top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【2024年最新】コンテンツマーケティング成功事例20選|チェックすべきポイントや成功に導く法則を解説!

更新日:2023年12月29日


【2024年最新】コンテンツマーケティング成功事例20選|チェックすべきポイントや成功に導く法則を解説!

コンテンツマーケティングとは、自社のオウンドメディアを立ち上げ閲覧者に対して有益な情報を提供することで、コンバージョンを上げることが目的です。


しかし、ただコンテンツが多いだけでは成果に結びつけることが難しくなります。そこで、他社の事例を参考にすることが重要です。この記事ではコンテンツマーケティング成功事例を20種類紹介します。⇒レイアップに相談する(無料)




コンテンツマーケティングの成功事例を見る際にチェックすべき3つのポイント


企業によってコンテンツマーケティングの導入目的や成果、手法などが異なります。そこで、コンテンツマーケティングの成功事例を見る際に次のポイントを意識しましょう。

  • ​提供しているコンテンツの種類

  • コンテンツマーケティングのタイプ

  • ターゲットにしているユーザー

ポイント1.提供しているコンテンツの種類


コンテンツマーケティングには次のように4種類のコンテンツがあります。

  • ​事実を基にしている

  • 利用者がレビューをしている

  • 専門家が評価している

  • 利用者にとって有益な情報を提供している

コンテンツマーケティングを成功させるためには、サービスや商品の対象にあったコンテンツを提供することが重要です。事例を確認する場合、自社と同じタイプの事例をみるとより効果的です。


ポイント2.コンテンツマーケティングのタイプ


コンテンツマーケティングには、次のように4つの対応があります。

  • ​閲覧者にとって違和感のない形で情報を発信するタイプ

  • ユーモアを含めて閲覧者の興味をひくような対応

  • 閲覧者の疑問を解決するタイプ

  • SEO重視のタイプ

閲覧者の課題解決が最も一般的ではありますが、他にも読んでもらうために様々な工夫がされています。さらに、SEOを重視したタイプもあるのです。


ポイント3.ターゲットにしているユーザー


コンテンツを作成する場合において、ターゲットを絞ってニーズを満たすことが重要です。そのため、他社のコンテンツを見ると、認知や比較、購入といったどのユーザーの段階がターゲットであるのか把握できます。


例えば認知をしたばかりのユーザーが対象であれば、どのように比較や購入へ進めているかを参考にしましょう。


【BtoC】コンテンツマーケティングの成功事例10選


BtoCにおけるコンテンツマーケティングの成功事例を10例紹介します。


事例1.北欧、暮らしの道具店


事例1.北欧、暮らしの道具店


北欧暮らしの道具店のWebサイトは、北欧の雑貨や家具を使った生活を紹介することによって北欧での生活を顧客に知ってもらうことが目的です。


北欧での生活をイメージすることで、雑貨や家具の購買意欲を高めています。北欧暮らしの道具店のWebサイトをよく見ている人の中で、毎月20回以上Webサイトを訪問しているといったデータがでています。


このため、Webサイト閲覧者に北欧の生活や雑貨、商品などの認知に成功しているのです。


事例2.HAPPY PLUS STORE


事例2.HAPPY PLUS STORE



HAPPY PLUS STOREは、バイヤーがコーディネート例やレビューを紹介したファッションECサイトです。


オウンドメディアとしてECサイトを運用しており、それぞれ閲覧者のニーズに合わせたコンテンツを提供しています。


さらに、コンテンツに合わせて商品の情報を提供し、購入意欲を高めています。もともと物販専門サイトだったのが、ECを含めたオウンドメディアになりました。


事例3.Lidea


事例3.Lidea

引用:Lidea


Lideaはライオン株式会社が運営しており、生活に必要な情報を提供しているオウンドメディアです。


商品と関連性が高いキーワードにおいて検索上位を目指すことで、市z年検索流入から購買者数を増やしています。


さらに、会員登録することでプレゼントキャンペーンに参加できるなどさまざまなメリットを提供しています。


事例4.YOURMYSTAR STYLE


事例4.YOURMYSTAR STYLE


YOURMYSTAR STYLEはハウスクリーニングサービスを提供しているユアマイスターが運営しているオウンドメディアです。


SEO対策に加えSNSを活用して流入数を1年で2倍、さらにコンバージョンを6倍にしました。独自性の高いコンテンツで、閲覧者のニーズに答えるような質の高い情報を提供しています。


事例5.カエライフ


事例5.カエライフ


カエライフは、車の部品を扱う株式会社ホンダアクセスが運用しているオウンドメディアです。なかなか情報が出回らないニッチな情報を提供し、コアなファンを対象にしています。


商品となるカスタムカーやレトロカーなどの紹介から、実際に利用している人の声を取り上げるなど、コアなファンのニーズを満たすことで顧客ロイヤリティを高めています。


事例6.SUUMOタウン


事例6.SUUMOタウン


SUUMOタウンでは、日本国内における様々な街を紹介することによってWebサイト閲覧者がそれぞれの街をイメージしやすくしています。


そこで、Web閲覧者の信頼性を得て物件検索サイトのSUUMOを訴求することに成功しています。Web閲覧者の不安を解消しながらサービスへ誘導するといった方法です。


事例7.Lifenet JOURNAL


事例7.Lifenet JOURNAL


Lifenet JOURNALはライフネット生命が運営しており、仕事やお金において悩んでいる人に対して保険で解決できる事例を紹介することで保険加入を促しています。


無理に保険を紹介するのではなく、さまざまな状況を説明する中で閲覧者が自然と保険が必要であることを認識します


オウンドメディアのコンテンツマーケティングは宣伝しがちですが、Lifenet JOURNALでは自然な宣伝をすることが特徴です。


事例8.旅ブロ


事例8.旅ブロ

引用:旅ブロ


旅ブロは旅行会社のHISが運営しており、さまざまなスポットやレストラン、ホテルなどそれぞれの地域における情報を提供しています。


どの地域に行くか迷っている閲覧者に対して、それぞれの地域のイメージをしやすくしています。地域の紹介をすることが目的で、自社サービスへあまり誘導していません。


世界中の最新情報を提供することによって、満足できる情報源として役割を果たしています。


事例9.OMG PRESS


事例9.OMG PRESS

引用:OMG PRESS


MG PRESSはメガネを扱うオーマイグラス株式会社が運営するオウンドメディアです。


見込み客の段階(認知したばかり、比較している状態、検討段階)に合わせてコンテンツを定常しニーズを高めています。実店舗を展開しており、実店舗のリピーターも見込み客です。


事例10.キナリノ


事例10.キナリノ

引用:キナリノ


キナリノは株式会社カカクコムが運用しているオウンドメディアです。生活に関連する商品からファッションなど幅広いジャンルを扱い、2020年の段階では2,000以上のコンテンツがあります。


会員登録をすることで、自分の好きな記事をお気に入り登録でき、好きな情報だけを集められることができます。


さらに、情報量が多く閲覧者に必要な情報を提供します。情報に関連した商品の購入リンクが設定されており、購買意欲を高めてコンバージョンにつなげているのです。


【BtoB】コンテンツマーケティングの成功事例10選


BtoB向けのコンテンツマーケティング成功事例を次の10社から紹介します。


事例1.HR NOTE


事例1.HR NOTE

引用:HR NOTE


HR NOTEは、人事担当者に必要な情報を提供するWebサイトです。運営している株式会社ネオキャリアのノウハウや経験などを活かした有益ある情報が特徴です。


さらに、MAツールを活用することによってセグメントに合わせてポップアップを使ったり、閲覧行動を予測したりするなどさまざまな工夫をしています。


事例2.ferret One


事例2.ferret One

引用:ferret One


ferret Oneは、BtoB向けにマーケティングに関連する情報を提供しているWebサイトです。マーケティングに必要なDX推進や業務効率化、KPの作成方法など閲覧者にとって必要な情報をそれぞれのページにて紹介しています。


閲覧者にとって必要な情報が書かれているページにて、関連する自社の商品を自然に紹介しています。


さらに、導入実績が書かれていることから閲覧者に安心感を与えています。Webサイトの影響もあり、1,000社以上の企業がferret oneの自社ツールを導入しているのです。


事例3.WISDOM


事例3.WISDOM

引用:WISDOM


WISDOMはNECが運営しており、IT技術やマーケティング等の情報を提供しています。


企業が必要としている情報が主であり、読者となることで商材の購買意欲を高めているのです。


さらに、新しいビジネス情報を提供することで自社のツールを使った新しい着眼点を持ってもらうことも目的です。


ビジネス分野における最先端の企業としてブランディングにも成功しています。


事例4.Money Forward Bizpedia


事例4.Money Forward Bizpedia



Money Forward Bizpediaは、事業主や経営者に対して、経理常務を中心に情報を提供しています。


自社サービスに関連した情報が多く、Webサイト内に動画を設置するなど、閲覧者にとって理解しやすいように工夫されています。様々なコンテンツを提供することで見やすいWebサイトにしているのが特徴です。


事例5.バズ部


事例5.バズ部

引用:バズ部


バズ部は、Webに特化したマーケティングに関する情報を提供しているメディアです。


運営している株式会社ルーシーは、マーケティングコンサルティングを主に展開しておりさまざまなノウハウをバズ部で提供しています。


そのため、具体的な事例が多く閲覧者の信頼を得られることからブランディングに成功しています。ブランディングを意識している場合は参考にしたWebサイトです。


事例6.SATORIマーケティングブログ


事例6.SATORIマーケティングブログ


SATORIマーケティングブログでは、マーケティングに関する情報をわかりやすく提供することで自社サービスの訴求をしている例です。


Webサイトには訴求に関連する情報が多く、閲覧者は自分のニーズにあった情報を見つけた時点で、サービスを確認できるよう工夫されています。


ユーザーニーズをつかむWebサイトとして参考にしたい事例といえます。


事例7.経営ハッカー


事例7.経営ハッカー


経営ハッカーは、経営にテクノロジーを加えたコンセプトを軸に、経営ノウハウを紹介をしているWebサイトです。


インタビュー記事が多く実際の声を集めておりより具体的な内容であるため、閲覧者の共感を得やすい内容となっています。そこで、自社の製品である会計サービスfreeeの訴求力を最大化している例です。


事例8.Social Media Lab


事例8.Social Media Lab


Social Media Labは、SNS運用をはじめとしたソーシャルメディアに特化したビジネス展開に関連した情報を提供しています。


マーケターの事例も多数紹介されており、実際の生の声も確認できます。SNSに特化していることから、Webサイトの方向性が明確で他社サイトとの差別化ができているサービスです。


事例9.サイボウズ式


事例9.サイボウズ式


サイボウズ式とは、働き方や仕事などで悩みを持っている人に対してさまざまな情報を提供しているWebサイトです。しかし、情報発信だけが目的ではなくリードを獲得しています。


自社の商品を使って課題を解決できるような事例を紹介しており、自然と自社商品を訴求しています。閲覧者にとって有益な情報であるため、ユーザー満足度が高い点が特徴です。


事例10.Iinotice


事例10.Iinotice

引用:Iinotice


Iinoticeはヤフー株式会社の採用広報担当者が運用しているオウンドメディアです。


そのため、就職活動をしている人が対象であり、採用担当者が求めるような人材やアドバイスなどの情報を提供しています。


もともとWebサイト閲覧者の対象を決めていなかったのですが、初年度で採用者の母数を得ることができ2年目からはターゲットを限定するようになりました。


成功事例に見るコンテンツマーケティングを成功に導く4つの法則


これまでのコンテンツマーケティング成功事例を見ていると、次のような成功に導く法則が挙げられます。

  • ​目的と成果が明らかになっている

  • 継続的にマーケティングの改善を重ねている

  • タッチポイントによって適した運用が行われている

  • コンテンツを作成するための体制を整えている

1.目的と成果が明らかになっている


コンテンツマーケティングにおいて成功するためには、Webサイトの目的や成果が明確であることが重要です。


目的や成果が明確でなければ、マーケティング施策の正しい効果測定ができません。コンテンツマーケティングは、目的や成果を達成できるようなコンテンツが必要です。


次のページでは、コンテンツマーケティングの戦略の立て方を7ステップで解説しています。戦略を成功させるコツも紹介していますのでぜひ参考にしてみてください!



2.継続的にマーケティングの改善を重ねている


コンテンツマーケティングは一度作成したら終わりではありません。マーケティングの改善を何十回、また何百回と続けることによってようやく効果的なWebサイトができるのです。


事例を見ても様々な工夫がされていることが分かります。成果や目的から逆算して、必要なコンテンツ制作を継続して行うことが重要です。


3.タッチポイントによって適した運用が行われている


コンテンツマーケティングを導入するタッチポイントによって、適した運用方法が異なります。


例えば、自然検索流入の場合はキーワードを選択しているユーザーニーズを把握することが重要です。


しかし、ソーシャルの場合は効果的な企画が求められます。質の高いコンテンツを作成する場合は、タッチポイントに適した戦略を立てましょう。


4.コンテンツを作成するための体制を整えている


効率的にコンテンツ製作をするためには、体制作りが重要です。


特に、リソースが足りない企業はコンテンツ選定やノウハウを持つ企業にアウトソーシングするなど工夫が必要です。


コンテンツマーケティングは時間をかけて改善しながら作成することがもとめられます。そのため、担当者だけに負担がかかりすぎないようにしましょう。


コンテンツマーケティングでよくある3つの質問


コンテンツマーケティングでよくある次の質問をまとめました。コンテンツマーケティング導入を検討している場合は参考にしてみてください。


質問1.2024年もコンテンツマーケティングに取り組む企業は増えますか?


コンテンツマーケティングは2023年に入っても取り組む企業が増えると予想されています。


インターネットやスマートフォンの普及で顧客は必要な情報を調べられる時代です。


そのため、ニーズを満たすようなコンテンツが求められます。また、外部環境は継続的に変化するためその都度対応が必要です。


質問2.コンテンツマーケティングで成果を上げるにはどうすればよいですか?


コンテンツマーケティングにおいて成果を上げるには、目的や成果を明確にして継続的に改善を繰り返してより良いコンテンツを提供する体制が重要です。


マーケティング担当者だけに負担がかかるような環境は避けましょう。


質問3.コンテンツマーケティングを外注する際の注意点はありますか?


コンテンツマーケティングを外注する場合はKPI(Key Performance Indicator、重要業績評価指標)とKGI(Key Goal Indicator、経営目標達成指標)を明確にすることが重要です。


企業が設定してい経営目標を達成するために、また目標に向けての進捗を示す指標を明確にしないと外注企業の効果測定ができません。


また、KPIとKGIは外注先と共有することが重要です。もし自社で設定が難しい場合は、設定から支援してくれる外注先を選ぶとよいでしょう。


次のページでは、コンテンツマーケティング支援に強い会社10選を紹介しています。選び方のポイントも解説していますのでぜひ参考にしてみてください。



まとめ


コンテンツマーケティングは、閲覧者に対して有益な情報を提供することで多くの人に読んでもらうことが重要です。


さらに、課題を解決したりニーズを満たしたりするコンテンツを提供し、スムーズに自社の商品やサービスを訴求します。コンテンツマーケティングは短期間で結果がでるわけではなく、改善を重ねることが求められます。


本記事では、段階ごとに意識したいポイントについて詳しく解説しましたので、迷ったときはぜひ参考にしてみてください。弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。

  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない

といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:103回0件のコメント
bottom of page