top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

アンカーテキストとは?設置するメリットやSEOに最適な書き方、注意点を徹底解説!

更新日:4 日前


アンカーテキストとは?設置するメリットやSEOに最適な書き方、注意点を徹底解説!

SEO記事にはアンカーリンクはつきものです。しかし、その設置方法や記述にはいくつかポイントがあります。


この記事では、アンカーリンクを設置するメリットから書く際のポイント、SEOに影響する注意点までご紹介します。SEO担当者の方はぜひ参考にしてください。⇒レイアップに相談する(無料)




アンカーテキストとは?


アンカーテキストとは?

アンカーテキストは、Webサイト内にあるリンク付きのテキスト(文章)です。ユーザーがクリックすることで内部または外部のページに移動できます。


このアンカーテキストは、ユーザーの利便性を高めるだけではありません。検索エンジンのクローラーにWebサイトの構造やリンク先の内容を伝える役割も持っています。


そのため、アンカーテキストの設置は、ユーザーエクスペリエンスの向上とSEO対策の両面で非常に重要とされています。



アンカーテキストを設置する2つのメリット


アンカーテキストを設置するメリットには、以下の2つが挙げられます。

  1. ​ユーザビリティが向上する

  2. クローラビリティが高まる

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


メリット1.ユーザビリティが向上する


アンカーテキストの設置は、ユーザビリティ向上に寄与します。これにより、ユーザーは迷わずにサイト内を効果的に巡回できるようになります。


たとえば、「SEOの順位を上げる方法について」というリンク先のページタイトルがある場合、アンカーテキストも同様の文言で設定すると、ユーザーはリンク先のコンテンツが何についてのものかを容易に理解できます。


このようにユーザーのニーズや疑問に迅速に応えることで、サイトの使いやすさが向上し、ユーザーの滞在時間やエンゲージメントが高まる可能性があります。


アンカーテキストの効果的な利用は、サイトの全体的なユーザーエクスペリエンスを高めるために重要です。


メリット2.クローラビリティが高まる


アンカーテキストは、検索エンジンのクローラーにリンク先の内容を伝える重要な役割を持ちます。これにより、クローラビリティが向上し、検索エンジンによるサイトの認識が容易になります。


たとえば、アンカーテキストに「SEO対策について」というリンク先のキーワードやタイトルを含めることで、クローラーはリンク先の内容を効率的に理解し、検索データベースへの登録がスムーズに行われます。



アンカーテキストを書く際のポイントは5つ


アンカーテキストを書く際のポイントには、以下の5つが挙げられます。

  1. ​リンク先のキーワードを入れる

  2. わかりやすい簡潔な文章にする

  3. リンク先の内容にあわせる

  4. ユーザーがクリックしたくなるような文言にする

  5. 画像にはalt属性を記述する

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


1.リンク先のキーワードを入れる


アンカーテキストにリンク先のキーワードを取り入れることは、SEO対策に効果的です。


リンク先ページで重視しているキーワードをアンカーテキストに含めると、クローラビリティが向上し、検索エンジンによるインデックスが容易になります。


たとえば、リンク先が「SNSマーケティングにおける接客」について書かれており、SEO対策として「SNSマーケティング 接客」を設定している場合、それをアンカーテキストに採用するのが適切です。これにより、ユーザーの理解と検索エンジンの効率的な処理が促進されます。


しかし、重要なのはキーワードを自然に組み込むことで、過剰なキーワードの挿入は避けるべきです。


不自然なキーワードの羅列はユーザーの理解を妨げ、SEOに悪影響を及ぼす可能性があります。


2.わかりやすい簡潔な文章にする


アンカーテキストの作成は、リンク先の内容をわかりやすく簡潔に伝えることが重要となります。理想的な文字数は20字から30字以内で、最大でも40字以内が望ましいです。


重要なキーワードを含める場合は、たとえば「結果が出るSEOコンテンツ:記事タイトル」のように自然に組み込むと効果的です。


リンク先の記事タイトルをそのままアンカーテキストとして使用する方法もあります。


このように作成すると、ユーザーは一目でリンク先の大まかな内容を把握でき、サイト内をスムーズに巡回できます。


3.リンク先の内容にあわせる


アンカーテキストの作成においては、リンク先のページ内容と一致させることが重要です。これにより、ユーザーが混乱することなく、求める情報に効率的にアクセスできます。


また、検索エンジンのクローラーにとってもサイト構造が明確になり、インデックス作成がスムーズに行われます。


リンク先ページにアクセスした際、ファーストビューにアンカーテキストと同じ文言が表示されるようにすると、ユーザビリティとクローラビリティの両面での効果が高まります。


この一致は、Webサイトの全体的な品質を向上させるためにも欠かせません。


4.ユーザーがクリックしたくなるような文言にする


アンカーテキストを作成する際は、ユーザーが興味を持ちクリックしたくなるような魅力的な文言を使用することが重要です。


淡泊な表現では、アンカーテキストの目的であるユーザーのクリックを促せません。


たとえば、美容商品のアフィリエイト記事での「年齢肌のお悩みに!短期間で驚くような仕上がりへ」という文言は、ターゲットの興味を引き、具体的な結果を示唆する効果的なアンカーテキストです。


このように、読者が次に知りたい内容や気になる情報へ導く簡潔でわかりやすい、かつ誘導的な文言を用いることが、サイトの回遊率や滞在時間の向上につながります。


5.画像にはalt属性を記述する


5.画像にはalt属性を記述する

アンカーテキストを用いる際、画像を使用する場合はalt属性の記述が重要です。


alt属性は、画像が何らかの理由で表示されない時に代わりに表示されるテキストで、これにより画像が見えない場合でもその内容をユーザーに伝えられます。


また、検索エンジンのクローラーにも画像の内容を理解させる役割があります。


HTMLでは「<img src="画像のパス" alt="アンカーテキスト">」のように記述し、WordPressを使用している場合は「代替テキスト」欄に適切なテキストを入力してください。


画像が表示されない状況でも、ユーザーとクローラーに対して効果的な情報提供が可能です。



アンカーテキストを設置する際の注意点は7つ


アンカーテキストを設置する際の注意点には、以下の7つが挙げられます。

  1. ​キーワードを詰め込みすぎない

  2. テキストを長くしすぎない

  3. 過剰にリンクを設置しない

  4. URLをそのまま記述しない

  5. 指示語にリンクしない

  6. 隠しリンクにしない

  7. リンク先のページ品質に応じてnofollow属性を使う

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。

1.キーワードを詰め込みすぎない


アンカーテキストに適切なキーワードを組み込む際には、量より質を重視することが大切です。


最適なのは、狙うメインキーワードを1つ、関連語を1~2つ程度に留めることです。


キーワードを過剰に詰め込むと、文章が読みにくくなってしまい、ユーザーの利便性が低下するおそれがあります。


さらに、SEO評価にも悪影響を与え、ペナルティの対象となるリスクもあります。


記事のタイトルや見出しと同様に、アンカーテキストも簡潔でわかりやすい文章を目指してください。


2.テキストを長くしすぎない


アンカーテキストを作成する際、その長さはユーザビリティとクローラビリティに影響を与えます。最適な文字数は20字から40字程度です。


これを超えると、ユーザーにとって読みにくくなり、クローラーがリンク先と記事の関連性を正しく判断するのを妨げる可能性があります。


過度に長いアンカーテキストはSEOスパムと見なされるリスクがあり、内容の誤解を招くおそれもあります。


また、ユーザーがリンクをクリックしないおそれが高まり、サイトの回遊率や利用者体験に悪影響を及ぼす可能性があることに注意してください。


3.過剰にリンクを設置しない


ひとつのページ内に多数のリンクを設置する際には注意が必要です。


とくに、リンク先の内容が元の記事と関連性が低い場合や同一リンクの過剰な設置は、検索エンジンからペナルティを受けるリスクがあります。


そのため、リンクは記事の内容と高い関連性を持たせることが重要です。


たとえば、SEO対策の記事では具体的なマーケティング施策や事例の記事へのリンクは適切ですが、「デート特集」や「ゲーム最新情報」など無関係な内容へのリンクは避けるべきです。


このように関連性のないリンクの多用はユーザビリティを低下させる原因となり、サイトの信頼性に悪影響を及ぼすおそれがあります。


4.URLをそのまま記述しない


アンカーテキストにURLをそのまま記述するのは避けてください。リンク先の内容を簡潔に伝える文言を用いることが重要です。


URLのみのアンカーテキストは、ユーザーがリンク先の内容を予測できないためクリックを敬遠し、サイトの回遊率やユーザー行動に悪影響を及ぼすおそれがあります。


また、検索エンジンのクローラーはURLのみのアンカーテキストからリンク先の内容を照合できず、SEO効果も低下します。


アンカーテキストは、ユーザーが安心してクリックでき、サイトとリンク先の関連性が明確になるような文章にしてください。


5.指示語にリンクしない


アンカーテキストに「ここ」「こちら」などの指示語や矢印を使用しないことが重要です。


これらの指示語はリンク先の内容を明確に伝える役割を果たさず、ユーザーにとってクリックすべき場所がわかりにくくなります。


アンカーテキストはリンク先の内容を簡潔に伝える文言が基本です。2〜3個のキーワードを含めることで、リンク先ページの内容がすぐに理解できるようにしてください。


「もっと知りたい方はこちら」というような曖昧で指示語まじりの表現は避け、「キーワード選定の方法」のように直接的で分かりやすいテキストにすることが望ましいです。


これにより、視覚的なシンプルさが増し、ユーザーのクリックを促しやすくなります。


6.隠しリンクにしない


隠しリンクを設置することは、SEOスパムの一形態であり、Googleウェブマスター向けガイドラインに違反します。


これは、読者には見えずクローラーのみが認識できるアンカーテキストを利用して検索結果を不正に操作しようとする行為です。


Google検索セントラルの「Hidden text and links」セクションでは、ペナルティの対象となる隠しリンクの条件を以下のように説明しています。

  • ​白の背景で文字の色を白にする

  • テキストを画像の背後に置く

  • CSS を使用してテキストを画面の外に配置する

  • フォントサイズまたは不透明度を 0 に設定する

  • 目立たない 1 文字(段落の中頃にあるハイフンなど)のみをリンクにすることで隠す


SEOのためだけに隠しリンクを用いるのは避けるべきで、ユーザーと検索エンジンの両方に公平に認識できる透明なアンカーテキストの使用が重要です。


7.リンク先のページ品質に応じてnofollow属性を使う


外部サイトへのリンクで品質が低いものには「nofollow」属性を使用して、検索エンジンのクローラーにリンク先への追跡を停止させるよう指示してください。


これは、クローラーがリンクを通じてリンク元とリンク先の間で評価を分け合うプロセスを防ぐために重要です。


たとえば、低品質なサイトに関する警告や注意喚起を含む場合、そのリンクに「nofollow」属性を設定することで、自サイトの評価が不適切に分散されるのを避けられます。


つまり、「nofollow」属性の使用は、品質の低いサイトへのリンクによる潜在的な負の影響を防ぐのに役立ちます。



アンカーテキストでよくある3つの質問


アンカーテキストでよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • ​質問1.検索エンジンはアンカーテキストをどのように評価している?

  • 質問2.アンカーテキストの設置場所は?

  • 質問3.アンカーテキストの文字数に上限はある?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。


質問1.検索エンジンはアンカーテキストをどのように評価している?


検索エンジンは、アンカーテキストの内容を用いてリンク先のページの情報を判断します。


アンカーテキストに含まれるキーワードは、そのリンク先のページが何について記述されているのかを示す重要な指標です。


Google検索セントラルの初心者向けSEOガイドにも、アンカーテキストの評価に関する言及があります。


アンカー テキストが効果的であればあるほど、ユーザーはナビゲートしやすくなり、Google はリンク先のページを理解しやすくなります。

さらに、他のページからのリンクによるアンカーテキスト情報は、たとえリンク先ページがクローラーにブロックされている場合でもGoogleの検索結果に反映されることがあります。


このため、アンカーテキストは検索エンジンにとって非常に重要な要素です。


質問2.アンカーテキストの設置場所は?


Googleなどの検索エンジンは、アンカーテキストの内容に加えて、その前後の文脈も考慮してページとリンク先の関連性を判断します。


このため、アンカーテキストはコンテンツ内で自然な流れを作る場所に配置することが重要です。


たとえば、資産形成に関する記事内で「投資の種類」へのリンクを設置する場合、「投資でも資産形成が可能です」といった文脈を作り、その後に適切なアンカーテキストを挿入してください。

​ <h3>投資を学ぶ</h3>

 投資を通して資産形成できます。

  ~説明~

 詳しくは「投資とは?初心者必見の基礎知識とおすすめ投資先10選(アンカーテキスト)」で解説しています。

上記のようにすることで、ページが適切な構造を持っていると検索エンジンに認識され、SEOの評価が高まる可能性があります。


質問3.アンカーテキストの文字数に上限はある?


アンカーテキストの文字数に公式の上限は設けられていません。しかし、長すぎると検索エンジンに正確に伝わらないリスクや、ユーザーが読み飛ばす可能性があります。


効果的なアンカーテキストは、内容を簡潔に伝えるために、50文字程度がおすすめです。


短めのアンカーテキストを使用することでユーザーの利便性を保ちつつ、検索エンジンにも適切な情報を提供できます。



まとめ

アンカーリンクを設置するメリットから書く際のポイント、SEOに影響する注意点までご紹介しました。


アンカーリンクは正しく設置すればSEOの評価も上がり、ユーザビリティの観点からも積極的に使用したいリンクです。


しかし、その設置方法を間違えれば逆に評価が下がってしまうものでもあります。この記事を参考にして、SEO効果をさらに高めてみてください。


なお、弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。


岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。⇒レイアップに相談する(無料)



閲覧数:26回0件のコメント

Comments


LAYUP_広告用画像.jpg
bottom of page