top of page
  • 執筆者の写真寒川 陽介(ソウカワ ヨウスケ)

【2023年最新版】AIライティングとは?メリットや注意点、おすすめのAIライティングツールもご紹介!


【2023年最新版】AIライティングとは?メリットや注意点、おすすめのAIライティングツールもご紹介!

近年、AI技術の進化により、AIライティングによって手軽に文章作成ができるようになりました。作業の効率化につながる一方で、AIツールは注意点を考慮した上での利用が求められます。


本記事では、AIライティングツールの概要や導入メリット、注意点を詳しく解説します。また、選び方のポイントやおすすめのツールも紹介しているので、ツールの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。





AIライティングとは?


AIライティングとは?

引用:ChatGPT


AIライティングとは、人工知能(AI)を駆使して文章を自動で生成する技術を指します。この技術は自然言語処理により、文の構造や表現のニュアンスを学習し、それに基づいて文章を生み出します。


そのため、AIが学び取るデータによって、生成される文章の調子やスタイルは変わるのが特徴です。たとえば、大量の文章を素早く生成するタスクや、似た構造の文を頻繁に生成する場合、専用のカスタマイズが求められることもあります。


AIライティングが進化すれば、文章の品質はさらに向上し、多様なニーズにも応えられるようになるでしょう。今後、さまざまなシーンでの活用が増えていくことが予測されます。

AIライティングツールとは?


AIライティングツールは、人工知能を活用して文章を自動生成するツールを指します。手作業での文章作成に比べて効率的であり、時間とコストを大幅に節約することが可能です。


自然言語処理技術の急速な進化により、「ChatGPT」のような高精度な文章を生成するツールが増えてきました。これらのツールは、広告のキャッチコピー、業務メールの自動生成、SEO記事の作成など、さまざまな領域で利用されています。


一方、現段階で完璧な文章を生成するのは難しく、人の手による編集やカスタマイズが必要になります。そのため、AIライティングツールは、文章の草稿生成やアイディア出しのサポートとして活用するのがおすすめです。



AIライティングを導入する3つのメリット


ここでは、AIライティングを導入するメリットを紹介します。主に次の3つです。

  • ​記事制作にかかるコストを削減できる

  • 人的ミスの軽減につながる

  • コンテンツ作成にかかる時間を削減できる

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。


1.記事制作にかかるコストを削減できる


記事制作にかかるコストの削減は、AIライティングを導入する大きなメリットのひとつです。


従来、3,000文字程度のコンテンツ作成には、1文字1円の場合3,000円、1文字5円の場合15,000円程度の費用が必要になります。さらに、SEO記事の制作では、検索意図の調査や上位サイトの分析による構成案作成などで、追加の時間とコストが発生します。


これらのタスクは専門的な知識を持つライターや担当者に依存していましたが、AIライティングツールを活用することで、記事の構成から執筆までを数分で実行し、人件費を大幅に削減可能です。結果、専門的な記事に更なる人手を割くことができ、コスト効率とともに、質の高いコンテンツ制作が実現すると言えます。


2.人的ミスの軽減につながる


人の手によるライティングでは、誤字脱字や誤情報が入り込むリスクが常に存在し、結果、校正作業に多くの時間を要していました。しかし、AIライティングツールを活用すると、高い精度での文章生成が可能となり、誤字脱字や誤情報の発生を大幅に減少させることができます。


これにより、校正作業の時間やコストを節約するとともに、読者に対して信頼性の高い記事を提供できるようになります。企業のブランドイメージの維持や向上にも直接的に貢献することが期待されるため、AIライティングツールの活用は今後の記事制作において欠かせないものとなるでしょう。


3.コンテンツ作成にかかる時間を削減できる


3.コンテンツ作成にかかる時間を削減できる

AIライティングツールの導入により、コンテンツ作成にかかる時間の削減も期待できます。特に、大量の記事の生成が求められる際、ツールを活用すれば短時間での制作が実現します。


マサチューセッツ工科大学(MIT)の調査では、ChatGPTの使用によってコンテンツの制作時間が約40%も減少するとの結果が得られました。さらに、効率的な記事構成を目指す場合、事前にプロンプト(命令文)を設定すれば、必要な調査時間も大幅に短縮することができます。


一部のAIライティングツールでは、キーワードの入力だけで、記事の構築からライティングまでをワンストップで実現する機能を持っており、使いこなせば1日で数百本の記事作成が可能です。




AIライティングを導入する際の注意点は3つ


AIライティングにはメリットがある一方で、導入する際の注意点があることも把握しておかなければなりません。主に次の3つが挙げられます。

  • ​人間による修正や編集が必要になる

  • ファクトチェックが必要になる

  • 機械的かつ無機質な文章になりやすい

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。


1.人間による修正や編集が必要になる


AIライティングツールは、予め学習させたデータを基に文章を生成するので、時折、似たような文脈や内容が繰り返され、文章が単調となることがあります。結果、文の流れが不自然だったり、キーワードの反復があったりと、読者の興味を損なう可能性が考えられます。


AIは人間のように文章の意図や論理構造を完璧に捉えるのが難しいのです。そのため、読者を引きつける質の高い文章を実現するためには、人間による修正や編集が欠かせません。


2.ファクトチェックが必要になる


AIライティングによるコンテンツ作成では、情報の正確性を確保するためのファクトチェックが不可欠です。AIはデータに基づき文章を自動生成するので、内容に感情や独自の表現力を求めるのは難しいことがあります。


さらに、AIが生成する文章がすべて完璧に正確であるとは限りません。誤った情報や矛盾する点が混入する可能性も考えられるため、公開前には十分な検証が必要となります。


3.機械的かつ無機質な文章になりやすい


AIライティングツールは機械的に文章を自動生成するため、無機質で単調な文章になりやすいです。また、言葉の細やかなニュアンスや、人間特有の感情や思考プロセスを持たないため、文章がスムーズではなかったり、意図した意味が正確に表現されなかったりする場合があります。


読み手にとって、このような文章は退屈な印象を持ちやすく、内容も理解しにくい要因になります。



AIライティングツールを選ぶ際のポイントは5つ


AIライティングの概要が理解できたところで、次はツールを選ぶ際のポイントを紹介します。

  • ​日本語への対応

  • 文章のクオリティ

  • 料金体系や支払方法

  • 操作性の高さ

  • 必要機能の有無

各項目を詳しくみていきましょう。


1.日本語への対応


日本語への対応は、AIライティングツール選びの重要な考慮点です。日本製であれば、日本語への適応性は高いですが、AIツールは海外製の製品も多数存在します。


日本語の文法は複雑で、その特性が翻訳の難しさを生んでいます。そのため、翻訳機能が不十分なAIツールでは、不自然な文章が生成されるリスクが高まるのです。


一方、高性能な翻訳機能を持つAIツールであれば、この問題は軽減されます。AIツールを選定する際には、日本語の処理能力を確認し、使い勝手が良く、ストレスフリーで利用できるものを選択するのがおすすめです。


2.文章のクオリティ


文章の品質は、コンテンツ作成において不可欠な要素です。正確な文法や適切な表現は、高品質な文章づくりに欠かせません。


AIツールを選定する際、生成する文章のクオリティの高さは大きな注目点といえるでしょう。AIによって生成された文章が、人間がほぼ修正することなく利用できるほどの品質を持っていると理想的です。


このような高品質なツールを選ぶことで、効率的かつ質の高いコンテンツ作成が可能となります。


3.料金体系や支払方法


ツールの選定時、料金体系も検討ポイントになります。無料や低価格帯のツールも存在しますが、機能は限られていることが多いです。


一方で、高価格帯のツールは高品質なサービスを提供しますが、コストパフォーマンスの観点において慎重に選ぶ必要があります。ツールのプランはさまざまで、料金と提供機能のバランスをしっかりと比較・検討することが重要です。


安すぎると期待する機能が備わっていないかもしれませんし、高すぎると必要のない機能にお金を払ってしまうリスクがあります。自分のニーズと予算を照らし合わせて、最適なツールを選びましょう。また、料金体系にあわせて支払方法もしっかり確認しておくと安心です。


4.操作性の高さ


操作性が高いツールは、コンテンツ生成の効率化に直結し、それに伴いユーザーのストレス軽減も期待できます。


使い方が直感的で分かりやすいインターフェースや、必要な機能にすぐアクセスできるツールが理想的です。一方、使い方が複雑なツールは操作に時間を取られ、時短のメリットが損なわれる恐れがあります。


さらに、サポート体制も考慮に入れるべきポイントです。何かトラブルが発生した際、迅速かつ的確にサポートを受けられるかどうかは、長期的な利用においても安心感をもたらします。


操作のストレスを避け、快適に利用するためにも、これらのポイントをしっかり確認してツールを選ぶのがおすすめです。


5.必要機能の有無


必要とする機能が備わっているかもツール選びには重要です。たとえば、文章の校正機能はあるか、SEOに適したコンテンツの生成ができるかなど、用途によって必要機能を見極めましょう。


ChatGPTのような「チャットAI」、Catchyのような「記事執筆AI」、そしてAI SEOライターツールのような「SEO対策AI」といったツールは、それぞれ生成する文章の種類が違い、指示の出し方も異なります。安易に「AIツールはどれも同じ」と決めつけるのではなく、具体的な用途やニーズに応じて最適なツールを選ぶことが大切です。



【日本製】おすすめのAIライティングツール5選


AIライティングツールは数多く存在し、その中からどのツールを活用すべきか悩む方も少なくありません。ここでは、おすすめのAIライティングツールを「日本製」と「海外製」に分けて紹介します。


1.トランスコープ(シェアモル株式会社)

トランスコープ(シェアモル株式会社)

トランスコープは、OpenAIのGPT-4技術を基盤にしたAIライティングツールです。大きな特徴は、SEOに適した高品質な文章の迅速な生成です。


キーワードや参照したいURLを入力するだけで、競合の分析を経て、最適化されたSEOテキストを自動で生み出せます。さらに、生成された内容に対するファクト確認、複製内容の確認、薬機法に関するチェックなど、多岐にわたる厳格な検証機能も備えています。


このツールひとつで、SEO対策を中心としたコンテンツ作成を一貫して行えます。


2.Catchy(株式会社デジタルレシピ)

Catchy(株式会社デジタルレシピ)

引用:Catchy


Catchyは、ビジネスやマーケティング分野向けに特化したAIライティングツールです。ただ文章を生成するだけでなく、文法の修正や適切な言い回しの提案、キーワードの推薦といったライティングに必要な機能を備えています。


また、100種類もある幅広い用途の生成ツールも用意されており、多様なニーズに答えることが可能です。無料プランもあるため、初めての方でも気軽に利用できます。


3.SAKUBUN(NOVEL株式会社)

SAKUBUN(NOVEL株式会社)

引用:SAKUBUN


SAKUBUNは、数々のメディアで高く評価されるAIライティングアシスタントです。100種類以上の日本語テンプレートがあり、ブログやSNS投稿、ECサイトの商品説明文など、さまざまなコンテンツに応じた文章を数秒で生成できます。


利用規模やニーズに合わせて選べる4つのプランの中には、毎月5,000文字まで利用可能な無料プランも含まれています。この無料プランは、クレジットカード情報不要で気軽に体験でき、自動的に有料プランへの移行がないので安心してお試しいただけます。


4.ブンゴウ(株式会社Sprout)

ブンゴウ(株式会社Sprout)

引用:ブンゴウ


ブンゴウは、株式会社Sproutが提供する日本語専門のAIライティングツールです。独自のアルゴリズムを駆使して、適切な言葉や表現を選択し、自然な文章を瞬時に作成します。


さらに、文のスタイルやトーンをカスタマイズする機能も搭載されており、企業の宣伝文や広告など、多岐にわたるシチュエーションでの利用が可能です。


5.EmmaTools(株式会社EXIDEA)

EmmaTools(株式会社EXIDEA)

引用:EmmaTools


EmmaToolsは、SEO専門のAIライティングツールです。最大の特徴は、記事の品質を明確に数値で示す能力です。この機能により、SEO向けの質の高いコンテンツ作成が簡単に実現します。


また、記事のオリジナリティーを確保するためのコピペチェック機能も完備しており、他の記事との類似性を気にすることなく安心して投稿可能です。さらに、関連キーワードの洞察、上位コンテンツの分析、順位追跡など、SEO運営に必要なすべての機能が組み込まれています。


ちなみに、次のページでは、SEOライティングにおすすめの便利ツールを紹介しています。あわせて参考にしてみてください。




【海外製】おすすめのAIライティングツール5選


続いて、「海外製」のおすすめAIライティングツールを紹介します。それぞれの特徴を比較し、選ぶ参考にしてみてください。

1.ChatGPT

ChatGPT

ChatGPTはOpenAIが提供するテキスト生成AI技術であり、ユーザーからの入力文に対して自動的に返答を生成します。汎用的なテキスト生成が可能ですが、SEOを意識した文章を出力するにはすこしコツが必要です。


しかし、ChatGPTの使用をより簡単にし、効果的に活用するための多くの拡張機能が存在します。たとえば「AIPRM for ChatGPT」というGoogle拡張機能は、世界各地のエンジニアが考え出したプロンプトを参照・利用でき、効果的なSEOに適した文章の生成をサポートしてくれます。


2.Jasper AI

Jasper AI

引用:Jasper


Jasper AIは、完全自動生成から手動での入力をAIがサポートする方式まで、利用者の好みに合わせて文章作成方法を選べる革新的なツールです。DeepL翻訳を組み込んでいるため、日本語の文質が卓越しており、高品質な文章生成ができます。また、AIチャットやAI画像生成も手がけることが可能です。


料金は他のツールに比べるとやや高めですが、高度なAI機能を最大限に利用したい方には、価格以上の価値をもたらすでしょう。


3.Perplexity AI

Perplexity AI

引用:Perplexity


Perplexity AIは、会話型の検索エンジンとして位置づけられ、文章生成において優れた実力を持っています。最大の特徴は、最新かつ確かなソースから情報が得られることです。取得した情報の出所も明示されるので、情報の信頼性を一目で確認することができます。


さらに、ユーザーフレンドリーなインターフェースは、初めての方でも迷わず操作できるように設計されています。


4.Autoblogging.ai

Autoblogging.ai

Autoblogging.aiは、ブログ運営者の強力なサポートツールとして登場しました。このAIツールを使えば、SEO対策を最適化したブログ記事を、独自のテンプレートを基に自動で生成することが可能です。また、自然言語処理技術により、文法的にも構成的にも優れた記事を瞬時に作成します。


さらに、記事のタイトルやメタディスクリプションの生成も手間なくこなします。月額制の料金体系で、ニーズに合わせてプランの変更も柔軟に行える点も魅力です。


5.Cohesive

Cohesive

引用:Cohesive


Cohesive AIは、100種類以上のテンプレートがあり、プロンプトを入力しなくても、キーワードを入力するだけで文章を作成できます。ブログ、広告、SNS投稿など、さまざまなシーンでの利用が可能です。


また、13の言語に対応しているため、多言語のコンテンツ作成も容易です。無料のスタータープランでは10,000語まで、そして有料プランでは文章生成の制限なしで利用できます。



AIライティングでよくある3つの質問


ここでは、AIライティングでよくある質問にお答えします。

  • ​質問1.AIライティングツールの主な活用方法は?

  • 質問2.AIライティングをサポートするツールは?

  • 質問3.AIライティングとSEOの関係性は?

詳しくみていきましょう。


質問1.AIライティングツールの主な活用方法は?


AIライティングツールは、さまざまなシーンでの文章作成に役立ちます。主な活用方法は、次の3つです。

  • ブログの記事内容を作成する

  • SNSの投稿内容を作成する

  • プレスリリースの記事内容を作成する

キーワードを指定するだけで全文を生成するツールや、複数のテンプレートから記事を構築するツールなどが存在します。また、情報はそろっていても文章にまとめるのが難しい、タイトルが思いつかないといった場合にもおすすめです。


AIライティングツールは、文章作成の質と効率の双方を向上させる強力なツールとして活躍します。


質問2.AIライティングをサポートするツールは?


AIライティングをサポートするツールとして、次の2つが挙げられます。

  • ​AIライティングマウス

  • AIライティングレコーダー

AIライティングマウスは、音声や文字の自動認識と翻訳機能をもつワイヤレスマウスです。自動で文字を起こす能力を備えているため、タイピングの手間が格段に減少します。


AIライティングレコーダーは、音声認識技術とノイズ処理テクノロジーを搭載したボイスレコーダーです。従来のレコーダーと比べ、アクセントやノイズがあっても、音声を正確にテキストに変換できます。


質問3.AIライティングとSEOの関係性は?


AIライティングは記事制作を効率化するツールとして注目を浴びていますが、生成したコンテンツがSEOに影響を及ぼす可能性があるのではないかと懸念が持たれています。


しかし、AIで生成したコンテンツすべてが低評価になることはありません。Googleのランキング基準、E-A-T(専門知識・権威・信頼性)を満たしているコンテンツは、AIによって生成されたものであっても高く評価されます。



一方で、Googleのジョン・ミュラー氏は、次のように見解を示しています。


AIが書いた記事は基本的に自動生成コンテンツのカテゴリに分類されるでしょう。これは、ウェブマスター ガイドラインのほぼ最初の頃から規定されていたことだと思います。
そして人々は、さまざまな方法でコンテンツを自動的に生成してきたが、機械学習ツールを使用してコンテンツを生成している場合、それは基本的に、単語をシャッフルしたり、同義語を調べたり、翻訳したりしているのと同じです。昔の人はそうしたことをやっていたが、私たちにとって、それは依然として自動生成されたコンテンツです。つまり、それは依然として自動生成されたコンテンツであるということであり、ウェブマスター ガイドラインに違反しているため、スパムとみなすだろう。


実際に、一部ではAIが生成したコンテンツがSEO評価を下げるケースも報告されています。AIでのコンテンツ作成後は、内容を確認し、読者にとって信頼性の高い内容となるよう、修正・編集することが必要だといえるでしょう。


なお、次のページでは、コンテンツSEOについての基本的な知識や成功事例を紹介しています。あわせて参考にしてみてください。




まとめ


AIライティングは、人工知能を駆使して文章を自動で生成する技術です。ブログ記事や商品説明など、文章作成の効率化を目指すサポートツールのひとつとして活用でき、施策のPDCAサイクルの加速も期待できます。


しかし、AIによって生み出される内容が低品質と判断される可能性も無視できません。情報の正確性や網羅性を確保するためには、AI生成コンテンツは人間の確認が不可欠です。


AIツールは、対応言語や使い勝手、品質を中心に、自社のニーズに最適なものを選びましょう。無料トライアルが提供されているツールから活用してみるのもおすすめです。


弊社レイアップではSEO対策をメインにコンテンツマーケティングを支援しています。


  • アクセスを増やしたいけど改善方法がわからない

  • どんなコンテンツマーケティングが自社に適しているか分からず悩んでいる

  • なかなか上位表示できない


といった場合は、貴社サイトを分析して改善をご支援しています。


初めてコンテンツマーケティングに取り組む方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。岡山県でコンテンツマーケティングの支援をお探しならレイアップにぜひお問い合わせください。




閲覧数:32回0件のコメント

Comments


bottom of page