top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【初心者向け】記事の作り方は7ステップ|コツや注意点、よくある質問まで徹底解説!

更新日:5月21日


【初心者向け】記事の作り方は7ステップ|コツや注意点、よくある質問まで徹底解説!

「自社ブログを作りたい」「良質な記事の作成方法がわからない」このような課題を抱えている方は少なくありません。


基本となるステップを理解していなければ、効率よくユーザーに見てもらえるものを作成するのは難しいことです。


この記事では、コンテンツ作成実績が豊富にあるLAYUPが記事の作り方や注意点について解説します。


効率よく記事を量産したい方やコンテンツ作成につまづいている方は、ぜひ参考にしてみてください。⇒レイアップに相談する(無料)


監修者
執筆者


記事の作り方は7ステップ


記事の作り方は、以下の7ステップです。

  • ステップ1:記事のテーマと目的を定める

  • ステップ2:構成(骨組み)をつくる

  • ステップ3:情報の収集・取材をする

  • ステップ4:本文を執筆する

  • ステップ5:記事の見せ方を考える

  • ステップ6:記事の校正を行う

  • ステップ7:リライトして最新情報に更新する

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


ステップ1:記事のテーマと目的を定める


記事作成の初歩として、そのテーマと目的を明確にすることが重要です。具体的には、ターゲットとなる読者層を特定し、彼らに伝えたいメインのメッセージを考えます。


また、記事の最終的な目標をはっきりさせることが重要です。たとえば、読者のWebサイトへの誘導や問い合わせの増加、製品やサービスへの関心喚起などが目的として挙げられます。


さらに、Googleなどの検索エンジンで上位表示を目指す場合は、適切なキーワードを選定することも必要です。


もしも、記事のテーマと目的が明確化されていなければ、記事作成を進めることは困難なことだといえます。


読者に響く内容を提供するためにも、これらの基本的な要素を最初に固めておくことが重要です。


ステップ2:構成(骨組み)をつくる


記事作成の際、構成を練るステップが重要です。これは、読者に伝えたい情報をどの順序で展開するかの設計図となります。


まずは、記事で取り上げたい全てのポイントを箇条書きにします。次に、読者が理解しやすいように、これらの情報を適切な順番に並べ替えます。


構成を考える際には、ターゲット読者が直面している問題とその解決策を想像しながら進めるようにしてください。


記事の構成は大まかに「トップコピー」「ボディコピー」「ボトムコピー」という三部構成で考えられます。


トップコピーでは読者の興味を引く導入部を、ボディコピーでは本文中で詳細な情報や説明を展開し、ボトムコピーで記事の締めくくりやアクションへ誘導します。


この構成を意識することで、記事全体の流れがスムーズになり、読者にとって価値のあるコンテンツを提供可能です。


1.ペルソナを設定


記事作成の初期段階で重要なのは、ターゲットとなるペルソナの明確化です。


ペルソナとは、記事の主要な読者層を具体化したキャラクターで、この設定によって記事の内容やアプローチが決まります。


ペルソナの設定には、年齢、性別といった基本的な情報に留まらず、彼らが何を求めて情報を検索しているのか、どのような背景を持つ人物なのかといった詳細な要素を含めることが肝要です。


ペルソナを細かく設定することにより、記事はよりターゲットに響く内容へと進化し、読者のニーズに合わせた価値ある情報を提供できます。


2.対策キーワードを選定


2.対策キーワードを選定

記事作成の次のステップは、適切な対策キーワードの選定です。


キーワード選定には、キーワードプランナーなどのツールが役立ちます。これらのツールを使用して、選んだキーワードの検索ボリュームや競争の激しさを調査し、最適なキーワードを選びます。


加えて、関連キーワードの選定も重要です。主要キーワードを基にして、Google関連キーワードの検索やその他のツールを使って、関連するキーワードを見つけ出します。


これらのキーワードは、記事の見つかりやすさを高め、ターゲットに合った内容を提供するうえで欠かせません。


また、おすすめのSEOキーワードツールについては、こちらの記事で詳しく解説しています。



3.読者の検索意図やニーズを考慮


キーワードの選定が完了したら、次はそのキーワードを検索する読者の意図やニーズを深く理解します。


このステップでは、「どんな人がそのキーワードを使って検索しているのか、どんな情報を求めているのか」を考えます。


読者がどのような背景や課題を持っているのかを考慮することが重要です。


関連キーワードを参考にして、読者の検索意図やニーズを具体的に把握することで、記事の内容をよりターゲットに合わせて最適化を図れるようになります。


4.検索上位の競合サイトを調査


4.検索上位の競合サイトを調査

検索結果の上位に位置する競合サイトの分析は、良質な記事を作成するために欠かせません。


これらのサイトが上位にランクされている理由は、ユーザーの検索意図に適切に対応した内容を提供しているからです。


競合サイトの主旨やターゲット層、情報の出典などを詳しく調査することで、自分の記事の構成をより効果的に計画できます。


これらの分析を通じて、競合との差別化を図りつつ、読者が求める情報を提供するための洞察を深めてください。


5.記事に必要な情報を整理


競合サイトの分析が完了したら、得られた情報を整理して、記事に盛り込むべき要素を明確にします。


ターゲット層が直面している具体的な課題やニーズに焦点を当て、それらを解決するために必要な情報を洗い出してください。


このプロセスでは、ターゲット層の問題意識や欲求を深く理解し、それに応える質の高いコンテンツを提供することが重要です。


6.見出しを作成


記事作成の過程で、内容の洗い出しを終えた後は、見出しの作成に取り掛かります。


見出しは記事の概要を読者に伝える重要な役割を担っており、また、検索エンジンに記事の内容を理解させるための重要な要素でもあります。


そのため、見出しは内容を適切に反映させ、かつ興味を引きつける形で慎重に作成しなければなりません。


Webサイトの構造においては、「<h2>〜</h2>タグ」が大見出しとして、一方「<h3>〜</h3>タグ」が中見出しとして頻繁に使用されます。


これらのタグは、記事の階層的な構造を形成し、読者にとっても検索エンジンにとっても理解しやすい構造を作るのに役立ちます。


見出しの作成時には、これらのタグの適切な使用を心掛け、記事の内容を効果的に整理し、提示することが重要です。


また、SEOの見出しについては、こちらの記事で詳しく解説しています。



7.記事タイトルを作成


記事の見出し作成が完了した後、次はタイトルの作成に着手します。


タイトルは読者の注意を引くだけでなく、検索エンジン最適化(SEO)においても重要な役割を果たします。


そのため、SEOを意識しつつも、読者にとって自然で魅力的なタイトルを考えることが重要です。


選定したキーワードを上手にタイトルに組み込むことで、検索結果においても上位表示されやすくなります。


もし構成案の作成者と記事の執筆者が異なる場合には、構成案の意図や特に注意すべきポイントを明確に伝えることが重要です。


これにより、執筆者は記事の目的や方向性を正確に理解し、効果的な記事作成ができるようになります。


全体の流れを踏まえたうえで、タイトルは記事の魅力を最大限に引き出す要素となるように工夫してください。


また、SEOに強いタイトル(titleタグ)については、こちらの記事で詳しく解説しています。



ステップ3:情報の収集・取材をする


記事の構成が決定したあと、情報収集と取材が重要なステップです。この段階では、書籍やインターネットを活用して、必要な情報を集めます。


この際、官公庁の公式サイトや専門家の公式サイトなどの情報を優先するように意識してください。これは、読者に正確かつ信頼性の高い内容を提供するために欠かせません。


また、記事の構成に関して、ライターによって取り組み方に違いがあることも理解しておくことが重要です。


とくに執筆経験が少ない場合は、各見出しに対してどのような内容を含めるか、事前にメモを取っておくようにしてください。


これにより、執筆中に行き詰まることを防ぎ、スムーズな記事作成が可能です。


ステップ4:本文を執筆する


記事の本文を執筆する際は、事前に作成した構成案に基づいて進めます。この構成案があれば、「何を書けばいいのか」と迷うことは格段に少なくなります。


具体的にどのような内容を、どの順番で書いていくかが明確になっているため、書き始める際のハードルを下げることが可能です。


また、執筆の進行中に追加の調査が必要になることもあります。その場合、必要に応じて随時、新しい情報を収集し、記事に反映させることが大切です。


さらに、重要となるのは読者がスムーズに読み進められる「読みやすい文章」を書くことがあげられます。


読みやすい文章とは、読者が文章を読んでいて引っかかりを感じず、スムーズに内容を理解できるものを指します。


ステップ5:記事の見せ方を考える


記事の執筆が完了した後は、読者にとって魅力的なビジュアル表現を考慮する段階に移ります。


写真やイラスト、図表の挿入、箇条書きの利用、重要な部分の太字化など、さまざまな方法で記事を視覚的に魅力的に見せる工夫が必要です。


使用する写真やイラストは、無料のフリー素材を利用することも可能ですが、その素材が他の多くのサイトで使われていると、読者に「ありふれた印象」を与えるおそれがあります。


独自性を高めたい場合は、有料素材の利用やオリジナルの素材作成を検討してみてください。


記事のビジュアル面に工夫を凝らすことで、読みやすさや魅力を大きく向上させられます。


ステップ6:記事の校正を行う


記事執筆の最終工程として、校正作業は欠かせません。この段階では、誤字脱字の有無、論理の一貫性、言葉遣いの適切さなどを念入りにチェックします。


また、文章と見出しの間に意味のずれがないかどうかも重要なポイントです。


自分で執筆した内容は見落としが生じやすいため、可能ならば第三者にも校正を依頼することをおすすめします。


さらに、掲載先によっては特有の執筆規則やレギュレーションが設けられている場合があるため、これらのルールに準拠しているかも、校正段階で確認してください。


注意深く校正することで、記事の品質と信頼性を保ち、読者に良質な情報を提供できます。


ステップ7:リライトして最新情報に更新する


記事作成の最終段階として、定期的なリライトとアップデートは欠かせません。


情報が古くなるとユーザーの興味を失い、サイトの信頼性や検索エンジンの評価も低下します。とくに情報系のサイトの場合、内容の正確性と最新性が求められます。


たとえば、新しいデータや最新のトレンドを反映させたり、読者のフィードバックに基づいて内容を加筆・修正することで、記事の価値を高めることが可能です。


また、リライトは新規記事作成と同じく手間がかかる作業ですが、これによりコンテンツの質が向上し、サイト全体のパフォーマンス向上につながります。



記事の作り方における5つのコツ


記事の作り方におけるコツには、以下の5つが挙げられます。

  • 読者が知りたい情報を取り扱っている

  • 見出しで内容が伝わる構成にする

  • 一つの見出しで伝えることは一つにする

  • 伝える順番を決める

  • オリジナル要素を入れる

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.読者が知りたい情報を取り扱っている


記事執筆時には、読者が何を知りたいかにフォーカスすることが重要です。とくに、記事の構成では結論を先に提示することをおすすめします。


たとえば、「●●と××の違い」というテーマの記事では、冒頭部分で直接的にその違いを明確に示すことが望まれます。


このアプローチにより、読者が求めている具体的な情報を迅速に提供でき、読者の関心を維持し続けることが可能です。


また、記事の前半部分でキーポイントを押さえることで、読者の期待に応え、興味を引きつける効果が期待できます。


2.見出しで内容が伝わる構成にする


記事の構成は、読者にとってのナビゲーションの役割を果たします。これは、人体の骨格のように、記事全体の健全性と流れを支えるものです。


良い構成は、読者の理解を深め、記事の説得力を高めます。逆に、不明確な構成は、読者を混乱させ、記事の価値を低下させる可能性があります。


記事を書き始める前には、その骨組み、すなわち構成をしっかりと練ることが重要です。これにより、重要な情報の漏れや冗長な内容の排除が可能になります。


さらに、構成は執筆中の目安となり、効率的な記事作成に貢献します。章立てや見出しを用いて、記事の流れを明確にすることで、読者にとっても分かりやすい内容になります。


3.一つの見出しで伝えることは一つにする


文章の明瞭さと理解しやすさを高めるためには、一文を短く保つことが効果的です。


読者は一般的に、句点に到達するまでの文章を一つの単位として捉えます。句点が遠い場合、文章の冒頭部分の内容を忘れがちです。


また、文が長くなるほど、主語と述語の関連や文法的な整合性を保つことが複雑になります。


短い文を用いることで、読み手にとってわかりやすく、かつ鮮明なメッセージを伝えることが可能です。要点を一つの文に絞り、簡潔に伝えることを心がけてください。


4.伝える順番を決める


4.伝える順番を決める


見出しの候補を定めたあと、それらの順序を調整し、目的に沿った伝達の順序を決めることが重要です。


この段階では、文章の構成を容易にするために様々なテンプレートを利用することをおすすめします。一般的に使われるテンプレートには「逆三角形型」と「PREP法」があります。


逆三角形型では、まず最も重要な情報や結論を提示し、そのあとで詳細な説明や解説をし、最終的に補足情報を加えるようにしてください。


この方法は、読者に最初に重要な情報を伝え、その後で深掘りするために使われます。


PREP法は、Point(結論)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(再度の結論)の順に情報を提示します。


この方法は、結論から始めてその根拠を示し、具体例で説明を強化し、最後に再度結論を強調するために有効です。


5.オリジナル要素を入れる


記事作成の際、オリジナル要素の追加は欠かせません。同じような内容の記事が多いなかで、検索エンジンの評価を高め、上位に表示されるためには、独自性が必要です。


競合とは異なる独自の視点や情報を取り入れることで、記事に独自の価値を加え、読者の注目を集められます。


このようにして、自身の記事を差別化し、読者に新鮮な印象を与えることが大切です。



記事の作り方における6つの注意点


記事の作り方における注意点には、以下の6つが挙げられます。

  • 正確な情報を伝える

  • 誤字脱字をしない

  • 専門用語を多用しない

  • 対策キーワードを入れ過ぎない

  • コピーコンテンツになっていないか確認する

  • コンテンツが重複しないようにする

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.正確な情報を伝える


Web上に存在する情報の信頼性は重要です。とくに医療、ダイエット、法律などの専門的なジャンルの記事では、間違った情報が事故やトラブルを引き起こす可能性があります。


そのため、記事を作成する際には、情報の正確性を確認することが欠かせません。このプロセスには、信頼できる情報源の利用や、適宜専門家による監修が含まれます。


こうした慎重な取り組みによって、読者に対して正しい知識と理解を提供することが可能です。


2.誤字脱字をしない


誤字や脱字が含まれる記事は、読者にとって読みづらく、信頼性を失う原因にもなります。


このような記事は、ユーザーが途中で読むのを辞めやすく、検索エンジンによる評価も低くなるおそれがあります。


そのため、記事を公開する前には、誤字や脱字がないかを徹底的に確認することが重要です。


校正ツールを活用し、さらに目視で確認することで誤った表記をなくすように心がけてください。


3.専門用語を多用しない


初心者を対象とした記事では、専門用語の使用を控えることが重要です。専門用語が多いと記事が読みづらくなり、初心者が理解しにくくなります。


しかし、専門家を対象にした記事の場合は、適切に専門用語を使うことで、より理解しやすい内容となります。


そのため、記事の対象読者に応じて専門用語の使用を調整することが重要です。


4.対策キーワードを入れ過ぎない


SEO対策において、キーワードと関連キーワードを適切に設定することは大切ですが、これらを過度に使用するのは避けるべきです。


無理にキーワードをタイトルや見出しに組み込むと、不自然な印象を与えてしまい、ユーザーに敬遠されるおそれがあります。


また、検索エンジンからの評価も低下する可能性があるため、キーワードを盛り込む場合は慎重に検討することが求められます。


5.コピーコンテンツになっていないか確認する


記事を作成する際、ほかのWebサイトからのコンテンツのコピーは絶対に避けてください。


このような行為は、検索エンジンからの評価を低下させる原因となり、無断で行うと著作権侵害のリスクが生じます。


そのため、オリジナルの内容を用いて自分の言葉で記事を書くことが重要です。さらに、他の記事の内容を引用する場合には、出典先を必ず明記することが求められます。


6.コンテンツが重複しないようにする


Webサイトに記事を掲載する際は、重複する内容の記事の掲載を避けることが重要です。


同一または似た内容の記事が多数存在すると、Googleなどの検索エンジンによる評価が正確にされないおそれがあります。


さらに、サイト内コンテンツがコピーと判断されると、ペナルティの対象となる可能性があるため、注意が必要です。



記事の作り方でよくある3つの質問


記事の作り方でよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • 質問1.記事を作るスピードを速めるには?

  • 質問2.作成した記事を多くの人に閲覧してもらうには?

  • 質問3.作成した記事の検索順位が上がらない場合は?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


質問1.記事を作るスピードを速めるには?


記事をスピーディーに作成するには、以下のポイントを意識します。

  • 構成を無駄なく作り込む

  • ツールで効率化する

記事作成を効率化するには構成を念入りに準備し、入力補助や校正、リサーチを手助けするツールを活用することが重要です。


また、SEOライティングにおすすめの便利ツールは、こちらの記事で詳しく解説しています。



質問2.作成した記事を多くの人に閲覧してもらうには?


記事を多くの人に見てもらうには、以下の10点の施策が挙げられます。

  1. 運営者情報を明記する

  2. 専門家や有資格者の監修を受ける

  3. 権威性のあるWebサイトから被リンクを受ける

  4. サイテーションを獲得する

  5. 記事の公開日・更新日を明記する

  6. 出典や引用元などを明記する

  7. 記事のテーマに統一性をもたせる

  8. 記事を定期的に更新し続ける

  9. 複数の良質なコンテンツを作成する

  10. オフラインのイベント・セミナーを実施する

また、SEOにおける権威性については、こちらの記事で詳しく解説しています。



質問3.作成した記事の検索順位が上がらない場合は?


SEO記事は、サイトにアップしただけで順位が上がらない場合があります。その際、以下のポイントを踏まえてブラッシュアップしてみてください。

  • リライトする

  • E-E-A-Tを意識する

  • ドメインパワーを強める

  • 内部対策を見直す

  • 被リンクの獲得を頑張る

  • 代理店に代行を頼む

1つひとつを見直すことにより、順位を高めることにつながります。また、SEOの内部対策については、こちらの記事で詳しく解説しています。




まとめ


記事の作り方に関することを解説しました。SEO記事を作成する場合、構成段階から目的やペルソナを明覚化し、見出しやタイトルに反映させることが良質な記事を作るためのポイントです。


また、収集した情報を整理し、自分自身が読者に「何を伝えたいのか」を意識しながら作成することにより、主張と結論がバラバラになってしまうことを防げるようになります。


ぜひ、この記事を参考にして良質な記事作成を目指してみてください。


なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。


岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)


監修者

閲覧数:24回0件のコメント

Comments


LAYUP_広告用画像.jpg
bottom of page