経営層や上司の理解が不可欠です。これを実現するためには、次のようなアプローチが効果的です。

  • 競合他社がコンテンツマーケティングをどのように利用しているか示し、効果を強調する

  • 上司が最も重要視しているポイントを理解し、その視点から提案する

  • 自社と似た業種や課題を持つ企業のコンテンツマーケティング成功事例を提示する

このように、コンテンツマーケティングの価値と重要性を理解してもらえれば、プロジェクトへの支援が期待できます。


なお、コンテンツマーケティングについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。



2.コンテンツの質にこだわる


高品質なコンテンツはユーザーを魅了し、ブランドの信頼性を高めます。質の高いコンテンツを作成するためのポイントは以下のとおりです。

  • 独自性のあるコンテンツを提供する

独自性の高い情報は、ほかの媒体では真似しにくく、読者に新鮮な価値を提供できる


  • 影響力のあるインフルエンサーを活用する

インフルエンサーを活用することで、新たなターゲット層へのリーチが可能となる


  • 外部への寄稿を検討する

自社コンテンツを外部サイトに寄稿すれば、ブランドの認知度を高めるチャンスが広がる

このような方法を活用し、コンテンツの質を高める工夫が必要です。


なお、コンテンツの権威性を高める方法については、こちらの記事でも詳しく解説しています。



3.データ活用して仮説検証を繰り返す


コンテンツマーケティングの成功には、データ活用と仮説検証が重要です。現状の施策に効果が感じられない場合は、以下の解決策を検討してみてください。

  • データの把握と分析

蓄積したデータを分析し、コンテンツの現状を把握する。ここでは、オーディエンスの特徴や流入経路、クエリ、ゴール達成度などを分析する


  • 戦略の立て直し

データ分析に基づいて、戦略を見直す。重点を置く部分を明確にし、何を達成したいか決定することで、効果的な検証が可能になる

データ活用と仮説検証を継続的に実施することで、コンテンツマーケティング戦略を改善し、効果を最大化できます。


4.コンテンツ制作をプロに依頼する


中小企業でリソース不足やスキル不足の懸念がある場合、アウトソーシングの活用が役立ちます。マーケティングやデザイン、企画を外部に依頼することで、企業の増益や成長が期待できます。


また、質の高いコンテンツ制作にはSEOの知識とスキルが欠かせません。適任者がいない場合は外部のライターや制作会社を利用し、コスト削減と品質向上を図りましょう。


なお、コンテンツマーケティングの支援に強い会社については、こちらの記事でも詳しく解説しています。



コンテンツマーケティングの戦略に関するよくある3つの質問


最後に、コンテンツマーケティングの戦略でよくある質問について解説します。

  • 質問1.そもそもコンテンツマーケティングとは?

  • 質問2.コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いは?

  • 質問3.コンテンツマーケティングの成果が感じられない場合は?

それぞれについて詳しくみていきましょう。


質問1.そもそもコンテンツマーケティングとは?


コンテンツマーケティングは、自社オリジナルのコンテンツをブログ記事や動画、メルマガ、SNSなどで提供し、集客を実施するマーケティング手法です。


この方法は、ユーザーに価値のあるコンテンツを提供し、将来的な購買やファン化につなげることを目的としています。


重要なポイントは、すでに商品を購入しようと考えている顧客だけでなく、まだ商品を知らない顧客や他社商品に興味を持っている顧客にもアプローチする点です。


コンテンツマーケティングは、顧客育成(ナーチャリング)の一環としても機能し、幅広い顧客層に対応できる特徴があります。


質問2.コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いは?


SEOは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略語で、特定の検索キーワードで上位表示を目指す施策を指します。


要するに、「コンテンツSEO」は検索結果での上位表示を狙うためにコンテンツを最適化する活動です。


しかし、コンテンツマーケティングとは、さまざまな場所で顧客とコンテンツが出会うための総合的な戦略を指します。


コンテンツマーケティングは、検索結果だけでなく、ソーシャルメディア、メールマーケティング、ウェブサイト内のコンテンツなど、幅広いアプローチを組み合わせます。


したがって、コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの一部です。


なお、コンテンツSEOについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。



質問3.コンテンツマーケティングの成果が感じられない場合は?


コンテンツマーケティングの成果が感じられない場合は、効果測定と改善の実施が重要です。アクセス数や訪問者の性質、ゴールとのギャップなどを調査し、改善点を見つけましょう。


目的に応じて調査内容を決め、さまざまな観点から分析するのが成功の鍵です。


コンテンツマーケティングは継続的な試行と改善が必要であり、成果を上げるためにはデータに基づいたアプローチが欠かせません。


まとめ


この記事では、コンテンツマーケティングに戦略が必要な理由や戦略の立て方、戦略を成功させるコツについて解説しました。


コンテンツマーケティングを成功させるには、限られたリソースを最大限に活用しなければなりません。そのため、社内での認識の統一や明確な戦略の策定が不可欠です。


この記事を参考にコンテンツマーケティングの戦略を立案し、マーケティング戦略を成功させてください。


なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。


岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:62回0件のコメント

Kommentare


bottom of page