top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【2023年最新】被リンク営業を依頼するのにおすすめ8社|被リンクをお願いするステップや効果についても解説!

更新日:5月15日



「被リンクを依頼したいけれど、具体的な方法がわからない」「被リンク営業に割く時間がない」など、サイト運営者ごとに悩みは異なるでしょう。被リンク対策は、上位表示するために重要な要素とされているため、早急に取り組むことで上位表示を狙いやすくなります。


この記事では、あらゆるSEOコンテンツの作成に携わった筆者が被リンクを依頼するステップからおすすめ代行会社まで解説します。被リンク営業をどのようにしていこうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。





被リンク営業とは?


被リンク営業とは、自社のサイトをリンクして欲しいサイト運営者へ被リンクを依頼することを指します。


しかし「自社のサイトをリンクしてもらいたい」と依頼するだけでは、なかなか被リンクを獲得することはできないでしょう。基本的な被リンク獲得の戦略としては、先方にとってもメリットがある提案を心がけることがポイントです。


たとえば、先方が扱う商品・サービスを紹介する記事を掲載すれば、相手にとっても大きなメリットを得られるため、被リンクを獲得しやすくなるでしょう。ほかにも、インタビューを行い、自社サイトで紹介するケースもよくあります。



被リンクをお願いする3つのステップ


被リンクをお願いするステップには、以下の3つが挙げられます。

  1. ​競合が集めている被リンクの調査

  2. 相互メリットがありそうなサイトを探す

  3. 運営者へ営業をかける

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.競合が集めている被リンクの調査


被リンク営業をするうえで、競合が集めている被リンクの調査は欠かせません。自社と同じような相手へアプローチをしている競合が「どのようなコンテンツに被リンクを集めているのか」を事前に把握することはとても重要です。


また、被リンク先を調査すると、ターゲットユーザーのニーズや悩みごとなどを把握することにもつながります。


2.相互メリットがありそうなサイトを探す


前述したとおり、被リンクを依頼しても必ず獲得できるわけではありません。重要なポイントは「被リンクを獲得することでお互いにメリットがあるかどうか」です。


事前に先方のサイトを詳細に調査し、お互いにとってのメリットを把握し、メールなどの依頼文に含めるようにしましょう。相手にとって被リンクするメリットが感じられなければ、ほとんどの場合で断られてしまうことが目に見えています。


3.運営者へ営業をかける


これまでの調査とメリットの訴求点を明確にしたら、実際にWebサイト運営者にアプローチします。被リンク営業は、一般的にメールで行うことが多く、必ず読んでもらえるとは限りません。


開封されるためには、相手の目につきやすいタイトルにするなどの工夫が必要です。先方にとって魅力のあるオファーであることを、伝えられるようなタイトルをつけましょう。



被リンク営業がSEO上、効果がある3つの理由


被リンク営業がSEO上、効果があるのには、以下の3つの理由が挙げられます。

  1. ​Googleが推奨している

  2. E-A-Tの担保

  3. 上位表示されやすくなる

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.Googleが推奨している


被リンク営業は、Googleが推奨している方法のひとつです。被リンク営業を行なうことで、自然な被リンクを獲得しやすくなり、Googleの評価が高まりやすくなります。


サイトの運営にはあらゆる要素を考える必要がありますが、Googleが推奨していることは積極的に取り入れるべきです。短期的にアクセス数の向上を期待できる手法もあるかもしれませんが、推奨されていることを施策とする方が、長い目で見ても効果を見込みやすいため、被リンクを獲得していきましょう。


2.E-A-Tの担保


Googleは、すべてのWebサイトへE-A-T(専門性・権威性・信頼性)を求めています。


しかし、これらは自然と獲得できるわけではありません。特に、開設したばかりで上位表示されていないサイトへ、E-A-Tを備えたWebサイトから自然とリンクしてもらえることはほとんどないでしょう。


そのため、こちらから積極的に被リンク営業をすることで、E-A-Tを備えたWebサイトにリンクをしてもらい、自社サイトの信頼性を担保することが必要です。


3.上位表示されやすくなる


相手からリンクを得るためには、自社サイトが上位表示されることが欠かせません。そのためには、Googleから高評価を得る必要があります。被リンク営業をすることによって、自然検索以外にも自社サイトを知ってもらえる機会が増えるでしょう。


そのため、自然とリンクされる可能性が高まります。これらを繰り返すことによって、サイトのドメインパワーを高め、上位表示されやすくなる効果を見込めるでしょう。



被リンク獲得の依頼に対応しているおすすめ会社8選


「被リンクを獲得する時間がない」という場合には、被リンク獲得の依頼に対応している会社へ相談することをおすすめします。ここではおすすめの会社を8つ選んでご紹介しますので、参考にしてみてください。


1.合同会社ディバイスネット

1.合同会社ディバイスネット

引用:合同会社ディバイスネット


ディバイスネットは、サイト制作からSEO対策、研修・講演まで幅広く対応している企業です。被リンク対策については、内部SEO対策が施されているサイトに対して、2つのプランを提供しています。


1つは、狙ったキーワードに適した専用のオリジナルのコンテンツサイトを作成でき、トップページからリンクを送ることにより、上位表示を目指すことが特徴です。2つめのプランはツールを使用し、自社での対応ができるため、月額9,800円のリーズナブルなコストで被リンク対策が施せます。


2.株式会社アーバン企画

2.株式会社アーバン企画

引用:株式会社アーバン企画


アーバン企画はインターネット以外にも、TVから交通機関まであらゆる媒体への広告を依頼できる企業です。SEO対策にも強みがあり、内部対策・外部対策のサポートを「初期費用+月額2万円」のリーズナブルな費用で提供しています。


被リンク対策においては、内部構成にこだわった「自然な文章によるサイト」からのリンクを得られるため、効果の最大化を期待できるでしょう。


3.アドマノ株式会社

3.アドマノ株式会社

引用:SEO対策の東京SEOメーカー|アドマノ株式会社


アドマノは、あらゆるタイプのSEO対策を提供しています。サーバー・ドメイン精査担当者を始め、SEOエンジニア・コンサルタントが1つのチームを組み、独自ノウハウに基づいたSEO対策が強みです。


被リンク対策においては、優良被リンク獲得とコンテンツを修正する内部対策を組み合わせたサービスを提供しています。また、初期費用5万円・月額9,000円とリーズナブルな価格から利用できる点も魅力です。


4.株式会社ウィルゲート

4.株式会社ウィルゲート

引用:株式会社ウィルゲート


ウィルゲートは、オウンドメディアの構築から運用、コンテンツ作成支援などのサービスを提供している会社です。SEO対策のサポート実績が4,300社以上と非常に豊富な実績があり、高品質な分析・コンテンツ提供が強みといえるでしょう。


被リンク獲得対策においては、被リンクとコンテンツ対策をかけ合わせ、キーワード選定から内部の最適化などをワンストップで依頼できます。


5.GMOインターネット株式会社

5.GMOインターネット株式会社

引用:GMOインターネットグループ


GMOインターネットは、インターネットインフラ事業や広告事業など、多岐にわたるサービスを提供している会社です。10年以上蓄積したノウハウをもとに、4,000社を超える支援実績を持っています。


被リンク対策においては、被リンク獲得のみのサービスを受けることもでき、すでにGoogleから高評価を得ているGMOが作成したサイトからの被リンクを受けられるでしょう。


6.株式会社J・Grip

6.株式会社J・Grip

引用:株式会社 J・Grip


J・Gripは、サイトデザインから集客、人材事業などあらゆる領域のサービスを展開している会社です。強みとしているのは、SEO対策の効果が早いことが挙げられます。一般的には、効果が表れるまで3ヶ月から半年程度の期間を要しますが、最短2〜3日から上位表示できることもあります。


被リンク対策においてはオリジナルのテキストリンクを設置し、上位表示を狙うことが施策のひとつだといわれています。


7.株式会社ディーボ

7.株式会社ディーボ

引用:株式会社ディーボ


ディーボは、サイト制作だけではなく、SEO対策に特化した会社としてよく知られている会社です。SEO対策のパッケージも豊富にそろっており、目的や予算に応じて選べます。


被リンク対策においてもあらゆるプランが用意されており、被リンク獲得+コンテンツ支援ツールや被リンク数チェッカーなどのラインナップから必要なものだけ選べることが魅力です。


8.合同会社ドリームアップ

8.合同会社ドリームアップ

引用:SakuLink|合同会社ドリームアップ


合同会社ドリームアップは、自社メディア運営で培った被リンク獲得ノウハウを活用したサービス「SakuLink」を提供している会社です。


被リンク対策においては量より質を重視しており、低質な被リンクを避けながら良質なもののみを獲得することが特徴といえます。また、会社ごとに応じた被リンク獲得方法を提案してくれることも魅力のひとつです。



被リンク営業で意識するポイント


被リンク営業で意識するポイントは、以下の2つです。

  • 相手の立場に立つ

  • 相手に手間をかけないようする

被リンクは双方にメリットがなければ、獲得できません。そのため、相手の立場に立ってメリットを探すことが大切です。また「リンクしたい」と思わせるようなコンテンツを充実させるように心がけましょう。


さらに、相手になるべく手間をかけないように配慮することも重要です。手間がかかるようであれば被リンク営業は失敗してしまうおそれが高まります。いずれにせよ、相手にとって負担を少なくし、お互いにメリットを得られるように計画しましょう。



被リンク依頼でよくある3つの質問


被リンク依頼でよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • ​質問1.良質な被リンクの特徴は何ですか?

  • 質問2.被リンク営業を依頼する代行先の選び方を教えてください?

  • 質問3.被リンクにおすすめの営業方法はありますか?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


質問1.良質な被リンクの特徴は何ですか?


良質な被リンクは、質の高いWebサイト・コンテンツと関連性があるものです。つまり、数だけを集めてもGoogleからの評価は得られません。ユーザーにとって、自然な流れでリンクできるようなサイト同士のつながりが多ければ、評価を獲得できるでしょう。


また、アップデートごとに被リンクの価値は変わり続けていますので、最新情報を確認して適した対策を施すように意識してください。


質問2.被リンク営業を依頼する代行先の選び方を教えてください。


被リンク営業を依頼する場合、SEO対策の実績が豊富な制作会社を選ぶようにしてください。あらゆる業種・業界での成功事例が多ければ、豊富なノウハウや経験があると考えられます。


注意点としては、SEO対策にはあらゆる分野があるため、自社が求めていることに近い実績がある会社を選ぶことが大切です。また、自社メディアを運営しており、成功しているような場合は高確率で成功するといえます。


なお、次のページでも、被リンク獲得代行会社を紹介しています。あわせて参考にしてみてください。


参考:被リンク獲得代行会社おすすめ11選|メリットや注意点、選び方も徹底解説!


質問3.被リンクにおすすめの営業方法はありますか?


被リンク営業におすすめしたい方法には、以下の3つが挙げられます。

  • 権威性がある人へのインタビュー及び記事作成

  • 自治体関連の記事作成

  • 企業や地域を紹介する記事の作成

いずれの方法も自分は被リンクを獲得でき、相手にとっては露出を増やすチャンスとなり、相互にメリットを得られるでしょう。また、関連性が高いコンテンツとなる可能性も高く、その点でも評価を得やすい傾向にあります。



まとめ


被リンク営業や獲得するためのポイント、おすすめ代行会社について解説しました。被リンクの獲得は、サイトを上位表示させるために欠かせない重要な要素です。


そのため、良質なサイトからのリンクを獲得するほど、サイト自体のE-A-Tを向上させることができるでしょう。ぜひ、当記事で解説したポイントを理解して、被リンク営業を推進してみてください。


弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。




閲覧数:21回0件のコメント
bottom of page