top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

ChatGPTを活用してSEOに強い記事を作成する方法|プロンプト例や導入メリットを解説!

更新日:4 日前


ChatGPTを活用してSEOに強い記事を作成する方法|プロンプト例や導入メリットを解説!

「AIを活用したい」「本当にChatGPTはコンテンツ作成に使えるの?」このように考える方は少なくありません。実際にAIを使用してコンテンツを作成し、結果を得るまでには時間を要する場合がほとんどです。


この記事では実際にChatGPTを使用して、コンテンツ制作をしている編集部がSEOに強い記事を作成する方法を解説します。従来のコンテンツ制作方法を改善したい方は、ぜひ参考にしてみてください。⇒レイアップに相談する(無料)




ChatGPTで生成した文章はSEOに影響するのか?


ChatGPTを使用して文章を作成しても、SEO評価を得ることは可能です。Googleによると、検索ランキング操作が主な目的でなければ、問題ないと公表しています。


AI が生成するコンテンツは検索で上位に表示されますか?
AI を使用したからといってランキングに関して特別なメリットがあるわけではありません。有用、有益なオリジナル コンテンツで、E-E-A-T の基準を満たすものは、検索で上位に表示される可能性が高くなります。作成方法ではなく、内容が評価の対象となります。


Googleはコンテンツの質、特にユーザーにとっての有益性を重要視しています。そのため、ChatGPTの使用の有無を問わず「E-E-A-T」の基準を満たすコンテンツ作成が必要です。



記事作成にChatGPTを活用する3つのメリット

記事作成にChatGPTを活用するメリットには、以下の3つが挙げられます。

  1. ​執筆時間を短縮できる

  2. 気づきを得られる

  3. コストを削減できる

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しくみていきましょう。


1.執筆時間を短縮できる


ChatGPTは、スピーディーに文章生成が可能です。また、本文の執筆だけではなく、記事テーマの企画から構成案、校正作業まで幅広く活用できます。


このように効率化を図れますが、試行錯誤が必要となる場合があるかもしれません。しかし、ChatGPTを工夫して利用することで、時間短縮が期待できます。


2.気づきを得られる


ChatGPTは、前述した通り文章の校正にも使えます。そのため、新しい表現方法の発見に役立つ可能性があり、気づきを得られるかもしれません。


そもそも、ChatGPTはこれまでに蓄積されたテキストデータに基づき、あらゆる文章を生成することが可能です。また、文章生成を命令するごとに異なる表現をするため、検索意図やペルソナに関する新しい視点を得られます。


3.コストを削減できる

ChatGPTを上手く取り入れると、記事作成や添削のコスト削減につながります。従来、コンテンツ作成は構成者やライター、編集者などのように分業・外注していました。


しかし、これまで外注していた作業をChatGPTに置き換えられれば、外注費の削減が期待できます。また、人材不足のマーケティング部門でも自社でコンテンツ制作を完結できる可能性があります。



記事作成にChatGPTを活用する3つのデメリット

記事作成にChatGPTを活用するデメリットには、以下の3つが挙げられます。

  1. ​内容にオリジナリティがない

  2. 情報が間違っている可能性がある

  3. 無機質な文体になりやすい

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しくみていきましょう。


1.内容にオリジナリティがない


ChatGPTは、過去のデータを基に文章生成するため、オリジナリティに欠けることがあります。そのため、ただ文章を生成するだけではなく、独自の経験や思考に基づいた一次情報の組み込みがかかせません。


SEO評価を得るために重要視される「独自性」を高めるには、人の手で加工することが必須です。つまり、生成した文章をそのまま校正しただけでは、使い物にならないおそれがあります。


2.情報が間違っている可能性がある


ChatGPTは確率に基づいて文章を生成するため、誤情報を出すおそれがあります。また、存在しない用語やデータに基づいた誤回答を生成することも否定できません。


そのため、ChatGPTを活用してコンテンツに作成する文章を生成する場合、ファクトチェックが不可欠です。そうなると、これまで執筆していたよりも余計な工数が増える可能性があることにも留意しなければなりません。


3.無機質な文体になりやすい


ChatGPTの文章は硬く、感情的なニュアンスが不足する傾向にあります。そのため、生成した文章を読者のリテラシーに合わせた言葉遣いや、サイトのトンマナに応じた修正が必要です。


また、人間の感覚を反映した文章を作成することには向いていないため、人手を使った修正・編集が欠かせません。これらのデメリットは、これまでコンテンツ制作の経験がある人からすれば感じたことがないものかもしれません。



SEOに強い記事を作成するChatGPTのプロンプト例7選


SEOに強い記事を作成するための、ChatGPTのプロンプト例7選をピックアップしました。具体的な記事生成の参考にしてください。

1.キーワードの選定


ChatGPTはキーワード選定に活用できます。プロンプトには、ブログ記事の目的、ターゲット、ターゲットキーワードを入力します。


適切な文章を出力するには、記事の目的やメインキーワードを明確にしてからプロンプトに入力することが求められます。

【プロンプト例】

あなたはプロのマーケターです。ブログ記事の、関連キーワードと適切な戦略を考えてください。ルールは以下の通りです。

  • ブログ記事の目的:自社が提供している商品の認知拡大

  • ブログ記事のターゲット:美容品の選び方に悩む、30代女性

  • ターゲットキーワード:美肌

2.ペルソナの設定


ペルソナ設定は、SEO記事作成において重要な要素のひとつです。ChatGPTではユーザーの課題や願望をプロンプトとすることにより、ペルソナを設定できます。


また、同じプロンプトを複数回入力することで異なる回答を得ることが可能です。このことから、あらゆる洞察を得られます。

【プロンプト例】

「美肌 化粧品」で検索するユーザーの「年齢・性別・年収・性格・職種」を設定してください。

また、設定したペルソナが「美肌 化粧品」を検索するに至った背景を考えてください。

3.記事タイトルの作成


ChatGPTは、記事タイトルの作成についても可能です。キーワード選定で得た情報をプロンプトに入力してタイトル作成を指示することによって、複数のタイトル案を出してくれます。


この際、関連キーワードとSEO上のポイントを組み合わせた指示を出すことが重要です。

【プロンプト例】

あなたはプロのマーケターです。ブログ記事のタイトル案を複数考えてください。ルールは以下の通りです。

  • 関連キーワード:基礎化粧品

  • 読者の心理:読者は肌を美しくしたいという欲求を持っている。

  • 上位表示のために必要なポイント:年代ごとの基礎化粧品の選び方、肌質の確認方法、成分ごとの効果・効能、具体的な商品の特徴

4.見出し・構成案の作成


ChatGPTは、見出しや構成案の作成に活用できます。見出し・構成案を作成する際、関連キーワードや読者の心理などの情報が必要です。


プロンプトに適切な情報を入力することで、目的に合った構成案を得られます。

【プロンプト例】

あなたはプロのマーケターです。ブログ記事の適切な構成を考えてください。ルールは以下の通りです。

  • タイトル:「30代にピッタリな基礎化粧品とは?:肌質ごとの選び方からおすすめアイテムまでご紹介」

  • 関連キーワード:30代 基礎化粧品

  • 読者の心理:読者は美しい肌を手に入れたいという欲求を持っている

  • 上位表示のために必要なポイント:年代ごとの基礎化粧品の選び方、肌質の確認方法、成分ごとの効果・効能、具体的な商品の特徴を紹介する

  • 出力形式:見出しについては1-1,1-2,2-1,2-2,3-1,3-2などの形式で出力する

5.本文の執筆


ChatGPTを使えば、ブログ記事の本文についても執筆が可能です。見出し構成の内容に沿った本文を生成するには、タイトルとキーワード選定情報をプロンプトに入力します。


また、記事全文を出力させると文量が少なくなる傾向にあるため、H2やH3単位で執筆するように指示してください。

【プロンプト例】

あなたはプロのマーケターです。下記を踏まえて、ブログ記事の文章を考えてください。


1なぜ基礎化粧品が重要なのか?

1-1.肌質のセルフチェック方法

言及内容:なぜ基礎化粧品が重要なのかを説明

言及内容:自分でチェックする方法を説明

6.記事の要約


ChatGPTは文章の要約もできます。文字数の指定についても可能です。


たとえば、指定した文字数のディスクリプションなどを出力できます。プロンプトには、要約に必要となるキーワードや内容、文字数について具体的な指示を与えることがポイントです。

【プロンプト例】

「30代女性におすすめの基礎化粧品:肌質のセルフチェック方法やおすすめアイテム」に関するブログ記事の重要なポイントを要約してください。

7.文章の校正


ChatGPTは記事の推敲においても活用できます。ターゲットとする読者を明らかにすることで、適切な改善案を出力することが可能です。


変更箇所を確認するには、変更した部分について尋ねるプロンプトを入力してください。

​【プロンプト例】

あなたはプロのライターです。以下の文章にわかりにくい点や文法的な誤りがあれば修正してください。

“校正をしたい文章を貼り付ける”



ChatGPT SEOでよくある3つの質問

ChatGPTのSEOでよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • ​質問1.そもそもChatGPTとは?

  • 質問2.SEO記事の作成にChatGPTを活用するコツは?

  • 質問3.ChatGPTを活用する際の注意点は?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しくみていきましょう。


質問1.そもそもChatGPTとは?


ChatGPTとは、OpenAI社により開発された自然言語処理を用いたAIチャットです。2023年11月時点では「ChatGPT-3.5」と「ChatGPT-4」の2つが存在します。


ChatGPT-4は有料となり、月額20ドルが必要です。ほとんどの情報が2年以上前のものとなるため、最新情報ではない点に注意してください。


また、AIライティングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。



質問2.SEO記事の作成にChatGPTを活用するコツは?


SEO記事の作成にChatGPTを活用するためには、いくつかのコツがあります。

  • ​具体的なプロンプト入力を意識する

  • 詳細な内容を指示する

  • 外部の情報源を指定して正確さを担保する

  • ChatGPTが生成した文章は編集や修正が必要となる

  • 人手で最終チェックを実施する

いずれの工程においても、目視でのチェックが欠かせません。また、最新のGPTモデルを使用することにより、最新情報に基づいた文章生成が可能です。


質問3.ChatGPTを活用する際の注意点は?


あらゆる用途に活用できるChatGPTですが、利用する場合は以下のような注意点があります。

  • ​ChatGPTによる情報は精査が欠かせない

  • 機密情報は入力しない

  • ChatGPTの知識が古くなるおそれがあるため、最新情報を確認する

  • 方針を事前にチェックし、適切な使用を心がける

AIが発達しても、「文章を書いた責任」を負うのは人間です。そのため、ChatGPTを使用してコンテンツを作成しても、推敲して間違った情報を公表しないようにしてください。



まとめ

ChatGPTを活用したSEOコンテンツの作成方法について解説しました。AIをコンテンツ作成に取り入れることによって、時間やコストの削減を見込めます。しかし、適切に活用するには知識や経験が必要です。


ぜひ、この記事でご紹介したプロンプトを活用して、ChatGPTをコンテンツ作成に導入してみてください。なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:67回0件のコメント

Comments


LAYUP_広告用画像.jpg
bottom of page