top of page
  • 執筆者の写真光田 直史

【2024年最新】企画や制作、SEOも理解できる!コンテンツマーケティングを学べる本11選!

更新日:2023年12月26日


【2024年最新】企画や制作、SEOも理解できる!コンテンツマーケティングを学べる本11選!

「コンテンツマーケティング」とは、顧客向けに価値のあるコンテンツを作成・配信して見込み顧客へアプローチし、購買につなげるマーケティング手法です。


インターネット社会になっている現代では、コンテンツマーケティング施策は欠かせません。しかし、コンテンツマーケティングの知識を本で取り入れたいけれど、何がいいのか分からないといった方も多いでしょう。


当記事では、コンテンツマーケティングの基礎や仕組み、企画、分析などそれぞれのタイミングで読んでおきたい本をご紹介します。⇒レイアップに相談する(無料)




コンテンツマーケティングの基礎や仕組みを学べる本4選


ここではコンテンツマーケティングの基礎や仕組みを学べる本を4つ紹介します。どのような本なのか、それぞれ詳しくみていきましょう。



1.商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる



商品を売る従来のコンテンツマーケティングの手法ではなく、見つけてもらう仕組みづくりをコンセプトにした本です。


コミュニケーションを生むコンテンツマーケティングの重要性を主張し、見つけてもらうための手法を丁寧に解説しています。


必要になるペルソナ設定やコンテンツ作成のための設計図作成、ゴール設定などの方法も記載しており、コンテンツマーケティングの基礎や仕組みを学べる本です。



2.いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り



「いちばんやさしい教本」シリーズのコンテンツマーケティング解説本で、絶対に初心者でも挫折しないをコンセプトにした本です。


コンテンツマーケティング業界の人気講師である著者が、初心者や中級者向けにコンテンツマーケティングの手法から実践方法までを図解で解説しています。


商品を売るといった従来の考え方ではなく、自然と顧客が集まる仕組みづくりのノウハウを紹介しているなど、コンテンツマーケティング初心者の方でもわかりやすい内容に仕上がっています。



3.Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書



コンテンツマーケティングの概要や概念、仕組みづくりの方法など基礎的内容を基にした本です。


制作から拡散方法、チューニングまでの手法を解説し、作成したコンテンツをどういった方法でユーザーに届けるのかを的確にアドバイスしています。


成約率や問合せなど、早く成果に繋げる方法も記載されている他、実際に行われたコンテンツマーケティングの成功事例やQ&Aなども盛り込まれた一冊です。


そのため、幅広く学習したい方向けの内容となっており、成果が出ていない初心者から中級者まで一度は目に通しておきたい本といえるでしょう。



4.BtoB企業のためのマーケティングコンテンツ制作ガイド



株式会社Red Comet Managementの代表取締役CEO・宮崎晃彦氏が出版した本です。


コンテンツマーケティングに関する情報だけでなく、多種多様な業種・業界のBtoB企業で役立つマーケティング手法を解説しています。


業種・業界が抱える悩みや不安を事例として取り上げ、コンサルタントの視点から解説されており、コンテンツマーケティング上級者におすすめです。


宮崎氏が実際に経験したマーケティングに関する注意点も徹底的に解説されているため、これからはじめる初心者の方でもトラブル回避の方法を事前に学べます。


現場で役立つ情報が記載されているため、実践向きの一冊です。



コンテンツマーケティングの企画や制作の方法を学べる本3選


ここではコンテンツマーケティングの企画や制作の方法を学べる本を3つ紹介します。それぞれ詳しくみていきましょう。


1.ファンベースなひとたち ファンと共に歩んだ企業10の成功ストーリー



電通でWebプランナーやコピーライターとして活躍してきた佐藤尚之氏の本です。


佐藤氏は、スラムダンク一億冊キャンペーンでJIAAグランプリ、カンヌ広告祭銅賞を受賞し、現在はファンベースカンパニーの会長も務められています。


書籍は佐藤氏の講義と漫画をベースに、ファンベースの考え方や実践方法までわかりやすく解説した内容となっており、初心者や中級者であっても読みやすい本になっています。


中長期的に会社を発展させていきたい方や周りを巻き込んでいきたいと考えている方にもおすすめです。



2.沈黙のWebライティング-Webマーケッター ボーンの激闘-



Amazonでベストセラー第一位のヒット本である「沈黙のWebライティング」は、株式会社ウェブライダー代表の松尾氏が手がけました。


コンテンツマーケティングの入門書とも言われており、WebライティングやSEOなどの知識を網羅的に学べます。


600ページ超えと内容にボリュームがありますが、漫画形式となっているため、コンテンツマーケティングの知識がなかったとしてもスラスラ読めるでしょう。


これからコンテンツマーケティングに携わっていくのであれば必ず目を通しておきたい一冊です。



3.できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88



基本的なコンテンツマーケティングの企画や制作に関する手法が記載されている本です。ユーザーにとって適切なコンテンツを発信するために必要な知識が記されています。


また、費用対効果の高いメディア運営をおこなう手法も記載されているため、初心者だけでなくWebサービスの運営者やマーケティング担当者にもおすすめの一冊です。



コンテンツマーケティングの分析方法を学べる本2選


ここからは、コンテンツマーケティングの分析方法を学べる本を2つ紹介します。それぞれ詳しくみていきましょう。


1.できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240



この本では、Google Analyticsの基本設定からコンテンツの分析方法まで、手順とともに解説しています。


メディアの情報分析が不十分ではないかと感じる方や分析方法が分からないといった方、Google Analyticsを初めて使用する方におすすめの本です。



2.Googleアナリティクス プロフェッショナル 分析・施策のアイデアを生む最強リファレンス


Google Analyticsの初期の内容から専門的な内容まで記載されている本で、中級者から上級者向けです。


著書の山浦氏は読売広告やユニクロで務めた後、マーケティングコンサル会社に在籍しています。


Google Analyticsの初期設定方法から公式のヘルプなどがわかりやすく記載されているため、初心者にもおすすめしたい本です。


しかし、後半になるにつれ専門的な内容になっていくため、初心者にとっては少し難しいかもしれません。



コンテンツマーケティングのSEOを学べる本2選


ここではコンテンツマーケティングのSEOを学べる本を2つ紹介します。どのような本なのか、それぞれ詳しくみていきましょう。


1.10年つかえるSEOの基本



この本では、SEOの基礎的知識と集客に繋げるための方法を学べます。


SEOに大きく関係する検索エンジンの仕組みを解説しながら、コンテンツを上位表示させる方法を解説しています。SEOの知識を初めて学ぶといった方におすすめです。



2.現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル



Webマーケティングのプロである西山氏と株式会社デジタルアイデンティティの小林氏が協働で制作した本です。


SEOの基本的な部分から、エンジニアやデザイナーが意識したほうが良い箇所などまで幅広く解説されています。


難しい内容はほぼなく、SEO初心者でも読みやすい本となっており、SEOに長年関わっている方がSEO施策の内容を振り返りたい場合にもおすすめです。


コンテンツマーケティングの本に関するまとめ


コンテンツマーケティングの理解を深めるためには、現場で経験を積むのが1番です。しかし、まったく知識がない状態の場合、本から基礎知識を習得しなければなりません。


とはいえ、本を読む行為が苦手だったり、日々多忙で時間を取れなかったりする方は多いです。


そういった方は、当記事で紹介した本の中でも、少し面白そうなものを購入してみましょう。


どれもコンテンツマーケティングの知識を深めるために最適な本ばかりですので、買って損はありません。ぜひ学習時の参考にしてみてください。


弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • 「アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない」

  • 「どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる」

  • 「なかなか上位表示できない」

といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。


岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:86回0件のコメント

Comments


bottom of page